見出し画像

【働き方改革】ってなに?もしかしたらその会社ブラックかも!!

働き方改革って聞いたことありませんか?


会社員の人や、派遣の人、アルバイトの人など、
雇用状態が違う人の格差をなくそうってのがこの制度になります。


でも、働き方改革ってわかるけど、
具体的にどこが改善されたの?????


って人は意外と多いはず。

今回はサクッとそれについてまとめてみました



▶【有給は必ず取れる!】

画像1

有給が10日以上溜まっている人は、年間5日以上の有給を必ず取ること」
※2019年4月から『全企業』で開始

が法律で定められています。
有給溜まっているブラック会社のみなさん朗報ですよ。


▶【2時間残業したら帰れる!】

残業時間は原則月45時間に収めるようになりました。
※大企業:2019年4月1日から
中小企業:2020年4月1日から


大体1日計算すると、
1ヵ月の出勤回数=22日=45時間
つまり、残業時間は1日2時間くらいってことです。


ただし、残業で生活費を稼いだ人にとってはキツイお話ですよね…
副業でも初めて見てください。

>>1時間の初心者でもカンタンにできるブログの開設方法



▶【悲報】同じ業務場合:中学生のバイトと社員も同じ給料

画像2

責任の違いがあるから一概には同じとは言えませんが、
アルバイトと正社員でも同じ給料が払われます
※大企業:2020年4月から
中小企業:2021年4月から


唯一の違いって社会保障くらいですけど
いつまで責任だけ重い社員やりますか?


▶60時間の残業は給料50%アップ!繁忙期は残業可能

※中小企業:(2023年4月から) 遅いですよねー(;^ω^)


政府に申請すれば繁忙期は、月に100時間までの残業が認められます。
でも月60時間を超えた残業は賃金50%アップになります。


【従来】
中小企業:25%アップ➡これが働き方改革で50%アップ
 大企業:50%アップ



▶仕事終わりから仕事開始まで11時間必ず空ける

画像3

働き方改革で11時間は必ず時間を空けるようになります。

※全企業:2019年4月から


「社員に寝る時間を与えるように」っていう制度ですが、
これが今になって重視される昔の会社とは…。



▶まとめ(現在の使える制度+将来的に使える制度)

画像4

残業代がない分、給料は下がりますね。
基本給を上げればいいのですが、現実はそうもいきません。


そのために副業ブロガー始めてみませんか?
✅企画力・文章力・プログラミングスキル
色々見につくのでおススメです!

>>1時間で始める副業ブロガー(月10万は余裕)


さて、最後に働き方改革の現状をお伝えします。

【開始】
✅有給は必ず取れる!
✅大企業=残業時間1日2時間
✅大企業=60時間の残業は給料50%アップ!繁忙期は残業可能
✅仕事終わりから仕事開始まで11時間必ず空ける



【将来】
💀2020年:中小企業=残業1日2時間
💀アルバイトと同じ給料
  大企業2020年  中小企業2021年から
💀2023年:中小企業=60時間の残業は給料50%アップ!繁忙期は残業可能







この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

普段はブログ(https://atsugiblog.com/wp/)にて、無料で生活に役立つ科学的知識を紹介しています。宜しければご自由にご覧下さい。

ありがとうございます!モチベーションにつながるので本当に感謝です!
9
挫折の少ない勝ち組人生を送ってもらうために、『ブログでは言えない』情報を特別に発信中|経営者/社長|東証一部上場企業内定|科学・起業・美容・メンタル|心理学|私は頑張ろうとするあなたの味方です😊 Twitterに詳細➡(@Fallstag_Atsugi)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。