ぼくのこと、仕事やこれからについて

こんにちは、yuyuです。

今回はいつもの記事とは異なり、改めてぼくの自己紹介を兼ねた記事を投稿しようかなと思います。
1番はじめの投稿でも触りは語りましたが、あれは割と勢いで作成したこともあり雑だったので、もう少し具体的な自己紹介を。笑

ぼくは、現在26歳の埼玉在住のしがないサラリーマンをしています。
大学卒業して人材会社に新卒で入社、営業職に従事して現在3年目です。

営業職といってもBt

もっとみる

手を動かせる人が有利な時代がやってくる

この間、こんなツイートを見かけました。

働き方は頭脳労働と呼ばれるホワイトカラーと肉体労働と呼ばれるブルーカラーに大きく二分され、ホワイトカラーの方が年収が高く「優位」の業種というのが現状です。しかし「個人の時代」の到来によって実際に手を動かしてモノを作れるブルーカラーが優位になる可能性を感じ始めました。

ホワイトカラーは勝者総取りが可能

何層にも重なる下請けや管理職に対する平社員の比率、仕

もっとみる

抜擢人事の意図を理解、納得する

松下幸之助 一日一話
12月 7日 抜擢人事には介添えを

先輩が多くいるにもかかわらず、その後輩の若い人を抜擢して上のポストにつけるという場合があります。そういう場合には、単に辞令を渡して“今度A君が課長になった”と発表するだけでは具合が悪いと思います。そんな場合には社長が、その課の一番古い先輩に、課員を代表して「われわれは課長の命に従い頑張ります」というような宣誓をさせるなりなんなりして、はっ

もっとみる
本物を見る目がある!!ありがとうございます!!
2

「会社辞めます」と表明してから今日まで。

この1週間は、ほぼ仕事に手がつかない状態だった。

というのも週の頭、上司に「来年3月までに会社退職します!」宣言をしてしまったからだ。

朝バスに乗ってる時は大体寝ているのだが、この日は違う。

「言うべきか言わないべきか」をずっと考えていた。

しかし、自分のブログにより4年前と変わらない状況を認識していたから「ここでいうしかない」という結論に至った。

問題は、いつ、どのように言うか。

もっとみる
今日もいい1日でしたね!
8

今さら聞けない!?面接の常識・非常識

意外と知っているようで知らないことが多い

面接で緊張をしない人はいません。
また、緊張しない人というのは信用できません。
初対面で自分のアピールをしなければならない。

ここではあくまでも一般的なケースについて、
数回に分けて触れていくことにしています。
これを基本にして自分なりの教科書を作ることをオススメします。

訪問から面接まで

退職をしていないかぎりですが、仕事のスケジュールが直前まで

もっとみる

ロジック、ファクト、数字で人を巻き込め

労働環境が一気に変わってきた

電通事件以降になりますが、働く環境が一気に変わってきた。

それまでは製造業型ロールモデルを使って、長時間労働が当たり前、残業代で年収アップという時代であった。

それがサービス業型ロールモデルへと変化をしたことによって、生産性を追求していくことになり、長時間労働は悪という公式が成り立ってしまっている。

働き改革についてはいろいろな問題が複合的に解決されなければな

もっとみる

人事が人材の墓場と言わせない!3つの方法

人事は常に人の事を考える

人事という仕事は採用、労務管理、人材開発、給与関係などいろいろな専門職にわけられる。

大手企業になれば業務が縦割りになっているから、チームごとに職務をおこなっていることがほとんどです。

しかし中小企業では、1人何役もこなさなければなりません。

通常のルーティン業務以外にも、退職面談が入ってきたり、何らかの職場でのトラブルに対しても出ていくことがあります。

電話、

もっとみる

モチベーション5.0の時代〜3つのポイントで変われるチャンス!〜

やりたいこと、できること、やれる事を分けて考える

やる気と情熱がないと仕事は成功しない時代と言われています。

実際にやりたいことがあるけどそういう仕事についていない人が多く、主導権を完全に会社に握られてしまっている人が多くいます。

新しいことをやりたいと思うのであれば、独立をしてやるしか選択肢がないのでしょうか。

企業の制度をしっかりと活用して、グループ会社として立ち上げたりすることはでき

もっとみる

退職理由は人それぞれ…本音を伝えるか?建前を伝えるか?

ハラスメントで退職してしまった…

最近、増えている相談ですがハラスメント系で退職をしてしまう人が増えています。
セクハラ、パワハラについてはガイドラインができてきましたが、モラハラについてはガイドラインができていません。

退職理由を質問された時に本音で答えるのか、建前を伝えるのかで大きく印象が変わってくることがあります。
ハラスメント系での退職をしている場合、上司との関係性、同僚との関係性など

もっとみる

転職市場で人気者!レアキャラになる2つの方法

個人の時代だから、タグ付けが重要

個人の時代になり、どんなスキルを持っているのか、どんなタグを持っているのかで、あなたの市場価値が決まる。

Valueshiftにともなって、今までの価値、先入観、思い込みがまったく通用しなくなりました。

これから大手企業までも後継者不足によって倒産する可能性があるからです。

幹部候補生を育成するプラントしては、3年周期でいろいろな部署へ異動させるケースが多

もっとみる