僕はヒーローにはなりたくない。

10本目は『アンブレイカブル』。WOWOWでやっててなんか面白そうだなあと思って録画してたのを、ちょっと時間があいたので観てみました。

当時はあの『シックス・センス』のシャマラン監督の作品だということでハードルが上がりすぎててがっかりしちゃったという評価だったみたい。そもそも『シックス・センス』だって「最後に大逆転がある」なんて触れ込みだったらそんなにびっくりしないと思うんですよね。最近の映画で

もっとみる
やる気でます!!

笑いと驚きとちょっとした涙でお送りする『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』

鑑賞した2020年日本公開映画ランキング:4/15
笑い😂  :★★★★☆
驚き😳  :★★★☆☆
シュール🥴:★★★☆☆

これ、面白いです。想像していたよりもずっと。。。
なんか、いわくつきの映画らしいですね。構想から約30年、企画頓挫9回だって。それなのに、よく公開までこぎつけたなっていう監督の執念と情熱がうかがえます。。。(僕だったら諦めてしまいそう。。。)

【どんな映画?】

もっとみる
ありがとうございます!☺︎
1

プライベート・ライアン

1998年のアカデミー賞作品賞候補作品。

監督は、黒澤明を敬愛するスティーヴン・スピルバーグ。
黒澤明の「七人の侍」からの引用が観て取れます。

映画の冒頭、「血のオハマ」は、映画人として世界最高の名声を得ている、
スティーヴン・スピルバーグの面目ありで、早回し、手持ちカメラ、
特殊フィルム使用、CG、「七人の侍ラストシーン」と同じくの
複数カメラのカット割りと、最高の映画技術を駆使し、
観てい

もっとみる
(。・_・)♪
20

マーク・ジェンキン『Bait』バカンス事業の暗部、或いは悪夢の"女っ気なし"

これは凄まじい大傑作。故郷コーンウォールを中心に活動するマーク・ジェンキンは、これが何本目かの長編作品(多分五本目?)であるのに全く無名であった。無名過ぎて長編デビューであると紹介された記事すらあった。金がないばかりに父から譲り受けた家を金持ちの別荘として売っ払い、生活のために最も必要な船ですら観光用に改装する兄弟の物語であり、正に悪夢版『女っ気なし』と言った具合か。魚の顔や人間の所作をグロテスク

もっとみる
スキありがとうございます!
2

【ネタバレなし】ジョン・ウィック:パラベラムは単体でも楽しめるという記事

ジョン・ウィックとは殺し屋である。

だが今は亡き愛妻との思い出である愛犬を殺され、その復讐をしたら殺し屋の組織から追われることになった。

わずかな、いつ裏切るかも分からないコネクションと自らの技量のみを恃みに、終わりの見えない戦いに挑む。

「ジョン・ウィック、貴様は組織を裏切った。死あるのみだ」

「いやまだ死ぬわけにはいかぬ」

「何と。狂ったかジョン・ウィック=サン。シンジケートに楯突く

もっとみる

フォード vs フェラーリ

えー、ジェームズ・マンゴールド監督を僕が認識したのはX-MENシリーズのウルヴァリンを主人公にした『LOGAN / ローガン』だったんですけど、フィルモグラフィー調べてみたら『十七歳のカルテ』もマンゴールド監督なんですね。心に闇を抱えたウィノナ・ライダーとこちらも精神不安定なアンジェリーナ・ジョリーの精神病棟での心の交流を描いた闇落ち青春映画なんですけど、淡々とした中に突然現実を突きつけて来る様な

もっとみる
何分かの暇つぶしになったのであれば幸いです!
7

映画すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ

2020年 映画館鑑賞1作目

˗ˏˋ すみっコぐらし ˎˊ˗

子供に人気なすみっコぐらしがついに映画化。
キャラクターには声はついておらず、全てナレーション ⍨

イメージに左右されず物語が見れてよかった。
(けっこうみんな声について気にしていたらしい)

物語はいつものすみっコたちが絵本のキャラとなって物語を完結させる&ひよこ?のお家を探してあげるお話。

個人の感想は、
ヒーロー系とは違

もっとみる

活況の2019映画市場と、その先の話

2019年、日本の映画市場は記録更新

2019年の日本の映画市場が過去最高の2600億円を越え、動員数は述べ1.9億人となったと映連が発表した。映画業界、夢の「動員2億人」にはあと一歩及ばなかったが、売上は前年比17.4%増。これまで過去最高だった16年の2355億円を超える、記録の1年となった。

大きな要因として挙げられるのは、2点。
19年6月以降に順次改定された「映画料金の値上げ」と、1

もっとみる

グリンチ(2018)

★★★★☆

 キモくて金のないヒキコモリのおじさんやん!ネットではKKOと呼ばれ、じんわり社会問題化しているそうですね。確かに親が死んだらどうなる、とか、無敵の人化して凶悪犯罪に手を染めてしまう、とか。よろしくない蓋然性が多分に含まれていることでしょう。

 内容について語る言葉が思い浮びません。楽しい映画です。それ以上は特に何も……。はい。お休みなさい。

もっとみる