負け犬の遠吠え  明治維新③  日米和親条約の締結まで

前回、ペリーよりも一足先に来日し、ぶん殴られて開国に失敗した「ジェームズ・ビドル」さんの話を書かせていただきました。
彼の失敗を重く受け止めた「マシュー・カルブレイス・ペリー」は、現代の価値にして一億円とも言われるほどの膨大な資料をかき集め、日本を研究しました。

当時のアメリカとしては、南北戦争の直前で対外戦争をする余裕などなく、「武力行使」で日本を開国させるのには反対だったのです。
大統領から

もっとみる
ありがとうございます。今後も精進して参ります
1

7月14日『ペリー上陸記念日』

お早う御座います。😊

本日7月14日は、『ペリー上陸記念日』です。

1853(嘉永6)年、アメリカの4隻の黒船艦隊が江戸湾の浦賀沖に現れ、ペリー提督が久里浜に上陸して将軍への親書を渡しました。

蒸気船をお茶の銘柄・上喜撰にかけて太平のねむりをさます上喜撰たった四はいで夜もねられずと狂歌に詠まれる程、江戸の街は大混乱となりました。

幕府は、翌年のペリー再来に備えて品川沖に6基の砲台(台場)

もっとみる
有り難う御座います!あなた様の御多幸を御祈り致します!
3

真実の日米関係史②

南北戦争勃発で生じた日米関係の空白

ペリーから開国の要求を突き付けられた幕府は、翌年、日米和新条約を結び、下田・函館を開港します。

ここに日本の鎖国は終わりを告げました。

その後は、各国と同様の条約を締結し、江戸幕府はその土台が揺らいで一気に幕末へと向かいます。

なお、ペリー提督には、その他に、中国(当時の清朝)との交易を開始するという目的がありました。

というより、交易の点から言えば、

もっとみる
私も好きです♪ポコ♪🐸
3

真実の日米関係史①

日本の鎖国を終わらせたのはアメリカだった

江戸時代末期の1853年(嘉永6)、アメリカのマシュー・ペリー提督が黒船4隻を率いて浦賀に到着し、鎖国政策をとっていた徳川幕府に開国を迫ります。

ペリーが日本に来た第一の理由は、当時、日本近海で盛んに操業していたアメリカの捕鯨船に食糧、燃料、水などを供給する港を開くためでした。

そのころのアメリカでは捕鯨が一大産業でした。

アメリカの人口が増大し、

もっとみる
あなたに良いことがありますように♪ポコ♪🐸
4

こんな時だから少しでも旅行気分を!!

第74回目は伊豆の下田に行った事を投稿したいと思います。

って言ってもあまり写真はないので内容は期待しないで下さい(笑)

ペリーロードです!!!ペリー提督も歩いたのかもしれませんね。

海上保安庁の艦艇です(笑)

電車旅と言えばお酒!!とつまみ。

本日はここまでになります。明日をお楽しみに~

もっとみる
ありがとうございます!次回の投稿をお楽しみに!
24

横須賀の名所 ペリー公園から考えること

ご覧になって下さりありがとうございます。

本日は私の大好きな横須賀を紹介してみます。

横須賀には上記の様な石碑がある、ペリー公園という場所があります。

①交通や施設

このペリー公園は京急久里浜駅から歩いて15分くらいの場所にあります。

またバス停も近くにあるので、歩くのはちょっとという方はバスで訪れてみるとよろしいかも知れません。

バス停は『ペリー記念碑』という場所で、間違い様がない点

もっとみる
ありがとうございます。書いてほしい事等ありましたら,教えてくださいね。
17

では各々、抜かりなく。

では各々、抜かりなく。

最近カードゲームにハマっている我が家。
トランプやカルタが中心だったけど、少し難しいゲームにも挑戦!
…というわけで「幸村争奪絵札遊」を教えてみました。これは数年前、長野県で購入したカードゲームです。
購入当時、夫婦そろって大河ドラマ「真田丸」に夢中でした。その勢いのまま幼かった我が子を連れ、上田旅行へ。上田城や大河ドラマ館を見学し、眞田神社にお参り。1泊2日の弾丸ツアー

もっとみる
またのお越しを心よりお待ちしております!
4

現代社会④ 日本が現代化し始めたのはいつ?

前回の記事では相対的にイデオロギーの説明をさせていただきました。

早速この記事に最後のトピックに映ります!

日本はいつから現代化したんでしょうか?

今までの記事でご説明したように、自由・平等・博愛をベースとした現代社会のイデオロギーはフランスやヨーロッパ諸国、アメリカなどを中心に発展してきました。

そのイデオロギーが日本に入ってきたの幕末と呼ばれる江戸末期の時代です。

約250年続いた太

もっとみる
スキをいただきありがとうございます^^
1

ペリーの黒船は、なぜ日本に来たのか?

江戸時代の人々に衝撃を与えた黒船来航について、当時のアメリカが日本に開国を迫った背景をまとめてみました。

1776年の建国当時、大西洋沿岸の13州のみで構成されていたアメリカ(画像はWikipediaより引用)は、その後数十年もの年月をかけて、西部方面の領土を開拓。
1848年にメキシコからカリフォルニアを割譲し、太平洋沿岸部にまでその領域を広げました。

この後カリフォルニアは、ゴールドラッシ

もっとみる

出産しようとしたらペリーとエドモンド本田が日米和親条約を締結した話

「今日入院できる?」

その日は突然に訪れました。

最近は無痛分娩の人も多いですが、「一度は腹を痛めるという体験をしてみよう」という気軽な考えで自然分娩を選んだ私。

ある日の検診、このまま予定日まで自然に陣痛が来て生まれるのを待っていたら赤ちゃんが大きくなりすぎて下から出れなくなってしまうので、今日これから入院をして陣痛誘発剤で生みましょう。と提案されたのです。

予定日はまだ先、突然の提案に

もっとみる
ありがとうございます💕
50