■5月15 日 伊丹十三の誕生日

■#映画今日は何の日?

5月15日

■映画監督・俳優・エッセイスト等の伊丹十三が生まれる(1933年)

それまでに経験した多数の表現手段の集大成として、51歳にて「#お葬式」(84)で映画監督デビュー。いきなり多くの映画賞を受賞。
その後、「#タンポポ」(85)、「#マルサの女」(87)、「#ミンボーの女」(92)等、社会問題とエンターテインメントを融合させた映画作品を発表、一躍、当時の日本

もっとみる
感謝してます!
1

映画「やさしい本泥棒」ナチス下で本を愛し、懸命に生きる少女

原題 Book Chief
公開年 2013
製作国 アメリカ・ドイツ合作
原作 マークース・ズーサック
監督 プライアン・パーシバル
キャスト ソフィー・ネリッセ、ジェフリー・ラッシュ、エミリー・ワトソン他
評価(10段階): ★★★★★★★★☆☆

あらすじ
第二次世界大戦前夜のドイツ。共産党員である母から養子に出されたリーゼル。リーゼルは養父のもと読み書きを覚え、知ることの楽しさを覚えていく

もっとみる
ありがとうございます。
1

トリコロール/青の愛

1994年から1996年にかけて見た映画のスクラップブックが出てきたので、こちらに書き写しています。現在読み返してみて思うこともコメントしています。

1994年9月2日1時間半くらいの作品だが、内容が濃いせいか、長く感じられた。

最愛の人を失った後の脱力感というかなんともいえない雰囲気と、生き残った主人公がこれからに向かって前向きな一歩を踏み出す力強さが、丁寧に描かれていた。音楽は、ポーランド

もっとみる

映画『ファイト・クラブ』感想-3行ポジティブ日記

映画『ファイト・クラブ』観る。昨日の「父性」という観点からこの映画を観ると深くて面白かった。父性については下記参照。

『ファイト・クラブ』
主人公は仕事は真面目にこなすし、上司の言う事もきちんと聞く、会社の不正も仕事の為だと目を瞑ってこなす。プライベートでは贅沢な家具を取り揃えるのが趣味で人生は全てうまくいっているように見えるが不眠症という悩みを抱えています。不眠症改善の為に最初は病気友の会に行

もっとみる
ありがとうございます!コメントも大歓迎ですよ〜!
2

映画 モンスター 感想

最近U-NEXTに加入してから、映画が見放題なので嬉しい限り。ただ集中力のなさもあり、なかなか長時間みていられないのが辛いところ。

今は鬱真っ只中の過食期なので、家から出れず、太るだけ太ってますというかんじ。こういう時っていい映画に出会えるんだよなあ。

結構古い映画で、シャーリーズ・セロンが実在のシリアルキラーを元に演じている。これが、ホラー映画というよりは、ほんとうに人間ドラマで共依存や、社

もっとみる
あなたに幸せがおとずれますように♥
1

バック・トゥ・ザ・フューチャー

はいー、きました。
大好きすぎるやつです。みなさんも大好きですよねきっと。

バック!トゥザ!フューチャー!BTTF!
最高!!!!

すいません、取り乱しました。

スティーヴン・スピルバーグ、ロバート・ゼメキスが世に放った青春SFアクション傑作。
久しぶりに観たい衝動が抑えられず、シリーズ3部作一気見しました。笑
今回はPART1の感想です。

あらすじ不要かもしれませんが、一応。

1985

もっとみる
わたしも好き
1

劇場版名探偵コナン 緋色の弾丸

少し前に「名探偵コナン」の映画を見てきた。私は大のコナンファンで、歴代の映画はもちろん、アニメも毎週欠かさず見るほどである。
物心ついた頃にはコナンが大好きだった私の1年にもっとも楽しみなのが劇場版のコナンを見ることだ。昨年はコロナの影響で公開が1年延期となり、今年は大丈夫か不安だったが無事公開され本当によかったと思う。

映画の内容についてはネタバレになってしまうので、気になる方はぜひ映画館で見

もっとみる
最後まで読んでくださってありがとうございます‼
3

『コンフィデンスマンJP プリンセス編』(2020)

大富豪の遺産相続に偽りの隠し子を送り込み、大金を頂いちゃおうという詐欺師のダー子率いるコンフィデンスマンたちのお話。その劇場版2作目です。

面白い映画を観たい時や楽しい気分になりたい時に、これを選べば間違いのない作品で、誰にでもおすすめできる最強のエンタメ作品ではないでしょうか。

アイドル的な役柄や人生に疲れた役など過去に色んな作品を見てきましたが、今作では主演の長澤まさみさんの生きいきとして
もっとみる

ええんやで~。
4

世界は僕のものだ!

 昨日、金曜ロードショーで2週に渡って放送されていた大傑作「タイタニック」をまとめて観た。実はタイタニックを観るのは、今回が初めてだ。観る機会はいくらでもあったのだが、あえて避けてきたのかもしれない。それは多分、悲しくてどうしようもなくなることが分かっていたから。だがやっぱり、映画史に残る名作を知らないというのはな〜んか勿体無いような気がして、よしじゃあこの土日はタイタニックを観てみよう!と閃いた

もっとみる