momomi

自然と余白をこよなく愛する元ワーママ(管理職、部下有) / 新卒から20年近く勤めた外…

momomi

自然と余白をこよなく愛する元ワーママ(管理職、部下有) / 新卒から20年近く勤めた外資系製薬会社を早期退職して、ただいま絶賛第二の人生模索中 / 読んだ後にスッキリするような文章が書けるようになりたいな~と思う今日この頃。

マガジン

  • 思考と行動に関する考察

    頭でっかちで、考えることが好き、行動するのが苦手な私が考える行動するためのヒントなど。 Outputや行動が苦手な人、一緒にがんばりましょう!

  • ワーママが、早期退職してみたはなし

    約20年勤めたホワイト企業を早期退職してから第二の人生が見つかるまでの、一進一退のあしあとです。

  • 会社員生活を振り返って思うこと

    会社員で良かったこと、仕事で学んだこと、ワーママの先輩として後輩に伝えたかったこと、などなど、会社員生活を通じての学びをまとめています。

最近の記事

  • 固定された記事

小学校高学年の子供のママが、なぜ会社を辞めるのか

今日は小学校高学年の子供のママがなぜ会社を辞めるのかと言う事について書いてみたいと思います。これは私のことなんですけど、もともと自分自身がもってた疑問です。 普通に考えたら、小学校高学年になったら子供ってもう大体自分のことできるわけだし、親の負担は軽くなるから仕事に本格投入できそうな感じがしますよね。実際専業主婦のお母さん方はパートで仕事を探しだすタイミングです。 保育園みたいにお世話がいるわけでもないし、なぜそこで仕事をやめる?子供が不登校になったとかで仕事を辞める必要あ

    • ネガティブ思考の使い道、今取り戻したいのはやりたいことを思い描く力

      人は一日4.5万回もネガティブなことを考えるそうです。 だからポジティブ思考って貴重なんでしょう。 ポジティブな人といると元気が出るし、前向きな気持ちになりますよね。 私自身はむかしむかし、超絶ポジティブな上司に 「お前は思考が暗いんだけど、行動は前向きなんだよな。 だから、ま、いっか。」 という謎のフィードバックをもらったことがあります(爆) 確かに落ち込むことも多く、くよくよすることははっきり言って多いですが、だからと言ってずーっと落ち込んで同じ状態に居続けるというこ

      • 猛暑の中の、小江戸川越さんぽ:歴史ある街並みと驚きのインバウンド人気

        暑い、暑い、と言いながら、猛暑のなか小江戸川越をお散歩してきました。 海外からの旅行客に川越が人気ってご存知でしたか? 私は全く知りませんでした。 海外の方に愛される首都圏近郊の観光地って、浅草や築地、渋谷のスクランブル交差点や秋葉原、公園なら新宿御苑や明治神宮、足を延ばして鎌倉じゃないの?! ***** 最初に興味を持ったのは、お知り合いの方がインバンド客を相手に川越で民泊をされている話を伺ったことです。 わざわざ外国から来て川越が滞在したいと思われる町だとはつゆ

        • 人生には余白が必要だ、と思ったウソみたいなホントの話

          昨年の6月に新卒から約20年続けた会社を辞めて、サバティカルタイム(と言う名の人生のエアーポケット)を味わっているmomomiです。 こんにちは。 前の会社では本当にいろんな経験をさせていただきました。 全く希望ではなかった技術系研究職でのスタート、 恋愛と仕事が上手くいかなくてメンタルをやられた20代、 まったく先が見えず、何がなんだかわからない日々をくぐり抜け 一念発起して、大きなキャリアチェンジを叶えたこと。 気づけば部署で初めてのママになり、不安しかない毎日を送

        • 固定された記事

        小学校高学年の子供のママが、なぜ会社を辞めるのか

        • ネガティブ思考の使い道、今取り戻したいのはやりたいことを思い描く力

        • 猛暑の中の、小江戸川越さんぽ:歴史ある街並みと驚きのインバウンド人気

        • 人生には余白が必要だ、と思ったウソみたいなホントの話

        マガジン

        • 思考と行動に関する考察
          15本
        • ワーママが、早期退職してみたはなし
          19本
        • 会社員生活を振り返って思うこと
          11本

        記事

          暑くて溶けそうなので、今年の夏バテ対策について考えてみた

          まだまだ梅雨のはずが、今日は35℃越え・・・今年の夏も暑そうですね。 すでに溶けそうになっているmomomiです。こんにちは。 夏は好きな季節のはずが、ここ例年の猛暑ですっかり嫌いになりそうです。 もはや「命大事に」がスローガンになりつつあるここ数年。 なんとか今年も乗り越えよう、ということで、いろいろと夏バテ対策について調べてみましたが、当たり前ですが斬新な解決策ってないんですね。 とりあえずこの時期はゆるーく乗り切ることにしたいと思います。 冷たいものを我慢しようと思

          暑くて溶けそうなので、今年の夏バテ対策について考えてみた

          息子の進路問題再び:中受、中高一貫女子校出身の私が振り返って良かったこと、そうでもなかったこと

          以前、あまり私が中受に乗り気じゃないという記事を書いたことがあるが、子どもは公立中でよし!と私と夫は考えていた。 だが、しかし、最近息子は公立中高一貫に興味を示している。 まさかのお友だちと一緒に受験したいそう。えー、本気?! 親としては彼の希望を無下に却下することもできず、正直困ったな~というところ。公立だから学費を理由に却下もしづらい。 とりあえず、先日学校見学には参加しました。 実は私自身は、中受→中高一貫女子校→国立理系という進路である。 たぶん受験ものはかなり上

          息子の進路問題再び:中受、中高一貫女子校出身の私が振り返って良かったこと、そうでもなかったこと

          今日は横浜そごうに「天空の贈り物」展を見に行ってきました。 なんとも幻想的な世界✨ この地球🌏に生まれて、まだまだ知らない美しい世界がこんなにあるんだなぁ。 もっと目を開いて、目に入れるものを選んで生きていきたいな、と思いました。 わがままでいいんです、きっと。

          今日は横浜そごうに「天空の贈り物」展を見に行ってきました。 なんとも幻想的な世界✨ この地球🌏に生まれて、まだまだ知らない美しい世界がこんなにあるんだなぁ。 もっと目を開いて、目に入れるものを選んで生きていきたいな、と思いました。 わがままでいいんです、きっと。

          仕事しようがしてなかろうが、私は私。そして仕事を辞めて何気に自己肯定感が上がった話。

          専業主婦だろうがワーママだろうが、私は私だ。 そう声を大にして叫びたいmomomiです。こんにちは。 私が仕事を辞めてから、もうすぐ一年になろうとしています。 そりゃもちろん、日々焦ったり悩んだりしています。 でも、実はそれは勤めていた時も同じです。 むしろもっともっと、余裕なんてなかった。 キャリアのことで悩んだり、仕事とプライベートのことで悩んだり、トレードオフに苦しんだり・・・子育てに悩んだり。 でも散々悩み、もがき、楽しい時間を過ごし、考えを新たにした今は、え、

          仕事しようがしてなかろうが、私は私。そして仕事を辞めて何気に自己肯定感が上がった話。

          危機感をあおるだけでは人の行動は促されない、本当の理由

          会社員時代にはもともと優秀なプレーヤーだった上司や同僚が、周囲に対してがんがん危機感をあおりまくっているのを「またあんまり意味がないことを・・・」と横目で冷ややかに見ていたmomomiです。こんにちは。 今日は危機感をあおるだけでは人の行動を促すには十分ではない、と私が考える理由について書いてみたいと思います。 もちろん、危機感をあおることには大事な意味があります。 だっていつまでもぬるま湯につかっていたらゆでガエルになっちゃう。 でも、危機感だけで動ける人ばかりじゃない

          危機感をあおるだけでは人の行動は促されない、本当の理由

          虹 ふたたび:私のやりたいこと

          しばらく前から、私はクロード・モネの描いた睡蓮と橋の絵をZoomの背景に使っている。ときどき背景変えようかなと思うけれど、結局この絵が一番落ち着く。 もともとモネの絵が好き。 20代の頃フランスに行ったとき、オランジュリー美術館の睡蓮の間で、その美しさと幻想的な雰囲気に圧倒された記憶がある。 ボーっと絵をみていると、自分が絵の中に引き込まれてうっかり絵の中に溶け込んでしまうような感覚。 そのまま出てこれなくなって、時間が溶けていくような感じ。 そんな時間を味わいに、もう

          虹 ふたたび:私のやりたいこと

          読書日記:「孤独の本質 つながりの力」

          孤独とつながりについて。 この二つについて全く考えたことがない人っていないんじゃないかと思う。もうコロナなんてなかったことになりそうだけれど、特にコロナ禍において考えた人は多かったのではないだろうか。 とあるオンライン講座で出会ったIT系の経営者さんは、自分の部下がコロナ禍に入ってすぐに自殺してしまったことにひどく罪悪感を抱えていた。 「一人暮らしで、急に在宅ベースの生活になって孤独だし、すごく辛かったんじゃないかと思うの」そういって泣いている彼女を見て、コロナ禍においては

          読書日記:「孤独の本質 つながりの力」

          キラキラ起業にまったく憧れない私が、自治体の女子起業支援セミナーに行ってみた

          少し前まで自分には会社員として稼ぐか、勉強くらいしか能がないと思っていたmomomiです。こんにちは。 うっかり主婦になって早一年。 最近は少しずつ、地味に新しいお仕事にむけたチャレンジ(というか可能性の探索)をしているところで、意外と忙しくしています。 もう少し形が見えてきたらnoteにも書けるかもしれません。 この一年を振り返ると、別に仕事について何も考えてこなかったわけではなくて、これまでのキャリアを活かしたライフサイエンス系の業務委託ができないかな~と考えてみたり

          キラキラ起業にまったく憧れない私が、自治体の女子起業支援セミナーに行ってみた

          新幹線通勤夫を持つ妻たちのキャリア問題

          激務系のワーママから主婦になってもうすぐ一年経とうとしているmomomiです。こんにちは。 ありがたいことに、退職してから一年、私の交友関係というかご縁の輪は細々と広がり続けており、小さかった世界は徐々に広がっております。 そんな中で、この一年で二人の新幹線通勤夫を持つワーママさんとお話させていただきました。会社を出てから会社員ワーママさんとの接点は減り続けているのに、先日まさかの二人目に遭遇。 そして私も含め、3人ともキャリア変更(二人退職、一人は転職)を迫られていて、私

          新幹線通勤夫を持つ妻たちのキャリア問題

          ひっくりー(しゃっくり)に関する小話

          うちの息子は小さな時、しゃっくりのことをうまく言えなくて、ひっくりーと言っていた。それ以来、我が家ではしゃっくりのことは通称『ひっくりー』である。 私は今でも「ひっくりーが止まらない」と言っていることが多い。 あのしゃっくり特有の、「ひっく、ひっく」という感じが”ひっくりー”という呼び方の方が個人的にはしっくりくる。 「ママ、ひっくりーが、、、 (ひっく)とまらない、、、(ひっく)(ひっく)・・・(泣)」 と言って絶望的な表情と涙目でママを見上げていた息子ももう10歳で

          ひっくりー(しゃっくり)に関する小話

          親の免許証返納問題、皆さんどうしていますか?

          最近気になるニュースが多くて、心穏やかではいられないmomomiです。 こんにちは。 先週末、私の両親が息子の運動会を見に来てくれました。 それはもちろん楽しい、久しぶりのファミリーイベント。 子どもたちの頑張る姿を見ながら泣きそうになったり、息子が小さかった頃の思い出話に花を咲かせたり。何年か前の運動会ではどうだった、とか成長したね~と。 ただ気がつくと、つい私の口から出てしまうのはこんなセリフ。 「で、お父さん、いつ免許返納するの?」 滞在中何度も聞いてしまうので、夫

          親の免許証返納問題、皆さんどうしていますか?

          生のライチって食べたこと、ありますか? 散歩中に近所の八百屋さんで見つけて、試しに買ってみました。この季節だけ出回るそう。 美味しい😋ライチ好き❤️ 今朝の小さな幸せ✨ でも正直なところ、冷凍ものとそこまで違いがわからなかった…

          生のライチって食べたこと、ありますか? 散歩中に近所の八百屋さんで見つけて、試しに買ってみました。この季節だけ出回るそう。 美味しい😋ライチ好き❤️ 今朝の小さな幸せ✨ でも正直なところ、冷凍ものとそこまで違いがわからなかった…