川中紀行/コピーライター

広告の文章を書く仕事をしています。仕事も趣味も書くことですが、Jリーグは3チーム(清水エスパルス・ガンバ大阪・湘南ベルマーレ)を応援しゴール裏にも立ちます。 仕事における考え方と実績は当社WEBサイトで→ http://www.present-inc.com/
    • ソウ感ジタ。

      • 117本

      生活しながら感じたこと、考えたこと、体験したこと、について書きます。

    • 今日の気になる言葉123

      • 528本

      ぴったり123文字で、できる限り毎日更新を基本に当社WEBサイトで(前世紀末の11月より)継続中です。http://www.present-inc.com/            あらゆるメディアで(インターネットを除く)、 あるいは群衆の中で出合った「気になる言葉」の解釈です。

    • いいコトバ

      • 108本

      あらゆるメディアで(インターネットを除く)、巷の会話で、私が「いいな」と思ったコトバについて書きます。

    • レトリカル食レポ

      • 17本

      レトリック(言葉の組合せによる文章表現の工夫)を駆使した、食レポ(料理の味わいと感動を伝えるレポート)にチャレンジします。 ※あくまでレトリック優先の創作です。仕事でメニュー説明も行ってきましたが、その場合はここまで誇張いたしません。

    • 歌のある風景

      • 67本

      美景ばかりではありませんが、外出先や暮らしのなかで撮った写真に、短歌をつけてみました。

    • すべてのマガジンを表示

「死ぬこととは生きること。」

という、ある僧の言葉を倍賞千恵子氏が紹介(先日の『日本経済新聞』朝刊)。そして「死ぬ瞬間まで生きていて生と死は繋がっている」と気づく。なれば死ぬまで歩けて生きていられる健康を保ちたい、と思った。死に様にこそ生き様が出るだろうが不確かなまま生きる。

思っていた形になって不幸になるぐらいなら、求められる形で幸せならいいんじゃないの。

とカズレーザーさん (先日の『SWITCHインタビュー 達人達(たち)』)。 この「求められる形」とは、 親の期待や会社の意向、 先生の助言や愛する人の気持ち、さらに さま…

悩みは、何かをするために生まれる。

■悩みのない存在は、存在のない存在である ルートヴィヒ・アンドレアス・フォイエルバッハの 言葉だという「悩み」についてのこの一節を 辺見庸さんが紹介している (『生…

「『、』は半呼吸だな。」

と中嶋朋子氏(先日の『Color of Life』)。「北の国から」の脚本の句読点で会話の間合いを学んだと述べた。「半呼吸」は彼女の感覚的な言葉だが少し間を空ける意か。対して語りのプロ達は点も意味も無視し言葉を単なる音の連結と捉えて早口で平板に語る。

後ろじゃなくて、自分! 自分、自分!

「第53回全日本大学駅伝対校選手権」の 4区7.25km付近、 (早稲田・順天堂の両大学に追われる展開で) 先頭を走る東京国際大学の堀畑佳吾選手に向かって 同大学駅伝部の…

人間は、自分で自分を鼓舞するしかないのである。

と言ったのは辻仁成さん (『ボンジュール!辻 仁成の秋のパリごはん』)。 3度の離婚を経験し、 “シングルファーザー”として、 受験を控えた息子さんとパリで暮らす日々…