川中紀行/コピーライター

広告の文章を書く仕事をしています。仕事も趣味も書くことですが、Jリーグは3チーム(清水エスパルス・ガンバ大阪・湘南ベルマーレ)を応援しゴール裏にも立ちます。 仕事における考え方と実績は当社WEBサイトで→ http://www.present-inc.com/

「旅人の木。」

は葉を東西に広げて育つため旅人が方角を知るのに利用したり切り口から出る樹液で喉を潤したという説がある、とご近所の花屋さんのPOP。花言葉「緑いっぱいトロピカル気分」があまりに陽気。「月日は永遠の旅人」と言ったは芭蕉か。私の人生は今年また振り出し。

日本人の君はリキッド(液体)

で欧州人はソリッド(個体)とチェコで言われた人形劇師の沢則行氏(昨年の『SWITCHインタビュー 達人達(たち)』)。体に触れて挨拶する欧州人に対し触れずに(接近せず)挨拶する日本人は空気で溶け合うとも。世界は、あるいは日本人は固体化していないか。

あなたはどこを見ていますか?

と問いかけた風間八宏氏(『サッカーダイジェスト』1月23日号)。優秀な選手は相手の膝が向く方向を見てその逆にパスを出すと言い、技術以前にどこを見るかが重要だと説いた。ピッチの上だけに限らず、物事のどこを見るか、動く前にどこまで気付けるかを考えた。

「スナック女子。」

つまりスナック好きの女性が増え昨年は20~30代向け女性誌3誌で特集したと先日の「COLORS OF WONDER」。女性名の看板は先輩ママが多く甘えたいときに、高いと思う料金も最近はセット料金を入口に掲げる店も多く、まずは電話でママに確認、と指南。

ワクをハミ出せ。

と新成人にメッセージを送ったのは、サントリー恒例の 成人式当日の新聞広告における伊集院静さんです (本日の『日本経済新聞』朝刊)。 伊集院さんは、「ワク」の第一に、...

「男らしさの終焉。」

なる書籍を先日の「日本経済新聞」朝刊で紹介。男性性は暴力・支配・差別・感情の抑圧と結び付き根底に「他人より上回りたい」という欲望が流れると指摘。MAC(化粧品)の最新ポスターのモデルは男性だし、我が家には力仕事をするとき以外に男性性は存在しない。