0712

7:00ごろ起床。数日ぶりに晴れ間が見えている。洗濯機を回す。福間健二特集で映画「急にたどりついてしまう」を見て買ってあった和そばで、劇中の料理を再現。ピーマンとちくわの入った焼きそばで麺が和そばだった。味付けがよくわからなかったのでネットのレシピを参考に白だしとにんにくで味付け。まずくはないが、和そばを食べる習慣もないのでもう作らないと思う。

食後、玄関ドアのそうじなど。昨日買ったはおりものを

もっとみる

仕事で本当に使える戦略分析ができるようになります

おはようございます。
すずしゃちょうです。

今回は決算書の読み方の本の要約です。

MBAより簡単で英語より大切な
決算を読む習慣

シリコンバレーの起業家が教える
世界で通じる最強のビジネス教養

著 シバタ ナオキ

日経BP社
1800円+税
299ページ
#読了 #2020年24冊目 #決算書
——————————————
■著者
元楽天株式会社の執行役員
現在はSearchMan共

もっとみる
スキありがとうございます。毎日note投稿継続中、励みに頑張ります☆
5

自分で考え行動できる子に育てよう

『モンテッソーリ子育て〜はじまりはお家から〜』
を読んで。

子どもたちが社会に出るころ、
仕事とは、

「人から言われたことをする」

のではなく、

「自分で考え仕事を生み出していく」

時代。

「自分で考える」

は、大人になってから突然できるようになるものではない。
小さい頃から

「自分で考える」

子に育つにはどうしたらいいの?

モンテッソーリ教育からヒントをもらった。

この記事

もっとみる

旬のもの、ナウいものに「粋」を見出せないのは、今、まさに目の前で消費されている感じがするから。それに合わせて生きるのは「粋」じゃないと思うだけ。 2020/07/12

近所の洋食屋さんに久しぶりに伺って、晩御飯を食べ、これまたそのお店の最寄りの普段はあまり行かない方の書店に立ち寄ったのだけど、ボケーっと棚を見ていたら、いつの間にか娘たちは欲しい本を抱えてやってきた。

 店頭に立っている際、子どもが買ってほしいとねだった本を、親御さんが「それはちょっと難しから、もう少し大きくなってからね」と、棚に戻す光景をたまに見ます。そのたびに、買ってあげればいいのに。と、思

もっとみる
めちゃ嬉しい、また書くから読んでください
2

牡蠣であたった😭

おはようございます😃

高校生日記 ユウです
今回は久しぶりに実家に帰ってホタテ、牡蠣などの
海鮮系BBQをした時の話です。
昔から牡蠣が苦手でホタテばっか食べていたら、
牡蠣も食べてみろと言われたので挑戦してみましたそしたら普通に美味しく食べれて驚いた自分は調子に乗ってもう一つ
でかいのを食べたのが原因かなと今思えば思う。
その日の夜は何事もなく寝れたのですが、なんか
気持ち悪いと思い朝4時に

もっとみる

『脳はいいかげんにできている その場しのぎの進化が生んだ人間らしさ』

ほぼ毎日読書をし、ほぼ毎日「読書ログ」を書いています。353冊目。

『脳はいいかげんにできている その場しのぎの進化が生んだ人間らしさ』
(デイヴィッド・J・リンデン)

神経科学者による脳のお話。

脳の進化の流れから、発生、構造、そして様々な機能についての解説となる。目次はこのような感じ。

第1章 脳の設計は欠陥だらけ?
第2章 非効率な旧式の部品で作られた脳
第3章 脳を創る
第4章 感

もっとみる
毎日書いてます。すごく励みになります!
4

愛情表現。

女性はセックスをした後は、元気になれますし、それがとても心に残る気持ちの良いセックスだと、さらに免疫力が上がり、風邪は引きにくくなったり、気分がポジティブに穏やかになったりされますから、本当にセックスが上手な男性を選んで、付き合っていただきたいと思います。

そのうえ愛情表現が多彩な男性で、自分自身を大事にしてくれる人と付き合えば、もれなく綺麗になっていきます。美肌効果、なんてつまらないキャッチコ

もっとみる
ありがとうございます。
22

チップ習慣に納得と違和感 『現代メキシコを知るための70章』国本伊代編著(評論 2019)

「〇〇国を知るための○章シリーズ」の、メキシコ版。メキシコに興味を持った人に、この国の歴史から現代政治、経済、文化まで、要点を解説してくれる本。

メキシコのスーパーでは、買った商品を袋詰めしてくれる人がいる。レジカウンターの先で待ち構えていて、こちらから頼まなくても勝手にどんどん詰めていく。高校生くらいの若者もいるけれど、高齢者が目立つ。

さて、この国にはチップの習慣がある。当然、袋詰めの彼ら

もっとみる
muchas gracias!
2

手紙は上手く書けないし、香水は使いきれない

#推薦図書 #読書感想文

本だけはどんなジャンルも無限に買ってもらえる家だった。

人生で初めて読んだ恋愛小説は"ラストノート"だった。

ぶ厚い時代小説に挟まれていた、本屋で発掘した一冊。淡い水色にしんしんと降る雪の表紙に惹かれたんだったと思う。たぶん。

ストーリーは、スタンダードな恋愛小説。彼と、久々に再会した幼馴染み。彼のことを忘れられない元カノと、その元カノを一途に想う会社の後輩男子。

もっとみる
ありがとうございます。ゆっくり寝てくださいね。
6

私たちは”普通”という概念に囚われすぎている。【アーモンド】を読んで気づいた「愛」の形

「大学を卒業したら就職する」

「社会人になったら3年は続けるべきだ」

就職前に幾度となくこんな言葉を耳にしました。

こんな、誰が決めたのかわからない”普通”という概念に振り回されて私たちは生きています。そして、世間一般の”普通”から外れると、「あの子は変わっているね」とかちょっと特異的な目で見られるのです。

今深刻ないじめ問題も、同様に「他の人と違う」というだけでそのターゲットにされること

もっとみる