『南へ走れ 海の道を!』(1986)、ハイビスカスと拳銃

火の匂いの生木あなた蛍ですか   野ざらし延男
1986年 沖縄、夏

「ウチナンチュー」「やまと」といった言葉がでてくるのだが、「ウチナンチュー=沖縄の人」「やまと=沖縄以外(内地)の人」という意味で、沖縄以外に住む人で、こういった言い方をするところはないだろう。

これは、沖縄の歴史による。

1945年 米軍、沖縄に上陸(沖縄戦)
1952年 サンフランシスコ講和条約、米軍の管理下に
196

もっとみる

「ルパン三世 カリオストロの城」参考にならない映画レビュー#238

どうも。定時退社マンです。

第238回です。
「ルパン三世 カリオストロの城」のレビューです。

本作は、カリスマ泥棒ルパンさんが、偽札を発行しているカリオストロ公国の謎を探るべく奮闘する姿を描いた、三世系ムービーです。

それでは皆さん、お待たせいたしました。
今回の参考にならない映画レビューです。

心を盗んでました。

以上です。ありがとうございました。

ありがとう世界
11

この映画がもつ独特な空気感、あるいは魔力。是非ご体感を。『ある殺人、落葉のころに』(一日一本短評を載せる映画館スタッフ2)[その13(152)])

こんばんは。元町映画館スタッフの(酒)です。

なんなんだろうかこの映画は!
ミステリーであり、サスペンスであり、青春映画であり、ホラー的でも…。

当館では5/29(土)から1週間限定上映! 13本目(152本目)!
『ある殺人、落葉のころに』(2019年、日本・香港・韓国、79分)

あらすじ:土建屋で働く幼なじみの俊、知樹、和也、英太。彼ら4人の恩師が亡くなり、俊が恩師の未亡人・千里に惹かれ

もっとみる
励みになります!!

映像化、、しきれなかったのかもしれない。映画「蜜蜂と遠雷」

劇場の予告編を観て興味があったのに見逃していた
「蜜蜂と遠雷」がアマゾンプライムで観られるようになったので鑑賞。

映像化不可能と言われた、恩田陸の小説を見事に映像化!
みたいなキャッチフレーズだったし、

キャストがわたしが好きな松岡茉優、松阪桃李出てるし、もともとピアノを聞くのも大好きなので、そりゃ観るでしょ!な感じだったのを見逃していたので飛びついた。

ちなみに原作は買ったけど読んでない。

もっとみる
スキありがとうございます!
6

『ジェントルメン』と、どっちの男性器が大きいか勝負

キャリアと共に磨きがかかるチャラさ
ガイ・リッチー新作。むせかえるほどの90年代感に、見終えて劇場を出ようとした際に「あれっ、ここはシネセゾン渋谷かな、階段を降りたら道玄坂だろうか」と錯覚してしまいました。監督デビュー作『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』(1998)に立ち返ったかのような、ギャング同士の血なまぐさい抗争を描いた『ジェントルメン』は、実にガイ・リッチーらしいイギリス

もっとみる
伊藤です。次の記事もきっときっと読んでください
12

「アドレナリン」参考にならない映画レビュー#237

どうも。定時退社マンです。

第237回です。
「アドレナリン」のレビューです。

本作は、睡眠中に敵に毒を盛られ、"アドレナリン排出し続けなければ即死状態"になってしまった殺し屋・シェブさんのドタバタアドレナリン生活を描いた、強制暴走系ムービーです。

それでは皆さん、お待たせいたしました。
今回の参考にならない映画レビューです。

ぶっ飛んでました。

以上です。ありがとうございました。

メルシー世界
12

174分の名作クラシックミュージカル映画。この尺は完璧だ!最高だ!必要だ!『サウンド・オブ・ミュージック』(一日一本短評を載せる映画館スタッフ2)[その12(151)])

こんばんは。元町映画館スタッフの(酒)です。

「コロナ直前にそういえば観にいったなあ」シリーズ。
カレンダーを見直すと去年の3月25日の観ていたようで。ほんとに直前!

もはや長尺ではない。12本目(151本目)!
『サウンド・オブ・ミュージック』(1965年、アメリカ、174分)

あらすじ:1938年、オーストリア・ザルツブルグ。古風で厳格な教育方針のトラップ家に家庭教師としてやってきた修道

もっとみる
励みになります!!
3

映画感想+日記 11

 今日は夏日でめちゃくちゃ暑いですね、飲み物に氷を入れても良いような季節になってきました!お腹が冷えちゃうので加減が大事ですけれども……
 さて、本日私の観た映画は「英国王のスピーチ」です。各賞を総舐めしていた作品ということで、とても素晴らしかったです。以下詳細。

 なんとこの映画のストーリは色々手は加えてありますが実話ということが一番の驚きです。緊張する場面やジョージ6世がスピーチをしている場

もっとみる
スキありがとうございます、よければ他のも見ていってください!
1

『ゴジラ』(1954)と原爆

湾曲し火傷し爆心地のマラソン   金子兜太
『ゴジラVSコング』公開前に、関連作品の復習をしておこう!第二弾!
(※本日現在、公開延期になっています)

1954年の主な出来事
・第五福竜丸の被爆
・モスクワで世界初の原子力発電所稼働
・自衛隊発足

1954年公開の映画
・ダンボ
・ローマの休日
・七人の侍
・裏窓
・近松物語
・二十四の瞳

ゴジラとキングコング。もう一方の始まりである『ゴジラ

もっとみる

映像やセリフのトーンに騙されるな!そこは地獄の一丁目!『スプリング・ブレイカーズ』(一日一本短評を載せる映画館スタッフ2)[その11(150)])

(※昨晩掲載分です…)

こんばんは。元町映画館スタッフの(酒)です。

最近めっきり映画を観なくなっているウチの社長が突然いいました。
「『ビーチ・バム』ってのがおもろいらしいで。」

えー!じゃあハーモニー・コリン監督作観ますわ!11本目(150本目)!
『スプリング・ブレイカーズ』(2012年、アメリカ、93分)

あらすじ:『ミスター・ロンリー』のハーモニー・コリン監督が、春休みに犯罪に手

もっとみる
ありがとうございます!またよろしくお願いします!
8