パリテキサス

町でいちばんの美女

その人は、プロのミュージシャンとしてデビューしていた。
売れてはいなかったのではないか。
私は彼の音楽を聴いたことはなかった。
彼は私よりも年上のお兄さんで、
自称・自然とArtと旅と自由を愛するナチュラルボーン・ヒッピーガールの私は、彼のお気に入りだった。全然、男女の関係ではない。
私が絶好調にブッ飛んでいた頃のこと。
彼は私に本をプレゼントしてくれた。
男の人に本をプレゼントされたのは、初めて

もっとみる
Why Are you so Sweet?
19

南極のペンギンに会いたい。

空の青、雲と氷の白、海は青というよりは黒に近い。そこにターコイズ色の氷河がプカプカと浮いていて。
色といえばそれくらいだろうか。

荒々しさむき出しのミニマルな世界で、たくさんのペンギンがパタパタ歩いたり、ひたすら泳いだりしていた。アザラシは、二つに割れゆく氷河の上でゴロゴロと転がり、入った亀裂から海に落っこちないように、ゴロゴロ、ゴロゴロと、上手に裂け目を渡り、危険を回避してのっぺりと寛いでいた

もっとみる
諦めません!
3

メンバー自己紹介③

さり

1.国際基督教大学 教養学部

2.一年

3.さりぼん、Sally

4.高校時代、母が家にいるのが当たり前だと思っていたけど、それはジェンダーステレオタイプだったと気づいた。それをきっかけにジェンダー研究(特にフェミニズム)に興味を持ち勉強中!3年でジェンダー・セクシュアリティメジャーにするつもり

5.ウーマンビジネスフェスタ、東京女子大学シンポジウム—女子大のこれから—、U20クラ

もっとみる

パリ、テキサス

僕もトラヴィスのように、いつかガラス越しにでも、君と再会できるだろうか。

その思いだけで何度僕はあのシーンを観返しただろう。

I knew these people.

あの長い台詞を覚えようと試みたこともあった。そんなことをして何になるのか。何にもなりゃしない。それは分かってる。でも覚えたかったんだ。

I knew these people. These 2 people. They we

もっとみる
How does it feel?
13

愛のすべてが入っている名作「パリ、テキサス」

人生で観てきた映画の中で、自分的に「オールタイムベスト」なものを少しずつ紹介していきたいと思います。

男は女を好きになりすぎた。
想像を絶するくらい愛していると思った。

結婚するだけでは、まだ物足りない。
ずっと一緒にいたい気持ちがつのり、男はついに仕事を辞めて家にいるようになる。

誰かを好きになるということは辛いことだ。
そう、恋は辛い。
いくつになっても何度しても、恋は辛い。
何故だろう

もっとみる
ありがとうございます!じっくりじんわり書いていきます。
51

ヴィム・ヴェンダース監督作品3本・・・わたしが受け取ったのは家族(あるいは家族のような関係)というテーマ

「ベルリン・天使の詩」に強く惹かれたわたしは、その他の監督作品も鑑賞してみた。こういうの、わたしにはよくあるパターン。ところが、数週間かけて鑑賞可能だった作品は3本だけ!まあラッキーかアンラッキーか・・・一つ一つについて感想をまとめる余力がなく、監督について調べるゆとりもないので、とりあえず自分の記録として予告動画等をまとめておくことにする。(・・と書いてから既に数週間。結局、感想も書いてしまった

もっとみる
辺境の地へようこそ♪
32

物理的な距離として、言葉だけでは表現しにくい人間関係のあいまいな距離感を描ききる。Paris,Texas

人間関係は複雑で難しい。
家族とか。男女とか。親子とか。兄弟とか。友人とか。同僚とか。上司部下とか。
社会で定義されたさまざまな人間関係がある。
でも、これらは記号的なものに過ぎない。
同じ関係は2つとなく、人間関係の作り方に答えはない。
そんな人間関係に疲れてしまうこともある。
でも、人はひとりでは生きていけない。
どうせなら、面白い人間関係をつくっていきたい。

映画「Paris,Texas(

もっとみる