ミラーニューロン

【成功=ミラーニューロン】

こんにちは。
佐野です。

今日は「成功=ミラーニューロン」という話です。

スポーツ、勉強、芸術、ビジネス・・・
もちろん「お金儲け」でもよいですが

全分野で 一番大事なポイントがミラーニューロンです。

ミラーニューロン(特殊な神経細胞)とは何か?

私たち人間は「環境」や「周りにいる人」に
かんたんに影響されます。

口の悪い人と一緒にいたら

いつの間にか口が悪くなります。

周りがネガ

もっとみる
嬉しい♡です!

【ひまわりさんの教え】成功者のそばにいるだけで自動的に成功する

「最も早く成功する方法は
 成功者の近くにいることです。」

松田豊さんのメンターであるひまわりさん
(私のメンターのメンター)
はこうおっしゃいます。

多くの人が
成功できない理由は
成功する方法がわからないからです。

成功する方法が
わからないから

成功の前に
壁が立ちはだかっている
ように感じるのです。

それでは
どうすればよいのか言えば

それは
自分の目指す成功を
すでに手に入れ

もっとみる

嫌いな人を遠ざける方法とミラーニューロン( •̀ ω •́ )✧✨✨~

こんにちは!🎀

がじボイストレーニング教室の代表、講師のさやかです😃💕

本日は、ミラーニューロンのお話と嫌いな人を近づけないためにはどうすると良いのかについてです(❁´◡`❁)🎶

【🎀✨嫌いな人が寄ってきてしまうのは、なぜ?】

あなたには、こんなことがあったりしませんか?

「嫌いな人に怒られて、あたられることが多い」

「そういう人に好かれやすい」

など、あの人が苦手とか、嫌

もっとみる
うれしいです!!😊💗💗
27

【記事備忘録】
成功する起業家メンタルを手に入れる5つのステップ

https://www.dreamgate.gr.jp/contents/column/kigyou-seikou-mental

モヤモヤを書き出す
日々自分を肯定する
思い込みを手放す
どの出来事にもチャンスを見出す
自分の良いあり方を認める

ブレインダンプとメタ認知に有効です…

スキありがとうございます!引き続きよろしくお願いします!
3

子供の『共感力』を育む

こんにちは!

今日も育児と家事に奮闘中のパパセラです!

----------------------------------------

今日は『共感』についてのお話。

育児において、多少なりと子供の将来に希望を持って臨んでいる人は多いだろう。その希望の中でも『人の気持ちがわかる人になってほしい』という願いはどんな親にもあるだろう。それはおそらく、『共感力』を育んでほしいということだ。そん

もっとみる
ありがとうございます🙇‍♂️良い育児の一助になれば⭐︎
16

方向が決まると風が動き出す!そして、やると決めると追い風になる!&効果は絶大・ミラーニューロンの秘密❤

自分が今やるべきことが何かわかると止まっていた風が動き出します。

そしてやると決めると追い風が吹きます。

それは向かい風に向かって必死で進むというのではなく、後ろから風の援護があるみたいな感じで、トントン拍子で物事が進んでいくということが起こるのです。

決めてるのになかなか追い風が吹いてくれないときは、魂が望んでいることではないことを、世間体や自分以外の誰かに認めてもらうために無理にやろうと

もっとみる
スキを押してくださってありがとう。とっても励みになります。❤️
40

トンボのつぶやき23(笑顔の伝染はミラーニューロンのおかげ?)

お母さんの笑顔は、子どもにとって最高の贈り物。

朝、学校にいくときに笑顔で「行ってらっしゃーい!」なんてお母さんが見送ってくれたら、きっと子どもはこころなかがほっこりと温かくなっているはず。

そして、お母さんの笑顔は、子どもを笑顔にして、子どもの笑顔は、友達を笑顔にして、友達に笑顔は、そのまた友達を笑顔にして・・・

どんどん伝染していくものです。

そう、お母さんの笑顔が学校の教室を輝かせて

もっとみる
素敵な一日になりますように(^O^)/
2

朱に交われば成功する

私の知人には様々な職業の人がいて

その中に工務店の社長がいます

年齢は私よりもずっと若いのですが

昔気質(かたぎ)の職人気質

この時代でも「技は見て盗め」が当たり前

仕事場となる建設現場では妥協を許さず

社員を怒鳴りつけるのも日常茶飯事という

昭和がそのまま服を着て歩いているような人です

飲食店の店主ともお付き合いがあり

このひともまた細かいことを教えないタイプ

「包丁(技能)

もっとみる
スキって言葉大好きです ありがとうございます
4

就職1社目④〜他人に合わせるの疲れたぁ…あれよあれよと荒れていく私〜

⇒前回のお話はこちら

女性社員の同調圧力

入社して2年目に入った頃…

女性社員の間でいつの間にか暗黙の了解で
1年に何度か出費するイベントが増えました。

『みんなでお金を出し合い誕生日ケーキを準備する』というもの。

たしかに誕生日はとても喜ばしいものです。
しかし、これは本当に必要なことなのか?と疑問が増えました。

『先輩達は、会社に何しに来ているのだろう…?』

日頃は、一定の距離感

もっとみる
ご覧いただき、ありがとうございます!
9