萩元直樹|サステナブルタウン代表

元公務員(小平市、都オリ・パラ局)/元東京2020組織委員会/文科省社会教育士プロモーター/地域活動・協働・共創、やさしい日本語、D&I、ローカルイベント学などサステナブルなまちづくりの専門家https://sustainabletown.wixsite.com/official

萩元直樹|サステナブルタウン代表

元公務員(小平市、都オリ・パラ局)/元東京2020組織委員会/文科省社会教育士プロモーター/地域活動・協働・共創、やさしい日本語、D&I、ローカルイベント学などサステナブルなまちづくりの専門家https://sustainabletown.wixsite.com/official

    最近の記事

    • 固定された記事

    世界一分かりやすい「目的」と「目標」

    多様な人が集まるときの混乱・停滞の原因は?仕事やまちづくり、ワークショップなどで、多様な人が集まり、何かの活動を行おうとしたときに、混乱したり、停滞する経験はありませんか? その一番の原因は、「どこに向かうのか」が明確に共通認識されていないからです。 多様な人との協働のための「目的」「目標」ゴール、アジェンダ、ビジョン、ミッション、パーパス、理念、展望、方針、目的、目標、ねらい・・・ いろんな用語が出る状況を皆さんも体験したことがあると思います。 多様な人が集まり協働す

      • 再生

        「社会教育士(文部科学省)」を知ってもらいたい。

        私は、「学びの力でより良い社会づくりを目指す活動を行う専門家」として、様々な分野において、たくさんのまちづくり支援を行ってきました。 なぜ、多分野で取り組めるかというと、協働・共創の仕方、イベントプロデュース、プロジェクトマネジメント、コーディネート、ファシリテーション、ワークショップデザイン等々の知見の蓄積があるからです。 そんな基礎力を高められるのが、文部科学省の「社会教育士」という資格・称号です。 2020年に、全国で活躍する人の中から3人がプロモート協力し、❶福祉 ❷防災 ❸観光・多文化共生の文脈でプロモーション動画やWEBサイト記事が作られました。 個人的には、極寒の中ブルブル震えながら、新国立競技場の前のファイブリングスのモニュメントの前で撮影したことを思い出します(笑) 撮影にあたり、たくさんの方々にご協力をいただきました。御礼申し上げます。 ★やさしい日本語ツーリズム研究会 事務局長 吉開章さま ★ジャパン・ショッピング・ツーリズム協会 代表理事 新津研一さま ★株式会社エンパブリック 代表取締役 広石拓司さま ★NPO法人フィリピノナガイサ 理事・事務局長 半場和美さま ★日本青年館『社会教育』編集長 近藤真司さま ★国分寺市もとまち公民館 主事 石田智彦さま ★国分寺市民の皆さま(ワークショップ参加者) ★小平市民 モハメド・シャミムさま ★小平市民 出口宙伯さま ★アートデザイナー 深沢コージさま また、文部科学省の皆さま、動画制作者の株式会社オーサワコーポレーションさま、どうもありがとうございました。 https://www.youtube.com/@HirokiOhsawa 撮影から2年以上が経ちましたが、これまで講演の機会などに「社会教育士」のことをプロモートしてきました。 肌感覚として、かなり多くの方が興味・関心を持っていただき、私の周りで実際に取得された方も増えてきました。 社会教育という言葉を聞くと重たく感じてしまうかもしれませんが、社会において学びが介在する活動すべて社会教育といいます。例えば、イベントも、企業研修も、NPO活動も、放課後子ども教室やPTAも・・・ もし、こういった活動の基礎力を磨きたいという方がいらしたら「社会教育士」おすすめです! ▼文部科学省 社会教育士プロモーションサイト https://www.mext.go.jp/a_menu/01_l/08052911/mext_00667.html

        • 「巻き込む」考え方に終止符を!

          まちづくりやビジネスにおいて、「巻き込む」という言葉はよく使われます。 「住民を巻き込む」「ユーザーを巻き込む」「協力者を巻き込む」 ・・・このように考えている人・組織から、あなたは巻き込まれたいですか? 私は、絶対に巻き込まれたくないです!!(笑) 「巻き込む」の意味「巻き込む」とは、巻いて中に入れる意です。 事件、紛争、喧嘩などの場合は、関係をもたせて引き入れるという意味になります。 良くない事態について多く用いる言葉です。 なのに、「人に来てもらいたい」「集まって

          • 話し合いの3レベル「会話」「対話」「議論」

            話し合いで困った経験はありませんか?例えば、あなたが市役所の委員会に招かれたとき。様々な分野から見知らぬ人が大勢集まっていて、「意見を口にするのを躊躇ってしまうような経験」をしたことはありませんか? あるいは、参加者側ではなく、主催者側として、いろんな分野や立場の意見を集めたいと思い会議を開いたとき。想像していたように「有意義な意見が飛び交うことはなかった経験」はありませんか? 話し合いは、ある程度デザインできるものです。これを読んで、あなたの事業や活動を進めるヒントになれ

            自己紹介&サステナブルタウンの創業

            はじめまして!元公務員、サステナブルタウン代表の萩元直樹(はぎもとなおき)と申します。読んでいただき大変うれしく思います。本当にありがとうございます。 <こんな方に読んでもらえたら嬉しいです> ◆コミュニティをパートナーとして捉えた事業タイプ・協働タイプの公務員の参考として ◆元公務員→創業の参考として ◆まちづくりや社会・地域・人に関心のあるソーシャル系の参考として 自己紹介として、公務員(市役所・都庁)を経て、東京2020オリンピック・パラリンピック組織委員会へ転職、

            アンラーンよりも学びほぐし

            1 ジェダイも必要なアンラーンこれは、私が敬愛する映画『スター・ウォーズ』エピソード5にて、マスター・ヨーダが、ジェダイを目指すルーク・スカイウォーカーに向けて言った隠れた名言です。私の大好きな言葉でもあります。 「あなたが学んできたことをアンラーンしなくてはならない」 ​Learn(学ぶ)の反対のアンラーンとは、どのような意味でしょうか。​ 2 学びほぐしとはアンラーンは、日本語で「学びほぐし」と訳されています。卓抜な訳だと思います。 人間は、大人になるほど自分の考

            知っているようで分からない!? 生活課題・地域課題・社会課題

            ビジネスでも行政でも「社会課題のソリューションとして・・・」「地域課題の解決のために・・・」などと頻繁に使われる「社会課題」「地域課題」「生活課題」。 実は、WEB検索しても「明確な定義」や「関係性」については分かりません。 これを読んでいただければ、今まで「なんとなく」で使っていた用語に、しっかりとした意味を持ってもらえると思います。 1 生活課題とは私たちが日々の生活を送る中で、職業生活・家庭生活・人間形成・余暇の利用・健康の維持管理・地域社会生活など、さまざまな領域に

            SX(サステナビリティ・トランスフォーメーション)

            サステナビリティを取り入れて あなたのまちに あなたのビジネスに ​トランスフォーメーション(変革)を 1 SXとはSX(サステナビリティ・トランスフォーメーション)とは、不確実性が高まる環境下で、企業が「持続可能性」を重視し、企業の稼ぐ力とESG(環境・社会・ガバナンス)の両立を図り、経営の在り方や投資家との対話の在り方を変革するための戦略指針とされています。 SXは、経済産業省「サステナブルな企業価値創造に向けた対話の実質化検討会」が2020年8月に発行した「中間取り

            ダイバーシティ&インクルージョン

            多様性が調和する共生社会とは? 「多様性の時代」と言われていますが、改めて「多様性」って何でしょうか? ダイバーシティは「多様性」「一人ひとりのちがい」を意味します。 ​それを認める・尊重するだけが「多様性の時代」ではありません。 なぜ、インクルージョンも一緒なのか? なぜ、D&Iが必要なのか? これから説明していきたいと思います。 1「多様性」は多岐にわたるまずは一般的に、多様性とは、年齢、人種や国籍、肌の色、言語、心身機能、性別、性的指向、性自認、宗教・信条、価値観、

            イベントのユニバーサルデザイン化

            ーいつでも・どこでも・だれでも学ぶことのできる社会を目指してー 「ユニバーサルデザイン イベント ガイドライン」 このガイドラインは、私が6年半携わった東京2020オリンピック・パラリンピックから学んだ知識や経験を反映して、仲間と共に作成しました。 主に、「サステナビリティ」と「ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)」への配慮にフォーカスしました。 イベント企画者が、より多種多様な方々の参加・参画と、サステナブルな地域社会を目指した企画・運営をするための参考としてほし

            古本や切手で誰でもできる国際協力

            古本、CD、DVD、ゲーム、おもちゃ、はがき、切手、貴金属、外国紙幣、金券、テレフォンカードなど、集めて寄付するだけで、国際協力につながるサステナブルな取組を紹介します。 ハードルの高くない国際協力2011年、私が小平市中央公民館にて企画・運営した市民講座「私たちの地域からはじめる国際協力プロジェクト(詳細は以下プロゴラムをご参照」)にて、「身近でできる国際協力」をみんなで学びました。 その講座の中で3つの柱を考え、毎年イベントを開催し続けてきました。 ❶学ぶ・知る国際

            「アメトーーク!」風なパネルディスカッション

            2022年3月に「東京2020オリンピック・パラリンピック」関連の活動をふりかえり、新たなリスタートを切るためのイベントがありました。 私は、基調講演とパネルディスカッションのコーディネーターを担いました。 パネルディスカッションのコーディネーターは、これまでにも色々とやってきましたが、今回ゲストの数を聞いてびっくり! その数「11人」です。さて、あなただったらどうしますか? そこで、考えたのが「アメトーーク!風パネルディスカッション」です。 「アメトーーク!(テレビ朝日

            「世界一住みたいまち」ポートランドから学ぶまちづくりvol.2

            3ストーリー/コンテクスト  Story / Contextポートランドでは、まちのアイデンティティを行政、企業、NPO、市民等々が共有している強みを感じられました。以下に、その一部を記します。 これらをこのまちの「ストーリー」(あるいは「コンテクスト」)として、時代時代でそれぞれの立場にて語り継いでいくことが、いかに大きな力を生むか。 僕は、ポートランドの町が生み出す「地域価値」の大きさに驚き、ストーリーを未来へ紡いでいくことが、まちづくりにとってどれほど大切かを学びま

            「世界で1番住みたい街」ポートランドから学ぶまちづくりvol.1

            アメリカ合衆国オレゴン州ポートランド市の「地域価値の創造」と「地域活性化」について、サスティナブルな地域社会を構築している点から着目して考えてみました。 ポートランド市は2035年に向けた包括的プランを2016年に策定しました。 その政策のプロセスは市民や企業の参加やオンライン会議の開催などを通して一般共有し、人口や建物、仕事や活動も増えている中で「どのように持続可能な社会構築をしていくか」を常に念頭に置き、官民が連携してまちづくりを行っています。 直接的なまちづくりに関

            やさしい日本語×多言語音声翻訳

            1 地域社会の多言語対応あなたの暮らすまちでは、外国出身の方は何人いるでしょうか。また、何ヵ国から来ていて、言語数はいったい何種類あるでしょうか。 同じ地域に暮らす上で、情報提供やコミュニケーションの必要性は、日本人にとっても在住外国人にとっても変わりはないです。しかし、「どの言語を選択するか」という課題があります。 そもそも、多言語対応には、下表の3つの領域があります。 1 人的対応 2 表示・標識等による対応 3 上記1と2の補完としてICTの活用による対応