阪本啓一(JOYWOW)

ビジネスの世界に「JOY+WOW+LOVE and FUNの総量」を増やしたいクリエイ…

阪本啓一(JOYWOW)

ビジネスの世界に「JOY+WOW+LOVE and FUNの総量」を増やしたいクリエイターです。ブランド・クリエイションブティックJOYWOW創業者。シングルマザー就労支援をミッションとするNPO法人JW-UP(ジョイワウアップ)理事長。僕のnoteは全て無料です!

最近の記事

  • 固定された記事

マーケティングはストーリーなので、魅力的な文章が必須

10月からMAIDO beingが始まる。 あらためて塾生には読書をおすすめしようと思ってます(あと数名お席ご用意できます)。 商いは、ストーリーで始まる。 なぜなら、「関係」を結び、「関係」を耕すのが商いだから。商品(製品・サービス)は「関係」よりあと。 ・・・ここですでに「わからない」という人が出てくる(笑)。抽象的だから。 しかし、抽象と具体を行ったり来たりするのが商いの実践で、そこがわからないと、儲かる商いを作れない。 そして抽象的思考は読書で育まれる。商い

    • 氣を下に置く

      「これぜんぶ、済んだ話やん」 初めてニューヨークへ観光行った時、メトロポリタン美術館で感じた。 「一日では回れませんよ」という話だったが、10分で飽きた。 美術は好きだ。でも、博物展示物は興味ない。「燃えないゴミの集まり」としか、見えない。 ぼくにとって、「いまの自分にどう生きるか」のリンク張れないと、意味が出てこない。 南禅寺三門。 楼上へ上がった。急な階段をえっちらおっちら。 特別に中にも入れていただいた。釈尊像、十六羅漢像、家康像、高虎像、天井の極彩色画by

      • 裸の心

        波平さん、屋台で飲んでる。 ふと横見ると、コの字を横にした木枠が。 「なんですか、あれ」 屋台のオヤジさん「孤独を愛するお客さんもおられまして・・・」 古い初版本。寝る前にページ開いてる。 波平さんのエピソードで思い出したのがコロナ前のこと。 懇親会が盛り上がって、このまま解散は寂しい。次、ラーメンでも食べて帰ろうぜ「おー!!」歩いてて、あった。 「ここ、ラーメン屋だよね?」 「おーーー!!」 入った。 なんと! 一人ひとり仕切られてる「集中席」というではないか。 オ

        • 氣の経営

          ぼくの経営スタイルは「氣の経営」と今朝気づいた。 合氣道との出会いはこの本から。2006年2月15日。18年前。 冷暖自知(れいだんじち) 身体ごとぶつかって、会得する・・・初めて自分のものになる。食べ物であれ、飲み物であれ、自分の舌で実際に味わわなければ、わからない。 坐禅では「冷暖自知(れいだんじち)」と呼ぶ。 冷たいも、暖かいも、自分で触らないとわからない。 経営も同じで、要するに行動することだ。パソコン画面でごちゃごちゃキーボード打ったって経営ではない。 現

        • 固定された記事

        マーケティングはストーリーなので、魅力的な文章が必須

          答え、たくさん

          ちょっとね。いま、回り道っぽいんですよ。 どうもすんなりいかない。 でも、こういうときこそ、栄養になると自分に言い聞かせてる。 老人にならない秘訣は、 自分に課題を課し続けることだと信じてる。 つまり、この うまくいかなさ は 課題を見つけろ という誰かからのメッセージなんだろうなあ。 なんかなあ。すんなりいきたいよなあ。 でも、すんなり行きすぎるとボケるんだろうなあ。 「すんなり行く」 というのは、言い換えれば、最大公約数になるということか。 それ

          答え、たくさん

          話にも鮮度がある

          話にも鮮度がある。刺し身と同じ。 ネコリパ10周年記念パーティでスピーチした。大事なお役目なので、事前に何度もリハーサルしてた。 これがいけなかった。伝えたい内容は外さず言えたが、言ってる自分に鮮度がない。鮮度ないと自分が楽しくない。みんなは気づいてないのだが、ぼくはすべて「自分のためにやる」ポリシーなので残念。 人様の前でお話してギャラをいただく仕事、25年になる。その前の旭化成副業時代入れると30年近い。何度も「鮮度落ち」体験してきた。 同じネタでも、繰り返すと、

          話にも鮮度がある

          **バカが、現実を変える

          カバは性格歪んでると思う。 何もしてないのに、いきなり後ろ足で立ち、ぼくに殴りかかってきた。 ぼくは宙に浮かんでいて、カバを避けようともう少し上に上がろうとした矢先。これで目が覚めた。 カバがイマイチよーわからん、という人のために 空飛ぶ夢をよく見る。 揚力は両手を平泳ぎみたいに掻くことで得られる飛行法だから割と疲れる。 風に乗ってしまえばあとは自然に飛んでいくのだが、市街地ではなかなか難しい。人の目もある。 葉山だろう、なじみの海岸を飛ぶのは気持ちよかった。ただ

          **バカが、現実を変える

          めぐりゆく循環

          ふぅ。 オンラインバンキング(ペイジー)で納税。 消費税、法人税など。 銀行店舗ATMから現金引き出し、窓口で納税していたこともあった。 その方が札束触る。「痛み」感じる。だからいい、と思っていたが、なにしろ物騒だ(笑)。 それと、そのころのぼくは「納税」を「痛い」と思ってた。 非対称だったんだね。 つまり、「税金を取られる」という考え。 いまは違う。 納税できるってことは、商いの算数が及第点もらったことであり、かつ、会社ってのは社会に「生かされている」生物だから、そ

          めぐりゆく循環

          なぜ『ゴールデンカムイ』が2700万部も売れているのか

          謎はこの記事の最後に明かされます。 グリーンランドで最初の雨が降ったのは、2007年冬。これで氷が溶けちゃった。 地表はすべて氷、土壌がない。氷が割れたり溶けたりすると、岩盤が表れる。つまり、植物がない。だから農耕という発想が出てこない。イヌイットは冬にアザラシを一年分獲って備蓄し、それで生きてきた。家の前に置いておけば良かったのが、温暖化で腐ってしまう。だから冷蔵庫買わないといけなくなったらしい。 いまやATMもあるし、スーパーマーケットもある。どんな小さな集落へ行っ

          なぜ『ゴールデンカムイ』が2700万部も売れているのか

          起点が大事

          着信してた。知らない番号。 検索。 「マンション経営の営業」らしい。 早速「着信拒否」とした。 電話かけてきた人の行動起点は「自分の欲」だ。 だから電話に出ない。 起点が大事。 起点がJOY+WOW+LOVE and FUN(愛+ワクワク+愛+楽しさ)であれば、うまくいく。お金は結果、ついてくる。 顧問税理士さんから決算報告いただいた。JOYWOWは元旦から大晦日が年度なので、今月は決算&納税(消費税+法人税等)月。 起点をJOY+WOW+LOVE and FU

          空、見よう

          奥さん 「ディズニーランドのお土産にもらったんだけど、あなたの方が女子力高いから、あげる」 なんで?(笑) でも、もらった。何に使おうか楽しみ・・・という時点で女子力なのか? 令和の時代に「女子」とか言うと「不適切にもほどがある!」のか? さて、今朝驚くニュースが飛び込んできた。 ボディショップ(の英国)が破産手続きに入ったそうだ。 エコノミストのメルマガで The British arm of The Body Shop, a cosmetics and s

          プラクティスのギフト

          ぱっと開いたページの言葉を一日の行動指針にしている。 この3年、出張中除けば毎日。 つまり、ぼくの行動指針はZEN。 ZENは行動するためのこころの構え。 今朝はこれ。 タイトル「プラクティスにおけるミス」 イタリック体の文章を訳すと; ここでいう「プラクティス」とは、たとえば坐禅などを指す。 ぼくは商いや仕事を「プラクティス」と考えている。 商いだから「欲」はついて回る。 でも、欲を出すと失望する。 そうではなく、なぜ商いや仕事をするかというと、自分の中にある弱

          プラクティスのギフト

          日本というイノベーション

          この春は、桜でも見にいくか 京都の定宿を検索し、腰抜けた。 232,863円 303,312円 この二択しか、選択肢ない。 ここは昔からよく知ってる。昨秋、妻がネックレスをもつれさせ二人でなんだかんだやったホテルだ。 これはあかん。 まともな日本人は無理だろう。 円安見込んだ外国人に向けたプライスと見た。 他の京都のホテルも軒並み外国人向けプライスで、この日はあきらめた。 桜シーズン外すしかないね。 かと思えば国の借金が最大1286兆円とな。一体何やったらこ

          日本というイノベーション

          金運を引き寄せる

          お金そのものよりも、金運が大事。 金運はどうすれば身につくか。 一万円札を水で洗ってもあかん(笑) 金運に限らず、すべて運というものを開くには行動だと信じてる。 行動の数増やせば確率高まるから。 たとえば、宴会のある日は千円札を多めに用意する。自分が幹事ではなくても。 会費5500円なのに1万円札出された幹事さんをヘルプできる。小銭も用意する。これも行動。 ネコを救う活動しているネコリパブリック。能登半島地震被災地のネコたちを救うため、現地へ出動した。費用はすべてネコリ

          金運を引き寄せる

          価格を発明する

          ユニクロのセルフレジは不愉快にならず、むしろ気持ちいい楽しいのに、セブンのセルフレジでは不愉快になるのはなぜだろう。 違いは、ユニクロでお会計すると「えっ!? こんなに安くていいの?」とまずその安さに驚き、安い理由は自分もバリューチェーンの中に入っているからだとわかる。 バリューチェーンというのは、(0)原材料を調達、(1)原材料からシャツへと製造、(2)店舗に届け、(3)棚に並べ、(4)顧客が手に取り、レジへ持っていき、(5)決済する、という一連の流れをいいます。 こ

          価格を発明する

          連想ゲーム

          こんなんあった。早朝。 どんな物語の結果、こうなったのだろう。 ここから物語を紡ぐと、主人公のペルソナは? マーケティングやってると、つい、そういう視点で見てしまう。 マンション玄関前だから、昨夜遅く酔っ払って帰宅、つい落としてしまったのかもしれない。誰? 男性かも。何の仕事してる? 年齢は? ストーリーを想像するのが楽しい。 落ちたスカーフから何を連想するか。 映画『アラビアのロレンス』。 1962年の映画だが未見だった。 ドラマ『VIVANT』を思い出す砂漠