かんじい

駆け出しはレコードレーベル。まだCDではなく塩化ビニールから音が出ていた。 レーベルが潰れて出版社に拾われる。「アリス」の解散コンサート写真集が最初の仕事。 その後SPの仕事を飽きもせず。でも、毎日好きな本を読んで、美味い酒を飲むのが今の仕事。

in the heat of summer....

時が過ぎていくんじゃない。 今が、その次の今が、にぎやかに連なっているだけ。

ぼくの好きな煙突の向こうに夏の峯。

おおおっと黒雲沸き上がり残り物のピッツァ分け合う朝。 ご馳走様でした。

物語は本の中だけにあるんじゃないんだな。

カバー・イラストに見入る夜。Etta Jamesを聴きながら最初のページをめくる。 『チャリング・クロス街84番地』へレーン・ハンフ篇著/江藤淳訳 中公文庫のカバー・イラ…

神田小川町の歯医者さんの後は、東京駅大丸デパ地下なのだ。

家人のリクエストは赤飯弁当。ぼくは頑なにシウマイ弁当。東京駅構内には星の数ほどお弁当屋さんがある。 京葉線ホームへ向かう間に崎陽軒のシウマイ弁当なら幾つだって買…

土曜の朝はサラダが主役。

いろいろサラダをボンッてのっけてガブリッ! ご馳走様でした。