鴻池 和彦/㈱cinepos代表

円谷プロダクション入社に始まり11年間は映像製作者として。そこから11年間は下関で実家の特定郵便局長を務めた。3度目の人生リスタート、2016年に㈱cineposを起業して今日。 ‘感情移入’をキーワードに映像製作を基盤としながらも映画配給上映等、様々な展開を画策し続けている。
固定された記事

クリエイティブの原点

私は映像製作を生業にしているのですが、その根底には様々な媒体から影響を受けたものがベースにあります。 概ね10代から20代前半までの多感で、情報収集に敏感、直情的に…

+1

人の顔が見えるもの

今年は野菜や果物、水産畜産を撮り続けて、この年齢まで知らなかった知識を得られることの特典に恵まれていると言っても過言ではありません。 例えば人参。人参に適してい…

+1

それぞれの映画

先日、萩での撮影と撮影の合間、インターバルが4時間以上もあり、スタッフからの発案で期せずして映画館での映画鑑賞を選択することにしたのです。 当日ラインナップのスケ…

+2

触れてほしい人間賛歌

『ヴィム・ヴェンダース レトロスペクティブ ROAD MOVIES/夢の涯てまでも』 本年11月から東京、名古屋、大阪の劇場にて下記の 10 作品が一挙公開されます。 『都会…

+1

自己表現と珈琲

数年前に主催していた単館系映画上映のシネマクロールの上映イベントで、スネークマンショーで有名な選曲家の桑原茂一さんを下関にお招きしての折、ざっくばらんに最近の社…

+1

頑張る日本人

私たちが日頃から口にする二文字熟語の多くは明治以降の表現であることはあまり認識がないかもしれません。 英語訳をニュアンスとして受け止めて、それらしき造語とするの…