川中紀行/コピーライター

広告の文章を書く仕事をしています。仕事も趣味も書くことですが、Jリーグは3チーム(清水エスパルス・ガンバ大阪・湘南ベルマーレ)を応援しゴール裏にも立ちます。 仕事における考え方と実績は当社WEBサイトで→ http://www.present-inc.com/
    • レトリカル食レポ

      レトリック(言葉の組合せによる文章表現の工夫)を駆使した、食レポ(料理の味わいと感動を伝えるレポート)にチャレンジします。 ※あくまでレトリック優先の創作です。仕事でメニュー説明も行ってきましたが、その場合はここまで誇張いたしません。

    • 今日の気になる言葉123

      ぴったり123文字で、できる限り毎日更新を基本に当社WEBサイトで(前世紀末の11月より)継続中です。http://www.present-inc.com/            あらゆるメディアで(インターネットを除く)、 あるいは群衆の中で出合った「気になる言葉」の解釈です。

    • いいコトバ

      あらゆるメディアで(インターネットを除く)、巷の会話で、私が「いいな」と思ったコトバについて書きます。

    • 再現批評

      古今の映画を中心に、対象となる作品のトーンや雰囲気を 「再現」するようなリズムの文体で書けるようトライします。 映画をよく観ていたころ「キネマ旬報」の読書 の映画評年間掲載回数1位。

    • ソウ感ジタ。

      生活しながら感じたこと、考えたこと、体験したこと、について書きます。

    • すべてのマガジンを表示

やさしい酸味の寒天のなかで、レモンと二度出合う、大極殿本舗「レースかん」。

清らかなレモン色に透き通った 寒天からのぞくレモンの輪切りは、 レース模様を思わせる繊細さ。 「レースかん」という名前も その菓子デザインに由来するが、 口に運んで…

赤みが美しいその珈琲は、ほどよい果実味で時間を潤わせる。「RED POISON COFFEE ROASTERS」IN Z…

きめ細かな珈琲の粒子が 薄墨を流したように カップから空中に広がり、 鼻腔をゆっくりと満たしていく。 ほんのりと舌先に甘みを 感じたのもつかの間、 舌の脇からブドウの…

「たのしみは。」

に始まり「~時」で結ぶ52首を詠んだ幕末の歌人・橘曙覧の連作「独楽吟(どくらくぎん)」を本日の「讀賣新聞」朝刊/編集手帳で紹介。昼寝から目覚めて見た濡れた草木で涼を運んだ雨を知る時など、日常のごくささやかなひと時に楽しみを見出す心こそ見習いたい。

感想を言うことが、人間関係の第一歩。

と言ったのは、 見城徹・幻冬舎代表取締役社長 (先日の『TOKYO SPEAKEASY』)。 贈呈本や試写会での感想はもちろん、 結婚披露宴で聞いた見知らぬ人の スピーチにも、 「あ…

人生で初めて映画館貸切で観た「東京2020オリンピックSIDE:A」。

■スポーツ番組的五輪の終焉 降りしきる雪の中を流れる川の姿に 弱々しい君が代が重なるプロローグ。 「中止だ中止」のプラカードの文字。 新型コロナウイルスの治療に忙…

犀の角のようにただ独り歩め

「ブッダのことば」にあるこの一節を紹介した渋川清彦氏(先日の『ACROSS THE SKY』)。インドサイは群れでなく単独で行動する事から、その一本角は孤独を表す。「独り生まれ、独り死し」と説く仏教に照らせば、独りで生きねばならぬ人間への激励に似る。