三宅裕之|教育会社、国内外5社経営

教育会社、国内外5社経営|エンジェル投資家|5,000名以上のコア人材を育成|著作:毎…

三宅裕之|教育会社、国内外5社経営

教育会社、国内外5社経営|エンジェル投資家|5,000名以上のコア人材を育成|著作:毎朝1分で人生は変わる、他11冊&5カ国&30万部|コロンビア&INSEAD修士|無料コーチングセミナー→https://holi-aca.com/coaching-seminar/hiros

マガジン

  • 毎朝1分で人生は変わる(音声&テキスト)

    「やる気」に火をつける達人が伝授する、人生を好転させるカンタンな方法を、毎朝1分の音声でお届けします。 三宅裕之 プロフィール 日本、中国、シンガポールで教育会社を経営。シンガポール在住。 早稲田大学商学部卒業後、ベネッセコーポレーションを経て、米国コロンビア大学教育大学院にて多文化多言語教育を研究。シナジープラス株式会社設立。ホリシニクスアカデミー、フルーエント中国語学院、バイリンガルズ英語学院、日本NLPコーチング協会を運営。文科省、大手メーカーなどのスタッフ教育も担当。 著書は「毎朝1分で人生は変わる」など、アジア各国で累計30万部以上。 フェイスブック https://www.facebook.com/hiroyuki.miyake131 ツイッター https://twitter.com/hiroyuki_miyake

ウィジェット

  • 商品画像

    毎朝1分で人生は変わる (サンマーク文庫)

    三宅裕之
  • 商品画像

    HSK・中国語検定 最強の学習法

    三宅 裕之
  • 商品画像

    毎朝1分で人生は変わる (サンマーク文庫)

    三宅裕之
  • 商品画像

    HSK・中国語検定 最強の学習法

    三宅 裕之
  • 第2回:中国語学習法・発音基礎講座(2)/フルー…
  • 【悪用厳禁】人をあやつる会話術「ミルトンモデル」…
  • 教育現場におけるコーチングコミュニケーション(三…

最近の記事

  • 固定された記事

三宅裕之プロフィール:「グローバル・ポートフォリオワーカー」という生き方

三宅裕之と申します。シナジープラスという会社の代表を務めています。経営歴は23年、海外生活は15年になりました。 従業員・自営業・ビジネスオーナー・投資家のすべてを国内外で行う「グローバルポートフォリオワーカー」であり、作家でもあります。 早稲田大学でビジネスを学び、在学中に中国北京の財経大学という財務省系の大学に、1年間の留学。ネットも誰も使っていなく、電子辞書すらない時代でしたので、それなりに大変でした。。 卒業後、教育会社のベネッセコーポレーションを経て、アメリカのコ

    • 体脂肪10%を切った筋トレ

      前回、10日間の玄米ファスティングについてお伝えしました。 この方法は、デトックスとしては非常にいいのですが、当然ながらタンパク質は不足します。 なので、長期的にやるものではありません。 私は筋肉が落ちないように筋トレも継続していました。 筋トレは普段から自重でおこなっています。 つまり、バーベルなどの器具を使わず、自分の重さのみで行う方法です。 この方法だと、大きいだけの筋肉ではなく、しなやかで動ける筋肉をつけることができます。 また、何よりいつでもどこでもできるのが利

      • 10日で4キロ痩せた方法

        先日、玄米だけを食べる玄米ファスティングを10日ほど行いました。 結果10日で4キロ以上痩せ、体調も普段以上に良くなりました。 やり方は以下です。 毎日1合の玄米のみを食べます。 一合を4つくらいに分けるといいでしょう。 その他は、ごま塩のみ。 ごま塩は、塩対ごまを1対10にしたものを自分で作って保存しておきます。 あとは、一切なし。 水分も水かカフェインのない麦茶やルイボスティのみ。 玄米を食べる時は100回以上噛んでゆっくりと食べます。 ダイエットにももちろん効果

        • 行動を起こす方法8

          前回は、 「行動するためには、毎日小さな成功体験をすることが必要だ」 と言いました。 今回はもう一つ、 「毎日小さな失敗をする」 ということをお伝えします。 何らかの失敗をしたら、ぜひガッツポーズをする、くらいの意識を持ってください。 それはあなたが挑戦した証拠です。 毎日同じことをしていたら失敗のしようもありません。 どんどん挑戦し、どんどん失敗すればいいのです。 とくに大人になると悔しい思いをできる機会は少なくなります。 そんな思いができる幸せを味わい、どうぞ存分

        • 固定された記事

        三宅裕之プロフィール:「グローバル・ポートフォリオワーカー」という生き方

        マガジン

        • 毎朝1分で人生は変わる(音声&テキスト)
          1,272本

        記事

          行動を起こす方法7

          行動を起こす方法の7つ目は、毎日の小さな成功体験を重ねることです。 挑戦するためには自信が必要で、その自信のためにはやはり成功体験を積み重ねていくしかないのです。 これはあくまで自分にとっての小さな成功体験で構いません。 勇気を持って新しい仕事に挑戦する。 街で困っていそうな人に声をかける。 コンビニで募金をしてみる。 なんでもいいのです。 そういう小さな成功体験の積み重ねがあると、ある瞬間に大きな挑戦をすることもできます。 また一方で成功というのはあくまで定義です。

          行動を起こす方法6

          行動を起こす方法の6つ目は、罰金制度を活用する、です。 前回、自分の目標を人に宣言する方法をお伝えしました。 それのアップグレードバージョンが罰金制度です。 例えば、毎日5時半までに起きようと思ったとします。 その際、友人などに、 「毎日5時半までに起きて、必ず5時35分までにメールする。 一日サボるごとに罰金として1000円払います。」 などと宣言するのです。 私のコーチングのクライアントさんでもこのような方がいらっしゃったので、罰金を恵まれない人に募金していただく制度

          行動を起こす方法5

          行動を起こす方法の5つ目は、裏切れない人に宣言することです。 「この人は裏切れない」 という人に対して、いつまでにどんな目標を達成するのか、 または、毎日行う行動、などを宣言しましょう。 その際、どんな形でそれを証明するのか、もセットで宣言をします。 この宣言は、必ずしも裏切れない人に対してだけでなく、SNSやブログを使って、自分の友人や不特定多数に対して宣言してもいいです。 いずれにせよ、自分に適度なプレッシャーがかかればいいのです。 私も先日、10日間、毎日一合の

          行動を起こす方法4

          行動を起こす方法の4つ目は、厳し目のコーチやメンターをつけたり、スクールに入ることです。 自分の意志だけに頼ると、どうしても気持ちが持たないことがでてきます。 行動を管理してもらう、という点でコーチの存在はとても大切です。 また、メンターは行動管理でなく、すでにその分野で成功している人を選べば、具体的なノウハウも教えてもらえます。 時には必要な人の紹介もしてくれるかもしれません。 もちろんスクールも有効です。 スクールは宿題をしっかり出してくれるタイプのスクールがいいでし

          メンタルが強い人の意外な真実

          メンタルが強い人の意外な真実とは、 ・毎日7時間睡眠 ・週に3時間の運動 ・健康的な食事 で身体をつくり、 ・人と比べない ・過去に縛られない ・真面目になりすぎない でマインドをつくる。 結果、メンタルが強くなる。 多くの人が間違っていますが、メンタルは根性論とは真逆の概念です。 メンタルは強い弱いではなく、行動と考え方の単なる技術です。 今日も素敵な1日を。 お役に立てたら、いいね・コメント・シェアなどいただけると嬉しいです。 ただいま、

          メンタルが強い人の意外な真実

          ひとり社長からの脱却

          「ひとり社長」から脱却ために知っておくべきこと。 1. 自分がボトルネックでありリスクであることを知る 2. 在宅時給制アルバイトのでいいので採用する 3. 個人事業主ならもちろん法人化する 4. 未来の組織図を作って一旦全部自分の名前を入れる 5. 自営業者の3大怖れ「自分が優秀であらねば」「自分が正しくなければ」「人に好かれなければ」を捨てる 6. 過去の小さな成功体験を否定する 7. 会社の4つの出口「上場・売却・継承・清算」を定める 8. 社長を雇っ

          本物のアンガーマネジメント

          本物のアンガーマネジメントは「6秒待つ」ではなく、相手のことを 「かわいそうな人だ」 と思うことです。 自分の怒りを、相手の哀れみに変えたら1秒で怒りが消えて無くなる。 もしも誰かにイラっとしたら 「大人なのにそんな態度しかとれない子供のような人なんだな…」 と哀れんであげましょう。 怒りを憐憫に変えると、怒りは消えます。 「こんな態度しか取れなくてかわいそう」 などと思うと、相手より高い視座から物を見ることができ、怒りを消すことができます。 今日も素敵な1日を。 お

          本物のアンガーマネジメント

          勝ち負けからの脱却

          判断基準が「優秀さ」と「勝ち負け」の人は、自分が優位になる場所で戦って勝つものの 「本当に自分がやりたいこと」 に蓋をする傾向にあります。 すると40代になって 「あれ、こんなはずじゃなかった」 と虚無感に襲われることも。 他者からの賞賛はそこそこに、自分の本心に忠実になる時間をつくろう。 自分が勝てるかどうかよりも、本当にやりたいことで勝負してみる。 他者に対しても優秀かどうか、価値があるかどうか、ではなく存在そのものを認めてみる。 それができるようになると次のステ

          行動を起こす方法3

          行動を起こす方法の3つ目は、留学、転職、居住環境など、環境を変えることです。 これが一番効果的でしょう。 私も、学生時代の中国留学や、社会人になってからアメリカ留学で大いに人生が変わりました。 何を学んだかは大事ではなく、人生のレールが変わるという事実が大切です。 行動を起こすためにも、違うレールに踏み出してみましょう。 そのためにも、違う環境をまずは見に行くことです。 留学したいならばその国や学校を見に行きます。 転職したいならば、行きたい会社を見に行きます。 私も転職

          行動を起こす方法2

          行動を起こす方法の2つ目は、ファッションや髪型などを抜本的に変えることです。 例えば、金髪にしたら堂々としないわけにはいきません。 またイメチェンすることで、今までの自分と違うことを強烈に意識できるようになります。 特に髪型は定期的に変えるのもいいでしょう。 先日もコーチングのクライアントで40代後半の方がいました。 変化のない日々を送っているのを感じたので、 「その髪型何年同じですか?」 と聞くと、 「20年以上です」 との答えが返ってきました。 さっそく髪型を変えるこ

          行動を起こす方法1

          行動を起こす方法の一つ目は、リミッターが外れている人に会うことです。 この人ぶっ飛んでるなと思う人に直接会いにいきましょう。 直接会うことで刺激を受けることができますし、 「もしかすると自分にもできるかも」 と思えてきます。 できる限り直接会いましょう。 また、ぶっ飛んでいる人の代表格は偉人と言われる人たちです。 偉人の伝記を読んでみましょう。 伝記がハードルが高ければ、漫画でも構いません。 私も娘と一緒に、学習漫画世界の伝記を読んでいます。 先日もマザーテレサの生涯から

          行動できない理由:本当はこのままでいいと思っている

          行動したくてもできない人の多くは、実は「このままでいい」とどこかで思っています。 少なくとも潜在意識レベルでは現状維持を求めている状態です。 本来、人間は現状維持をしようという生命的な機能があります。 新しい行動を起こすためには、その現状維持機能を打破する必要があります。 そのためには、このままでは太刀打ちできない状況に自分を追い込んでみるのが手っ取り早い方法です。 海に落とされたら泳ぐしかないですよね。 私自身にとっては、海外留学、起業、海外起業などが自分を追い込む環

          行動できない理由:本当はこのままでいいと思っている