AJ 「英語×中国語=∞!」英中両語で、世界を広げる。

「英語と中国語ができたら、世界の何十億人と話ができるだろう」--そんな少年時代の夢から、勉強を続けてきました。各種メディアで英中両語を生かしたニュース取材、リポート、英文記事執筆、映像取材などに従事。”英中同時学習”で一緒に世界を見ていきませんか? 心動かされた旅の話題も!

AJ 「英語×中国語=∞!」英中両語で、世界を広げる。

「英語と中国語ができたら、世界の何十億人と話ができるだろう」--そんな少年時代の夢から、勉強を続けてきました。各種メディアで英中両語を生かしたニュース取材、リポート、英文記事執筆、映像取材などに従事。”英中同時学習”で一緒に世界を見ていきませんか? 心動かされた旅の話題も!

    マガジン

    最近の記事

    固定された記事

    英語・中国語 ”同時学習” で、世界を広げよう!

    【自己紹介】  「英語と中国語をマスターして、世界の何十億人と話したい」こんな少年時代の夢を形にしようと、これまで英語・中国語を勉強してきました。 まだまだマスターとまではいきませんが、仕事として使うようになり、英語と中国語を生かしたニュースの取材、インタビュー、リポート、英文記事執筆などに携わってきました。両語とも各種検定系以外に、通訳案内士の資格も取得しました。 英語+中国語で、世界がどんどん広がるのを実感!  言葉が分かるようになると友人が増え、本音で語り合い、

    スキ
    242
      • 家を見て、人を想う。想像力で楽しむ「江戸東京たてもの園」

        ずっと行きたかった所があった。「江戸東京たてもの園」(東京・小金井市)。 SNSなどで、昭和な家屋や街並みでモデルさんがポージングをしている、甘酸っぱい青春時代のような、レトロ風のポートレート写真を見る度に、ここの名前が書かれていて、一度行ってみたかったのだ。 先週末は絶好の秋晴れなので、さっそく行ってみた。これもその日の思いつき。お昼前に行くことを決めた。 園に電話で聞くと、JR中央線の武蔵小金井駅から、歩いては遠いのでバスに乗るようにというので乗ったが、道は駅からまっ

        スキ
        13
        • 都庁燃ゆ!?

          先週、雨上がりの夜に新宿を歩いていると、少し先の空の雲の一部が赤く染まっている。何だろう? しばらく歩くと、その赤い雲の下には・・・東京都庁が。 えっ!? 都庁が火事? ・・・と思ってしまうほど、息を呑む光景。まるで炎に包まれているようだ。 もちろん、そうではなく、雨が上がったばかりで、高さ243mの都庁の上層階に霧がかかり、赤いライトアップの光の反射が、炎と煙のように見えていたのだ。 では、なぜ赤くライティングされていたのだろう。 その答えは、「結核予防週間」の啓

          スキ
          19
          • エスカレーター問題 埼玉県の条例の効果は?

            駅などのエスカレーターで片側を空けて立ち、空いた方を急ぐ人が歩くという、日本に長く定着している慣行。 このnoteでも、実際に怖い思いをしているという方の声も聞き、なんとかならないかとずっと考えている。 各鉄道会社に、私個人として質問を投げて答えてもらう調査は、まだ日々の忙しさにかまけてまだ整理できていないが、昨日、こんなニュースが。 知らなかった。 埼玉県では、歩かずに立ち止まって乗る義務を課す条例が一年前に出来ていたとは。 まだ道半ばとのことだが、社会問題として

            スキ
            24

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • AJ旅(国内編)Snap it! Feel it!
            AJ 「英語×中国語=∞!」英中両語で、世界を広げる。
          • 英語×中国語×... AJ's ことばnote
            AJ 「英語×中国語=∞!」英中両語で、世界を広げる。
          • 気になる中国
            AJ 「英語×中国語=∞!」英中両語で、世界を広げる。
          • 中国記憶note
            AJ 「英語×中国語=∞!」英中両語で、世界を広げる。
          • Stop the War in Ukraine!
            AJ 「英語×中国語=∞!」英中両語で、世界を広げる。
          • 北海道の真上、「日本」だった島 〜”サハリン”スケッチ〜
            AJ 「英語×中国語=∞!」英中両語で、世界を広げる。

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            台風が来る前に、「埼玉のアメリカ」へ!

            シルバーウィウーク後半の三連休。また、台風がやってくるという。都内でゆっくりしようと思っていたが、そう言われると、なんか悔しい。曇りの今日のうちにどこかに行きたい!また、「弾丸」で。 さてどこにしようかと、首都圏の地図を見る。多分みんな同じようなことを考えるだろう。レジャーといえば、山梨につながる道はぶどう狩りで混むか。横浜湘南方面も混みそう。じゃあ埼玉かな、と見ていたら、入間航空基地。航空ショーを見たことがあったなと思い出していたら・・・あっ、そうだ。この近くに、ひとつ気

            スキ
            41

            「ご栄転おめでとうございます」の日本、単身赴任のないカナダ 〜人事異動のお国事情〜

            「ご栄転おめでとうございます」の裏にあるもの 「異動される皆様、ご栄転おめでとうございます」 ---この時代、いまだに定期人事異動があり、その度に職場で小セレモニーが行われて司会者からこんな言葉が出てくるなんて、(司会者は全く悪気がないと思うが)この言葉には違和感、いや、怒りしか湧いてこない。 私がかつて見た風景だ。私は異動対象ではなかったが、多くの人が、人望なきパワハラ幹部がさらに出世していく様子や、嫉妬によるいじめのような理不尽な異動の連続に絶望を感じていた時だけに、な

            スキ
            21

            文字で溢れかえる道 ②

            前回、「追突注意」「追突注意」とデカ文字の注意喚起で溢れかえる国道の話を書いた。 この中で出てくる、国交省の東京国道事務所の方より、連休明けに早速電話をいただいた。先週末聞いた質問への回答として。曰く・・・ ・・・とのことであった。 苗字だけは名乗ったものの、見ず知らずの市民からの問合せに対する丁寧な対応には、とても驚いた。 普段、ただ何気なく通っている道。 どこが、どういう風に、維持管理をしているのか。 同じ国道でも格差があるようだし、地方によって事情もかなり違う

            スキ
            18

            文字で溢れかえる道

            夜の国道沿いを歩いていると、なんか得体の知れない違和感があった。ん?何だろう、この違和感は。 ああ、その正体は・・・道路の表面にペイントされた表示だ! 片側4つの各車線にデカデカと「追突注意」の文字。車線の幅ギチギチに書かれた字のデカさで、広い道路が全て白い文字で埋め尽くされちゃってる。 前はこんなの無かったような気がする。 路面をじーっと見ていると・・・ なんだか文字ではなく、幾何学模様のデザインに見えてきた。 ほら・・・これはもう文字じゃなくて、アートデザイン

            スキ
            20

            大阪空港上空から、日本列島「全景」が見える!?

            そういえば、子供の頃気になっていた。好きな地図をじっと見ていたら、大阪(伊丹)空港の近くに、日本列島のようなもの!?がある。なんじゃこれ、と。 あれから幾年月。伊丹から飛び立つ夕刻、今日こそ長年の謎をはっきりさせようと、窓際の席からスマホを構えた。 機は旋回しながら上昇を始めた。 すると、もうすぐに見えてきた。 あっ、あれだ、あれだ!(右奥の池) おー、出たー! 池の中に、見事な日本列島の形をした島が!これ、これ! 年甲斐もなく、ちょっと興奮してしまう。なにせ子供の頃

            スキ
            37

            中秋節「月が綺麗ですね」

            9月10日は「中秋節(zhōngqiūjié ジョオンチウ・ジエ)」。 「中秋佳節 (zhōngqiū jiājié ジョオンチウ・ジアジエ)」とも呼ばれる。 (英語では、Mid-Autumn Festivalなど。そのままやん!) 日本ならば、「お月見でもするか。きれいだね。」程度の日かもしれないが、中国では、春節や清明節などと並び、家族が集まりとても盛大に祝われる日とのことで、最初とても驚いた。 きょうは土曜だけれど仕事があり、家に帰ると一時すぎ。東京時間でも北京時間

            スキ
            26

            ”イーリーシャーバイ”女王? 【AJ'sことばnote】

            イギリスのエリザベス女王が逝去。 きょうはニュースそのものじゃなくて、中国語の話。 ちょこっと勉強の備忘録として。 「あれっ?エリザベス女王って中国語で何て言うんだっけ」 実は私はすぐに口から出て来なかったのだ。 答えは・・・ 伊丽莎白 (yīlìshābái イーリーシャーバイ) えっ? Elizabeth が、 イーリーシャーバイとは!なんか不思議だ。 中国語で外国の地名や人名は、一部、サンフランシスコ=旧金山や、ミッキーマウス=米老鼠など意味が込められたものもあ

            スキ
            20

            弾丸旅行で、野生のコウノトリに会いに行く! 〜コウノトリには”戸籍”がある!?〜

            弾丸旅行は、いいもんだ。 「少しでも多く知らない所に行きたい!」「ちょっとだけでいいからあれを見ておきたい!」という衝動を止められずに出る弾丸旅行は、悪くない。今回も、私の、とある弾丸旅行、そしてそこから広がった知識を少しばかりご紹介。  テーマは、「コウノトリ」。 (前回の弾丸旅行はこちら↓ 「福島第一原発の周辺をどうしても見ておきたい」と。) そして、「鳥取砂丘をどうしても見たい」と。 今回の話は、この鳥取から足を伸ばした弾丸旅行だ。 コウノトリの郷、兵庫県豊岡

            スキ
            31

            赤ちゃん産んだら「坐月子(ズオ・ユエズ)」

            「坐月子(zuò yuèzi ズオ・ユエズ)」という中国語をご存じだろうか。 日本語で言うと「産後の肥立ち」にあたるのだろうか。女性が出産後、1ヶ月にわたって身体を休めて養生する中華圏独特の「産後ケア」の伝統習慣だ。 私も実際に知らないので色々調べると、「これはダメ、あれもダメ」と1ヶ月間にわたって生活上の制約が加えられることが書かれていて、とにかく1ヶ月静かにしていなさい、というもののようだ。 中国や台湾で出産を経験した日本人が「坐月子」に戸惑ったことを書いたブログも

            スキ
            35

            エスカレーター「片側空け」問題 調査開始!

            駅などのエスカレーターで、片側に寄って立ち、急ぐ人のために反対側を空けておく習慣をめぐる問題を、少し前の記事で取り上げた。 この記事は元々「関西=左立ちなのに、京都は混合?・・・」という素朴な疑問から書いたのだが、そもそも片側立ちは危険だという点がクローズアップされ、この問題で一番大切な視点はそこであり、東西の違いとかは二の次だなと思ったのだった。 その一番のきっかけは、いつもnoteを楽しみに拝読させていただいている清水まりさんのコメント。清水さんも身体の右側に麻痺をお

            スキ
            22

            夏の終わりに、秋の桜。

            スキ
            22

            夏休み。そうだ、福島行こう。 ③ 全町避難「人が消えた町」は、今

            「この11年間、福島第一原発の近くに一度も行こうとしなかった」ということが心のどこかにずっと重くのしかかっていた。事故直後は、もうこの国がなくなってしまうのではないかとまで想像して、毎日怯えながら福島第一の状況を注目していたのに。処理水が増え続ける状況のニュースなどのたびに「これは大変だ」と思うのだけれど、どこか”自分事”ではなかったのではないか。いや、あえて考えないようにしていたのかもしれない。 そして、そんなモヤモヤが限界に達したのか。この夏、日帰り、弾丸旅行でもいいか

            スキ
            30