龍青三(リュウセイザン)

運命理学研究所|易学・易経・四柱推命・命理学・運命学・東洋哲学・仏教・老荘・タオ・スピ…

龍青三(リュウセイザン)

運命理学研究所|易学・易経・四柱推命・命理学・運命学・東洋哲学・仏教・老荘・タオ・スピリチュアル・神秘学・精神世界|【Kindle出版】https://amzn.to/4dlcNHi ✨️ココナラ:https://coconala.com/users/232394

マガジン

  • 龍青三エッセイ(ココナラブログ連動)

    思ったこと気付いたこと感じたこと!備忘録的雑文 ココナラブログでもいろいろ書き散らかしています。もったいないので連動して紹介しています。 #龍青三エッセイ #エッセイ #気づき #日々の気づき #雑文 #備忘録 #ココナラ #ブログ

  • 龍青三之易学研究【易経六十四卦】

    • 46本

    龍青三の易経研究カテゴリ  #龍青三易学研究 #易 #易経 #六十四卦 #易占 #易学 #周易 #八卦 #易経解説 #易経講座 #易経研究 #易学研究 #人文学 #中国古典 #四書五経 #孔子

  • まいにち易経

    • 67本

    当マガジン『 #まいにち易経 』は、難解な易経の内容をわかりやすく解説。現代の混迷を生き抜くための叡智と指針を与える必読マガジン。 竹村亞希子先生【「易経」一日一言】と本田濟先生の【易(朝日選書】を参考に、まいにち、易経のことばをお届けしています。 易経は、陰陽の二つの元素の対立と統合を通じて万象の変化法則を説く古典であり、占いの原点として商の時代から蓄積された卜辞を集大成したものです。 易経は、自然と人間の深い関係性を解き明かし、生きる指針を提供するとともに、東洋学問において避けては通れない重要な文献であると安岡正篤先生も指摘しています。 #まいにち易経 #易経 #易学 #易占 #周易 #易 #本田濟 #易経一日一言 #竹村亞希子 #最近の学び #学び #私の学び直し #大人の学び #学び直し #四書五経 #中国古典 #安岡正篤 #人文学

  • 龍青三の四柱推命学note

    四柱推命関連カテゴリー  #龍青三の四柱推命学 #四柱推命 #四柱推命学 #命理学 #四柱八字 #淵海子平 #子平推命 #子平

  • 創発共同マガジン

    • 7本

    多元的思考のクロスロード:創発マガジン Emergence Magazine: Collective Intelligence クリエイターによるクリエイターのためのクリエイティブライフ

最近の記事

  • 固定された記事

四柱推命鑑定ハンドブックⅠ: 生日干支占法 四柱推命鑑定虎の巻【龍青三の四柱推命学note】

note版:四柱推命鑑定ハンドブックⅠ/生日干支占法 Amazonで好評発売中の四柱推命鑑定ハンドブック(いわゆる虎の巻)の第一弾!note版です。 生日干支占法とは、その名の通り、生日の干支のみで判断する占法です。日柱だけ判断する占法は『生日観法』として知られています。これは、日柱の干支から、性格や資質を判断する方法で、生日の天干・地支の性情、生尅、また十二運から判断します。おなじみ『動物占い®』も生日観法の一種です。 生日観法に関する著作としては、高木乗先生の「生まれ

¥500
    • 占い理論を長い時間かけて頭でこねくりまわして計らいあるご託を並べる占い師【龍青三の占いエッセイ】

      どこで調べたのかわかりませんが(もしかして資料請求してたのかも?)、『ナポレオンヒルプログラム』を売り歩いている営業マンから電話がありました。近くに来ているのでお会いしませんかと。 そして近くのファミレスで待機しているというので、こちらの都合などお構いなしにマシンガントークを浴びせられ、ダブルバインドの姑息なテクニックまで使い、時間まで指定されてしまいました。 ムッときた私はある企みを持って彼に会うことにしました。 まずは一通りマニュアルどおりの営業トークを、汚れを知らぬ

      • 46.地風升(ちふうしょう)【易経六十四卦】

        地風升(上昇/進展) promotion:昇進/ascending:昇順 聚而上者謂之升。故受之以升。(序卦伝) 集まったものが上方へと発展することを升進と言い、これが升卦の意味を表しています。 人々が集まり、その勢いが盛んになると、次第に上へと昇っていきます。升とは、地(坤☷)の下から芽を出した若木(巽☴)が天を目指して成長する様子を示しており、堅実に、そして自信をもって向上していく姿を象徴しています。その際に重要となる心構えは、時を得ること、実力を養うこと、そして後援

        • 画数で運命が決まるのか?!~姓名判断の考察【龍青三の占いエッセイ】

          姓名判断で改名することで運命が変わるかどうかの議論はさておき、新生児の命名に際しては、親としてできる限り良い名前をつけたいと思うのは当然のことです。 姓名判断には旧漢字で見る方法と新漢字で見る方法があり、それによって画数が異なるため、初心者にとっては非常に悩ましい問題です。さらに、多くの流派が存在するため、何が正しいのか分からないというのが現状です。 これが日本の姓名判断事情なのです。 以下のような質問を受けました。 ご回答 おっしゃる通り、【画数問題】は誰もが感じる

        • 固定された記事

        四柱推命鑑定ハンドブックⅠ: 生日干支占法 四柱推命鑑定虎の巻【龍青三の四柱推命学note】

        ¥500

        マガジン

        • 龍青三エッセイ(ココナラブログ連動)
          8本
        • 龍青三之易学研究【易経六十四卦】
          46本
        • まいにち易経
          67本
        • 龍青三の四柱推命学note
          2本
        • 創発共同マガジン
          7本
        • 易学・易経・立命・運命学
          14本

        記事

          45.澤地萃(たくちすい)【易経六十四卦】

          澤地萃(集まる/パワースポット) thanks:感謝/gathering together:共に集まる もの集まりて繁栄に至らん。 過大評価は禁物なり。 物相遇而後聚。故受之以萃。萃者聚也。 物事は、相互に出会い、その後に一つに集まるものです。萃の語源は、草が群れ生えることを指し、転じて人や物が集まる意味として使われます。 大地(坤☷)の上に沢水(兌☱)が集まり、草木が繁茂し、人々が集まり、交易が行われる様子はまさに砂漠のオアシスのようです。旅人はオアシスに出会い、天の

          45.澤地萃(たくちすい)【易経六十四卦】

          まいにち易経_0715【小を積み重ねる】君子以て徳に順い、小を積みてもって高大なり。[46䷭地風升:象伝]

          君子以順徳。積小以高大。 升卦は、下が巽、上が坤であり、巽は高い木を象徴する。これは地中で木が育つ様子を表している。木は小さなものから始まり、大きく成長して上へと伸びることを象徴する。この成長に倣い、君子は自然の規律に従って品徳を養い、少しずつ進歩を重ねて高潔で完璧な人格を形成していく。 ある企業の新人研修に招かれた老易学者が、未来のリーダーを担うポストZ世代の若者たちに向かって語る 『地風升』というのは、昇り進む時、つまり成長の時期を表す卦です。 自然界で見られるよう

          まいにち易経_0715【小を積み重ねる】君子以て徳に順い、小を積みてもって高大なり。[46䷭地風升:象伝]

          運命のデザイン:真の自分を見つけるヒント【龍青三の占いエッセイ】

          占いというものは、その歴史を遡ると非常に多岐にわたる方法が存在します。現代のエンターテインメントとしての占いから、古代中国で亀の甲や牛の肩甲骨を火で炙ってひび割れの模様から天意を読み取るような厳粛なものまで、幅広いのです。 占い好きの人々は、占いの結果に過度な期待を抱くことがあります。例えば、望んでいた結果が出なかったとき、「この占いの結果は何なのよ!」と激怒する人もいます。これは滑稽な反応に見えるかもしれませんが、実はその人たちが占いに対して真剣に向き合っている証拠です。

          運命のデザイン:真の自分を見つけるヒント【龍青三の占いエッセイ】

          44.天風姤(てんぷうこう)【易経六十四卦】

          天風姤(遭う/マウント女・魔性の女) encounter:出会い/encountering:遭遇 相手は剛頑に過ぎるものなり。 柔順を持って接すれば、事はなるべし。 決必有所遇。故受之以姤。姤者遇也。(序卦伝) 決すれば必ず遇う所あり。故にこれを受くるに姤を以てす。姤とは遇なり。 裂けて離れた者は、再びどこかで出会い、合同する運命にあります。姤という字は邂逅の「逅」と同じで、偶然の出会いを意味します。偶然の出会いは、美しい人間模様を描くこともありますが、澤天夬の卦にお

          44.天風姤(てんぷうこう)【易経六十四卦】

          まいにち易経_0714【分不相応が招く災難】負い且つ乗り、冦の至るを致す。[40䷧雷水解:六三]

          六三。負且乘。致冦至。 『負』は荷物を背負うこと:身分の低いことを示す。『乗』は車に乗ること:ほんらい車に乗るのは身分が高い人。『寇』は敵や賊を指す。荷物を背負って運ぶべき人夫が車に乗るのは、全く釣り合いが取れていない。これでは賊に襲われる危険がある。 ある企業の新人研修に招かれた老易学者が、未来のリーダーを担うポストZ世代の若者たちに向かって語る 本日は、「雷水解」の「六三」についてお話しましょう。 『荷物を背負いながら馬車に乗り、そして強盗に襲われる』 一見する

          まいにち易経_0714【分不相応が招く災難】負い且つ乗り、冦の至るを致す。[40䷧雷水解:六三]

          占いは統計学なのでしょうか?【龍青三の占いエッセイ】

          十数年前(1990年代)、自己啓発成功プログラムを買いました。 アルファー波フィードバック装置というものも一緒に買いました。頭に電極バンドを巻いて、耳たぶに電極クリップを挟み、瞑想しながら成功プログラムを聞くんです。 α波が発生すると、音と光で知らせてくれるんです。 α波が発生しているときの状態、心持ち、感覚を覚えておけば、普段の生活の中でもその心持ちになれば、いつどんなときでも、α波状態になることができるという訓練です。α波支配の状態は身体がリラックスしていて、手のひらも温

          占いは統計学なのでしょうか?【龍青三の占いエッセイ】

          まいにち易経_0713【一足飛びは危険】飛鳥もって凶なり。[62䷽雷山小過:初六]

          初六。飛鳥以凶。 初六は柔弱な小人であり、控えめであるべき時期に、過度に高く飛ぼうとする。小人でありながら、上ることだけを知って降ることを知らない。この行動は卦辞の戒め「上るに宜しからず」に反しており、結果として凶を招くのは避けられない。 ある企業の新人研修に招かれた老易学者が、未来のリーダーを担うポストZ世代の若者たちに向かって語る 皆さん、こんにちは。本日は、将来のリーダーとして期待されている皆さんに、易経の教えについてお話しさせていただきます。今回取り上げるのは、

          まいにち易経_0713【一足飛びは危険】飛鳥もって凶なり。[62䷽雷山小過:初六]

          43.澤天夬(たくてんかい)【易経六十四卦】

          澤天夬(おしきる・決断/処断) decision:決断/break through:突破する,切り抜ける まさに、決断の時なり。 強引に進めば、不慮の災いあるべし。 益而不已必決。故受之以夬。夬者決也。(序卦伝) いつまでも増え続けると、必ず破綻してしまうものです。決という字は、川の水が堤防を切って流れ出すことを意味します。夬は決裂の決に相当し、切り開き、重要な事柄を断行することを表します。 最上部に陰があり、五つの陽を抑えつけている様子は、独裁者が世論を無視し圧政を敷

          43.澤天夬(たくてんかい)【易経六十四卦】

          信じても救われない話【龍青三の占いエッセイ】

          占いの効果って健康食品みたいなもんだと思うんですよね。 友人に整体師がいるんですけど、彼はもう、生まれつき整体師みたいな感じなんです。彼のブログにこんなことが書いてありました。 本当にすごいですよね。潜在意識レベルで整体師なんです。 そういえば、自分も最近、久しく体をもまれていないなあ。もまれたいな、もまれたいなあ。 揉まれたい揉まれたいって…… アンタ、世間様から散々揉まれてきて、今でも揉まれっぱなしなのに、いまさら揉まれたいって、いったいどんな了見してるんだかね!

          信じても救われない話【龍青三の占いエッセイ】

          龍青三の占断ポリシー【龍青三の占いエッセイ】

          龍青三の鑑定哲学:直感と四柱推命の融合 私の鑑定アプローチは、伝統的な四柱推命を基盤としながら、独自のインスピレーションを取り入れた手法です。ここでいうインスピレーションとは、一般的に言われる霊感や第六感というよりも、直観・直覚に近いものです。 長年の対面鑑定経験から、最近では霊視を期待して来られるお客様が増えています。しかし、私には霊を見たり、霊の声を聞いたりする能力はありません。 私の目指すものは、単なる占いやリーディング・チャネリング・心理カウンセリング・スピリチ

          龍青三の占断ポリシー【龍青三の占いエッセイ】

          42.風雷益(ふうらいえき)【易経六十四卦】

          風雷益(ふやす/公益) profit:利益/increase:増加,増大,増進 天機まさに来る。乗ずべし。 私利私欲に走るべからず。 損而不已必益。故受之以益。(序卦伝) いつまでも損じてばかりいれば、油断していた気持も引き締まり、結果必ず益して増しふやすようになる。益は、物がふえること。物をふやすこと。益の字は、皿の上に、横になった水の字があり、皿の上に水を入れる形を表している。皿の中に水を注いで、増しふやしてゆく形。 ䷨山澤損の場合とは逆に、上を損して下を益やすこと

          42.風雷益(ふうらいえき)【易経六十四卦】

          ★まいにち易経_0712【蒙を拓く】我より童蒙に求むるにあらず。童蒙より我に求む。[04䷃山水蒙:象伝]

          匪我求童蒙。童蒙[來]求我。 師、自ら進んで無知蒙昧な者を教え導いてはならない。自分の無知蒙昧を自覚している者から進んで師に教え乞い求めるものでなければならない。 カルト教団の信者のように、一方的に教義を詰め込まれているだけでは、一生涯無知蒙昧を克服することはできない。 ある企業の新人研修に招かれた老易学者が、未来のリーダーを担うポストZ世代の若者たちに向かって語る まず、『山水蒙』という言葉自体について少し説明させてください。「山」と「水」という自然の要素が組み合わ

          ★まいにち易経_0712【蒙を拓く】我より童蒙に求むるにあらず。童蒙より我に求む。[04䷃山水蒙:象伝]