わたしという生きもの。

わたしが何者か???

プロフィール見ててもなんのこっちゃわかりませんよね。

個人的な活動として思いつくのだと・・・

バンド muupeas のKEY BOARD, GUITAR, 作曲・作詞 担当 

映画「飢えたライオン」脚本 

(バレンシア国際映画祭(CINEMAJOVE)にて「最優秀脚本賞」と「若手審査員賞」、プチョン国際ファンタスティック映画祭にて、「NETPAC賞(最優秀アジア映

もっとみる

■59章■自分が考える仕事論とは?

社会人になり働き初めて、はや7年目。

自分は今は毎日仕事が楽しくて仕方ない!仕事が好きだ!

なんで仕事が好きなのか?仕事ってそもそもなんだろう?

仕事の漢字の語源は「人を支える事」です。今の仕事が誰にどんな役に立っているか考えられてますか?

仕事とは●●だベスト7!!!を考えましたので、参考程度にどうぞ!

①仕事とは、、人生の空間、時間、人間関係、気持ちを占有している

仕事にどれだけの

もっとみる

25歳フリーランスが思う"仕事ができる"の意味

「この人はできる人だなぁ。」

フリーランスになって1年半が経ち、今まで本当にいろんな方と仕事でご一緒することがありました。今も本当に人に恵まれていて信頼できる仲間がいることを実感してます。

その中で、ふと思う時があるんです。「すごい、この人はできる」って。もちろん、逆に申し訳ないが一緒に働いてて辛い人もいます。

その差ってみなさん考えたことありますか?
私なりに考えたのがこの4つの特徴です。

もっとみる

なぜ仕事を毎日するのか?

今日、ふと思ったので、少し書きたいと思います。

小さいころから、夢で大人になったら~な人になりたいと考えている人はいるでしょう。

しかし、実際に夢を実現できる人がどれくらいいるのでしょうか?

それに、そもそも、具体的に~職といったように、職業に就くことをイメージしていたわけではない。

私は少なくともそうでした。

現在の私は、いろいろやってみて、たどり着いた結果として、今の職業に就いていま

もっとみる

39度の発熱なのに・・・

今日(正確には昨日)、僕の同僚が39度の熱が出たので会社を休んだ。先に結論から言うと新型コロナウィルスではなくて、おそらく精神的なものからくる発熱だったようです。

普通なら「お大事に」「今日はゆっくり休んで」となるところなのでしょうが、本日その同僚は会社のとある重要な行事で進行役をすることになっており、休むとなると誰かが代役をしなければならない・・・

代役はすぐに決まったものの、進行の段取りは

もっとみる
ありがとうございます!
2

「苦手なこと」に、意外とプロへの近道があるかもしれない説。

仕事にするなら「苦手なこと」を選ぶのはやめなさい、とよくいわれる。「苦手」なのだから不利に決まっている、というのがその“こころ”だが、ほんとうにそうだろうかと、ときどき思う。世の中には、苦手だからこそわかることもあるからだ。

ぼく自身でいえば、長いあいだ編集者として本をつくってきていて、自分の本も出しているせいか、はじめて会った人から「きっと子どものころから本好きで、読書家だったのでしょうね」な

もっとみる

37.トップセールスになるには

バスケなどの部活で試合に向けて練習する人がほとんどなのに、

営業で「練習」する人が少ないのはなぜだろう。

スポーツも営業も同じではないのだろうか

どの営業の本に書いてある内容は同じ
└体系的に言語化されているスキル
└共通の型がある

スキルを身につける動きをすれば、
誰でも営業で成果を出すことができる。

■企業に対する情報収取

・事業内容
・社員数
・全国の事業所や活動エリア
・売上の

もっとみる
スキありがとうございます!!
6

考えるということ

社会人10年目になると、若い(もう若くはないか)なりに色々な経験をしてきたわけ。そうすると、1年目、2年目よりも色々なシュミレーションをしながら仕事をするようになってくる。嫌でも。

つまり、紛いなりにも考えながら仕事をする。いいね、素晴らしい。そういう人好きよ。

と同時に、考えが保守的に偏りつつあることを強く感じる。メリット/デメリットを天秤にかけて、デメリットが少なくなるように、混乱が少なく

もっとみる

在宅勤務の本質

コロナウイルス、怖いですよね。毎日感染リスクと隣り合わせで出社する現状を変えるべく、大手企業が率先して在宅勤務を導入し始め、オフィス廃止の兆しが見えてきました。

中には自身が勤める会社が在宅勤務に対して積極的ではないケースもあると思います。ただ在宅勤務を実施できない(あるいはさせない)と言うことだけで不満を感じるのは待って頂きたいのです。今回は在宅勤務とはなにか、在宅勤務の必要性について考えてい

もっとみる