【何者かになりたいような、なりたくないような】

「あなたの弱みはなんですか?」

来た。苦手なやつ。

「他の人と一緒にスタートして出遅れることは?」

そんなのどれもそうじゃーーー。

私じゃないとできないことはきっとあるけど、別に私じゃなくても良いことがこの世には溢れていると思う。

私じゃなくてもいいこと、めっちゃ目に付く。
信念を持つとか、創りたい社会をイメージするとか、自分が想う存在を見つけるということなんだろうな。

頭では分かって

もっとみる
ありがとうございます!スキです!
1

降り立つ先

こんにちわ。
光と風のアーチスト
a snow childです。

毎日、しっとりした気候ですね。

身に起きることも、

感情をゆさぶられることが起きています。

スピリチュアルの世界では、
自分の内側の投影が外側であると言われますが、

私もそう思います。

何か胸に突き刺さることが起きた時、
外側の世界に意識を向けるのではなく、
自分に何か癒すべきことがあって、

今がそのタイミングなんだよ

もっとみる
嬉しいです❣️

嘘つきは不健康のはじまり

【心のケアnoteー「嘘つきは不健康のはじまり」】
強がらなくていい。
大人だからと嘘付かなくていい。

(LINEマンガ「ゴッドハンド輝」38話より)

〝本物の健康とは何か〟

私の人生テーマ。今までこれを追求してきた結果、身体だけ見ていてはそれは決して叶わない。心からも見て、両方からの循環を促してはじめて問題解決し、健康になれる。

人の健康を促進するためには、「心」に刻まれた〝心的外傷〟(

もっとみる
おかげ様でモチベーションが上がります!
1

今相手の心はどうなっているか?

毎日様々な方と向き合っています。

人それぞれ違います。

生活習慣・感情・性格・骨格も筋肉など全て

その中でも感情つまり心は一瞬一瞬変わります。

まず、患者さんが

入り口で入って来てからの気持ちって

その時、その日によって

顔の表情だったり、醸し出す雰囲気って違いますよね?

身体の具合も違います。

それを察知して、こちらはどんな言葉をかけたらいいか?

どういう話のテンポで話をした

もっとみる
ありがとうございます。感謝致します!
3

女性特有のガン

~パートナーとして、男性のあなたができること~

どうも┏○ペコ

kikimimi‎|•'-'•)و✧です。

昨年末、まだライティングを始めて間も無い私でしたが、頂けた依頼の中で自分が書いてみたい記事を書くというお仕事がありました。

自分が書いてみたいもの...(;-ω-)ウーン
色々考えた末、書いた記事は、

**女性特有のガン

~パートナーとして、男性のあなたができること~**

もっとみる
ありがとう‎|•'-'•)و✧
2

【無題】

なぜ比べるのだろう
なぜねたむのだろう
なぜ嫉妬するのだろう

この言葉に心を取られてしまうと
深い闇の中へと陥っていく
暗闇は冷たく方向も狂う
ただたださまよい
少しでも明るく温かな場所を求めて
果てしなく歩き続ける
足の皮もむけ痛くてつらい
両足を抱きうずくまってしまうと
そのまま闇の色に染まる
じんわりと じんわりと

そこから抜け出すためにどうすればいいのかなんて
考えることも忘れてしまう

もっとみる
スキをありがとうございます☆
5

愛だらけ

こころに関するいろいろな世界を覗いて回っていると、それはもう色々なものに出会う。

導こうとするもの、光を灯そうとするもの、
抜け出そうとするもの、光を探すもの。
それらを辿る最中に触れる世界は本当に色とりどりだ。

学問的なもの、
癒したり解いたりしようとするもの、
こころに触れるその技術、
さまざまなこころの性質を示す言葉、
かみさま、うちゅう、てんし、うらない、ほうそく、いろ、すうじ
えとせ

もっとみる
読んでくれてありがとうございました!
3

イライラさんとの付き合い方③

「カリふわたこ焼きは キャベツを入れない!」
新事実に驚愕している
りうです。

イラ付きシリーズ  最終章。

③イライラさんとの会話の仕方

について語っていきます。

*①・②を見ておくと今回の内容がつながりやすいと思います*

前回までの内容で

『期待してしまう自分自身がイライラの正体』
『信頼できないことでイライラさんと出会いやすくなっている』

ということが解っていただけたのではない

もっとみる

③五臓×音で癒す呼吸法

五臓ヒーリングの呼吸法担当
杉本あやなです

京都府在住、6歳の娘と夫の3人家族
小鳥と共に暮らしています。

自営業の夫を手伝いながら、
英語絵本のお話し会を開いています
絵本と健康食品の研究が大好きなオタクです♬

「五臓×6 Sounds Healing 呼吸法」とは?
5つの内臓には、それぞれに呼応する「感情」「色」「音」があると言われています。

それぞれに6色の「色」をイメージしながら

もっとみる
ありがとうございます!(^^)
1