ライター・矢島 美穂|じぶん実験室

ライター|Kindle or 商業出版目指して種を蒔く2024|日々の気づきと手帳の話…

ライター・矢島 美穂|じぶん実験室

ライター|Kindle or 商業出版目指して種を蒔く2024|日々の気づきと手帳の話|7歳と10歳の姉妹の母|活動量多めの人間です

マガジン

  • 一粒万倍部|吉日×自分との約束=チャンスをつかむ!

    「一粒万倍部」は、吉日を行動のきっかけにしたい人々のゆるやかな集まり。 こちらのクラブマガジンでは、小さく動きだすためのちょっとしたヒントを月2本程度配信します。

  • ワクワクの伝播|じぶん実験室

    ワクワクのおすそ分けを、あなたにも。

  • たくさん読まれたnoteたち|My Best note

    「たくさんの方に読んでいただけたnote」「たくさんのスキをいただいたnote」を集めた、My Best noteたちのまとめです。

  • 手帳Project|じぶん実験室

    手帳の使い方やアイデア、レシピ、内省など、手帳での実験の様子をお伝えします。(自分軸手帳、ラコニックマンスリーレフト、FOCUS EITO、SUNNY LOG NOTEBOOK)

  • 読書Project|じぶん実験室

    読書記録、本から得た気付き、手帳×本での実験の様子をお伝えします。

最近の記事

  • 固定された記事

はじめに|じぶん実験室の道案内

ライター・矢島美穂が主宰する「じぶん実験室」へようこそ。 この記事では、この「じぶん実験室」の全体像をご案内します。 あなたの実験室巡りの地図としてご活用くださいね。 About■「じぶん実験室」とは 2021.12~WordPressで自作したオリジナルサイト「じぶん実験室」を立ち上げました。 → 2023.07に、noteにアーカイブ用アカウントへ移行いたしました。 ▼2021.12~2023.07までのじぶん実験はこちらから https://note.com/j

    • 知識ゼロから3週間でNotionをそこそこ使えるようになった43歳の話

      Notionってご存知ですか? ずっと興味はありつつも、「下手に触ったら爆発するのでは……」なんて思っている人、いるかもしれません。 ――他でもない、かつての私のことなんですけどね。 ちょっと興味が盛り上がり、なんとなく本を買ってみたのは昨年の5月のこと。買って満足したまま熟成発酵させること9カ月。だって、分厚いし。だからってよくわからず触ったら爆発しそうだし(2回目)。 やがて、もはや積読に罪悪感を抱くこともないほどに、Notionのこと、忘れ去ってしまっていました。

      • 一粒万倍部vol.7|チャンスを逃さない自分であるためのマイルール③

        「吉日×自分との約束=チャンスをつかむ!」を合言葉に、行動力にエンジンをかける「一粒万倍部」。 「一粒万倍部クラブマガジン」では、前回から3号連続でチャンスを逃さない自分であるために、私が決めた3つのマイルールをご紹介しています。 今日はそんなマイルールの3つ目。 ぜひ最後までお付き合いください。 ▼過去に2つのマイルールをご紹介しました! はじめに2024年3月の天赦日&一粒万倍日は以下の通り。 3月2日(土) 一粒万倍日 3月10日(日) 一粒万倍日 3月15

        有料
        300
        • 片付け下手が、本の言うことを聞いてみたら|洗面台編

          片付けが、苦手です。 お客さまが来ると「わぁ~おしゃれですね!」「居心地がいい!」と言われます。が、それは世を忍ぶ仮の姿……。 「誰かが来る!」となると、焦りで思わずイライラしながら片付ける。 毎晩寝る前に散らかった部屋を見て子どもを怒鳴り飛ばして、文句を言いながらベッドに入る。 何度も片付けにトライしたものの、数日後には結局リバウンド。 そんな自分に、ほとほと嫌気がさしていました。 ところで、私、アウトプットするために行動する人間です。 誰かに伝えたくて、取材に行っ

        • 固定された記事

        はじめに|じぶん実験室の道案内

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 一粒万倍部|吉日×自分との約束=チャンスをつかむ!
          ライター・矢島 美穂|じぶん実験室
          ¥500 / 月
        • ワクワクの伝播|じぶん実験室
          ライター・矢島 美穂|じぶん実験室
        • たくさん読まれたnoteたち|My Best note
          ライター・矢島 美穂|じぶん実験室
        • 手帳Project|じぶん実験室
          ライター・矢島 美穂|じぶん実験室
        • 読書Project|じぶん実験室
          ライター・矢島 美穂|じぶん実験室
        • Book Review 「たくさん読むよりじっくり読みたい」
          ライター・矢島 美穂|じぶん実験室

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          Book Review・番外編|「先送り0(ゼロ)」×「ソース」って相性抜群なのでは!?

          昨日更新したBook Review「先送り0(ゼロ)―「今日もできなかった」から抜け出す[1日3分!]最強時間術」。既にたくさんの方にお読みいただきうれしいです。ありがとうございます! 光栄なことに、Xでは著者のお一人・jMatsuzakiさんにリポストもいただきました! で、ですね。 なんとなく……予感はしていたんですけれども。 もしやこの「先送り0(ゼロ)」って、私が昨年からものすごく影響を受けている某書籍との相性が、ものすごくいいのでは!?と気づいてしまいました。

          Book Review・番外編|「先送り0(ゼロ)」×「ソース」って相性抜群なのでは!?

          Book Review|先送り0(ゼロ)―「今日もできなかった」から抜け出す[1日3分!]最強時間術

          いきなりですが、問題です。 今日の次にやってくるのは?――きっと「明日」と答える人が多いでしょう。 でも、正解は「今日」。 私たちの前にやってくるのはいつも「今日」。 ところが、今日がやってくると、私たちはいつも「明日」を見据え始める。 その「明日」はやがて今日になるのに。 私たちが生きられるのは、「今日」しかないはずなのに。 「今を生きる」ってなんだろう? どうやって今を生きたらいいんだろう? その手掛かりをつかみたくて手を伸ばしたのが「先送り0(ゼロ)―「今日もで

          Book Review|先送り0(ゼロ)―「今日もできなかった」から抜け出す[1日3分!]最強時間術

          ラクなのはどっち?「胃カメラ、口からor鼻から」問題

          あなたの胃カメラは、口から?鼻から? ――私は鼻から!(←今年は) 昨日、人間ドックに行ってきました。 最大のハイライトは、やっぱり胃カメラ。 憂鬱ですよね……。 私事ですが、昨年(当時42歳)からバリウム→胃カメラに切り替えました。 胃カメラと言えばきっと多くの人が迷うのは、「口から?鼻から?」問題。 つらい、苦しい……が前提とはいえ、少しでもラクな方を選びたいのが人間の性ってものです。 ちなみに私、昨年は口から。 そして今年は鼻から。 ということで、両方のタイプを経

          ラクなのはどっち?「胃カメラ、口からor鼻から」問題

          書くほうの人生を歩み続けるための、2日間18時間。|さとゆみビジネスライティングゼミ東京道場

          2日間でどっぷり18時間。「東京道場」とは?先週末に参加したのは、「さとゆみビジネスライティングゼミ東京道場」。 ライター・佐藤友美(さとゆみ)さんから書くことについて教わるこの道場、なんと2日間で18時間というどっぷり感!しかもオフライン(つまり対面)!贅沢の極み!!! ◎リベンジ企画=東京道場 実はこの講座、今回初めての企画。 さとゆみさんは元々、週に1回×3カ月、オンラインで「さとゆみビジネスライティングゼミ」という講座を開催しています。かくいう私も、2024年

          書くほうの人生を歩み続けるための、2日間18時間。|さとゆみビジネスライティングゼミ東京道場

          Profile|読者に新しい眼鏡をサッと差し出したいライターです

          \インタビュー連載経験あり、さいたま市内60件以上の取材実績/ こんにちは、ライターの矢島美穂(やじまみほ)です。 1980年生まれ、埼玉県出身、さいたま市在住。 2人姉妹(現在小学生)を育てながらライターとして活動しています。 * * *   読者に新しい眼鏡を サッと差し出したいライターです どうぞお見知りおきを。 【1.経歴と実績】■主な経歴◎学歴および職歴 ●1996年 埼玉県立川越女子高校入学 ●1999年 慶應義塾大学理工学部学問5 入学 ≫ IE(

          Profile|読者に新しい眼鏡をサッと差し出したいライターです

          見えないけれど、きっとある

          「ママ、人間の受精卵ってどれくらいの大きさか知ってる?」 小学2年生の次女がクイズを出してきた。 我が家はコロナ禍のstay homeの時期に性教育に取り掛かった。「外に出られず自然に会話が増える今がチャンス!」と考えたからだ。長女が小1、次女が年中の時だった。その時に買った子ども向けの本を、そういえば最近彼女はよく読んでいる。 性についての会話をオープンに、日常にちりばめたい私は、「しめしめ」と思いつつ会話を膨らませた。すると、彼女の知識は私よりもずっと正確だった。「胎

          見えないけれど、きっとある

          一粒万倍部vol.6|チャンスを逃さない自分であるためのマイルール②

          「吉日×自分との約束=チャンスをつかむ!」を合言葉に、行動力にエンジンをかける「一粒万倍部」。 「一粒万倍部クラブマガジン」では、前回から3号連続でチャンスを逃さない自分であるために、私が決めた3つのマイルールをご紹介しています。 今日はそんなマイルールの2つ目。 ぜひ最後までお付き合いください。 ▼1つ目のマイルールはこちらでご紹介しました! はじめに2024年2月後半の天赦日&一粒万倍日は以下の通り。 2月19日(月)一粒万倍日 2月24日(土)一粒万倍日 一

          有料
          300

          一粒万倍部vol.6|チャンスを逃さない自分であるためのマ…

          毎日学校に行かない子がいるけれど、それまでよりいい仕事できたら、カッコよくない?

          子ども二人が不登校気質。――もしあなたがそうだったら絶望しませんか? 私はしました。 子どもの心配もさることながら、私、もう行き止まりじゃん、とも思いました。 ――でも、それって本当? * 現在小2の次女は、入学直後のGW明けから、毎朝私が同伴して登校しています。それまでは行けてたんです、一人でランドセル背負って。それが連休明けた瞬間に、行き渋り始めた。それはもう、鮮やかな「THE 五月病」っぷりでした。 そんな様子を見ていた同じマンションの先輩ママさん(娘ちゃんは小

          毎日学校に行かない子がいるけれど、それまでよりいい仕事できたら、カッコよくない?

          これまでたくさん読まれた&たくさんスキをいただいたnoteたちをマガジンにまとめました! 私にとってのBest版です。(今後随時更新……多分!) ぜひご覧ください♡ https://note.com/mihoyaji/m/m26f70295935e

          これまでたくさん読まれた&たくさんスキをいただいたnoteたちをマガジンにまとめました! 私にとってのBest版です。(今後随時更新……多分!) ぜひご覧ください♡ https://note.com/mihoyaji/m/m26f70295935e

          2024.02|1年前のツイートから変化幅と未来へのヒントを確認する

          11月から、1年前のツイートを手掛かりに、この1年の変化幅を確認したり、今年に活かせるヒントを発掘したりしています。 ――正直、そこまでニーズがある企画ではないことは自覚しておりまして、どちらかというと自分のための話なのですが。それでもリマインドされることでビビッとくることも多いので、淡々と続けます。(笑) たまに役に立つこともいいますよ(多分)。 それでは、1年前の2月を振り返りー。 世の中が大きく変化した瞬間!1年前は、まだマスクがデフォルトだったのか……👀 毎

          2024.02|1年前のツイートから変化幅と未来へのヒントを確認する

          一粒万倍部vol.5|チャンスを逃さない自分であるためのマイルール①

          「吉日×自分との約束=チャンスをつかむ!」を合言葉に、行動力にエンジンをかける「一粒万倍部」。 今回の「一粒万倍部」クラブマガジンは、 ✓ 優柔不断で出遅れる ✓ 周りの動きを見てから自分の動きを決めがち ✓ 時を待ちすぎる ――そんなあなたへ。 チャンスを逃さない自分であるために、私が決めた3つのマイルール。 今日はその1つ目をご紹介します。 ぜひ最後までお付き合いください。 はじめに2024年2月の天赦日&一粒万倍日は以下の通り。 2月7日(水)一粒万倍日 2

          有料
          300

          一粒万倍部vol.5|チャンスを逃さない自分であるためのマ…

          Book Review|神さまたちの遊ぶ庭

          読んだ人が、みんなこの本を大好きになってくれる。 だからぜひ読んでほしい。 ――著者自らそんな風に表現する本って、なかなかない。 そして、まんまと私も大好きになってしまったのが、「神さまたちの遊ぶ庭」。 著者の宮下奈都さんの代表作と言えば、本屋大賞も受賞し映画化もされた「羊と鋼の森」。まさに私が「じぶん実験」を始めた3年ほど前、この1冊をきっかけに宮下さんワールドにどっぷりはまった時期があります。が、その時は「神さまたちの遊ぶ庭」は読まなかったんです。図書館で見当たらなか

          Book Review|神さまたちの遊ぶ庭