ヒカリ @名言 映画 ドラマ

映画大好き、九州在住の会社員です。 映画やドラマ(主に洋画、海外ドラマ)好きすぎて感動したセリフをメモる習性が有。映画は年間100~300本鑑賞、それとは別にドラマ年200話前後鑑賞。 良きセリフに背中を押してもらって、人生をより豊かに、前へ\(^^)/ よろしくお願いします。

ヒカリ @名言 映画 ドラマ

映画大好き、九州在住の会社員です。 映画やドラマ(主に洋画、海外ドラマ)好きすぎて感動したセリフをメモる習性が有。映画は年間100~300本鑑賞、それとは別にドラマ年200話前後鑑賞。 良きセリフに背中を押してもらって、人生をより豊かに、前へ\(^^)/ よろしくお願いします。

    最近の記事

    『肝心なことは心で見なくちゃ』

    【博士の愛した数式】記憶喪失が題材になっている作品ですね。海外の作品では時々見かけるのですが、邦画では私は初めて見ました。 また、こちらの作品は元は小説です。心温まるストーリーでした。 深津絵里演じる杏子はシングルマザーで家政婦の仕事をしています。新しい仕事先は老人の面倒をみるというものでした。寺尾聰演じるこの老人は天才数学博士なのですが、事故の後遺症で記憶が80分しか持ちません。次第に博士の家に杏子の小学生の息子も通うようになります。 杏子と息子は博士の数学に対する愛情

      • 『あなたの体験が他の人を救う』

        【SHE SAID/シー・セッド その名を暴け】 年末からむちゃくちゃ楽しみにしていた作品でしたが、やっぱり好みの作品で良ったですね\(^o^)/記者が真実を暴くために奮闘する系の作品は面白いものが多いですよね!ニューヨークのキャリアウーマンたちのお話でもあるのでオシャレでかっこ良かったです(^^♪ しかも製作総指揮にブラッド・ピットも参加しています! #MeToo 運動(性暴力とハラスメントの被害経験をハッシュタグ「#MeToo」をつけてオンライン上に投稿するキャンペー

        • 『ひとは皆 心に残る子供がいる』

          【ウォルト・ディズニーの約束】 エマ・トンプソンとトム・ハンクスの共演ということで、観よう観ようとずっとマイリストに入れていた作品です。やっと鑑賞できました! タイトルからトム・ハンクス演じるウォルト・ディズニーに焦点を当てたストーリーかとおもいきやエマ・トンプソン演じるパメラ・トラバースを中心に描かれている作品でした。 ディズニー屈指の名作とされている、「メリー・ポピンズ」の映画化までの物語です。ウォルト・ディズニーは長年の夢である児童文学の「メリー・ポピンズ」を映画化

          • 『犯罪は悪人が犯すものとは限らない』

            【真実の行方】ネタバレ厳禁作品第6弾弾です!しかも大好きな裁判ものであります‼‼‼これ、お話の途中で「え!?!!」ってどんでん返しがあって、ラストにさらにどんでん返しがあります。それを差し引いても法廷モノとして十分に楽しめる作品でした! シカゴの敏腕弁護士のマーティン(演:リチャード・ギア)は、大司教が全身を刺されて殺され、青年が逮捕されたという事件を無償で引き受けることになります。青年を弁護するのですが、相手の検察側の検事はマーティンの元恋人でした。 腐敗した検察の穴を

            『意思のあるところに道は開ける』 

            【ビリギャル】タイトルの名言は、映画の中で坪田先生がビリギャルちゃんの辞書に書いた言葉ですが、元々はアメリカの第16代大統領のリンカーンの言葉です。 成績が学年でビリ、そしてギャルである有村架純さん演じる女子高生工藤さやかが、とある塾講師と出会い、慶応大学を目指すというストーリーです。 なんだか、この作品を見ていると昔観たドラゴン桜を思い出しました。ですが、ドラゴン桜は東大を目指す一方で、こちらは私学の最高峰、慶応大を 目指すお話です。センター試験がない分、全教科勉強しな

            『自分を憐れむのはおやめなさい                     それこそブサイクですよ』

            【ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜】 やっと観れました!評判通りきっちり感動しました(*^_^*)ストーリーはもちろんですが、好きな女優さんたちが出演していることもあり大満足でした。全体的に女性が中心となっている作品ですね。 エマ・ストーン演じるスキーターはライターを志す、実家暮らしの女の子です。大学卒業後、友達はみんな結婚・出産し、家で黒人のメイドを雇って主婦業に勤しんでいます。しかし、スキーターは友人たちの黒人メイドに対する態度に違和感を感じます。そこで、黒人女性達が

            『日常の小さな行動がその人の人格を作る』

            【ラスト・クリスマス】 ネタバレ厳禁作品第5弾です。もうすぐクリスマスなのでこちらの作品にしました。ロンドンが舞台でエミリア・クラーク主演で脚本がエマ・トンプソンで、、、イギリス感たっぷりの映画です。エマ・トンプソンは出演もされています!! ケイトはロンドンにあるクリスマスショップで働いていました。仕事に身が入らず、荒れた生活を送っていたある日、不思議な青年トムと出会います。トムはケイトの悩み事や改善点を見抜いて彼女にアドバイスをします。ケイトはトムのことが好きになるのです

            『あきらめたらそこで試合終了ですよ』

            【THE FIRST SLAM DUNK】初日に観に行きました!!!!!スラダン!!!!!!タイトルは漫画で有名なセリフですが、もう映画のセリフにもなりましたね(笑) 公開前から前情報をほとんど公表しないという広報戦略や声優交代などにドギマギしましたが、しっかり感動しました。子供の頃アニメも観ましたし、学生時代は漫画も何度も読んだので、試合展開も試合結果も知ってるのですが、しっかり胸アツでした\(^o^)/とにかくアツい!!! 漫画では主人公である不良少年の桜木花道が、かわ

            『君だけの歩き方を見つけろ 自分だけの歩み 自分だけの方角を 立派でも愚かでも構わん』

            【いまを生きる】 人生に迷う10代の青春映画なのですが、大人になってから鑑賞するほうが心に響きますね(*´ω`*)またもやロビン・ウィリアムズの❝先生❞作品です。 全寮制のスーパー進学校に新任英語教師であるキーティング(演:ロビン・ウィリアムズ)が赴任します。生徒たちは厳格な規則の元学生生活を送っていました。しかし、キーティングは教科書を破り捨て、型破りな授業を始めるのです。彼は抑圧された環境で過ごす学生たちに、詩の素晴らしさや、別の視点を持つことの大切さ、自由に考えて生

            『愛っていうのは自分より人のことを大切に思うことだよ』

            【アナと雪の女王】 日本でも興行収入250億を突破したディズニー作品ですね。作品の内容よりも、松たか子さんの歌う❝ありのままで❞がとても有名ですよね~私はディズニープリンスの話だから王子様と結婚~みいたな感じのストーリーなのかと鑑賞前は思ってたいたのですが、違いましたね。王子さまは一応出てくるのですが、恋愛ではなく姉妹愛を中心に描かれた作品でした。 アレンデール王国の王女エルサはおてんばの妹アナと仲良しでした。両親が他界してしまい、エルサは王位を継ぐことになります。エルサ

            『負け犬の意味を知ってるか? 負けるのが怖くて挑戦しない奴らのことだ』

            【リトル・ミス・サンシャイン】 この年のアカデミー賞を始め、多くの映画賞にノミネートされた映画です。タイトルにしているセリフはこの年の助演男優賞のアラン・アーキン氏のセリフです。ファミリーもので王道の感動映画なのですが、主人公の女の子がとにかく可愛いのです(*´ω`*) ちょっと小太りの少女オリーヴ。ひょんなことから美少女コンテスト❝リトル・ミス・サンシャイン❞に出場することになります。嬉しくて大はしゃぎのオリーヴでしたが、現地まで飛行機で向かうお金がなく父親、母親、叔父

            『ここで恥をかく方が、一生ダメなままよりいいだろ』

            【ウォーターボーイズ】 この記事を書いてて思ったのですが、え?これもう20年以上も前の映画なんだ!ということです。今思えば、この映画の俳優陣、みなさん後に大活躍されていますよね!キャスティングされた方の先見の目が素晴らしい(^o^) 高校3年生の鈴木智(演:妻夫木聡)は廃部寸前の水泳部に所属していました。鈴木は気が弱く、しかも水泳部は彼しか部員がいませんでした。しかし、新任の美人教師が顧問に着任することにより、水泳部は一気に人気になるのですが、美人教師が目指しているのは一

            『あなたはすばらしいチョイスをしたのよ』

            【アイ・アム・サム】■アメリカ/2001年 ■監督: ジェシー・ネルソン■ 脚本: クリスティン・ジョンソン、ジェシー・ネルソン■出演: ショーン・ペン、ミシェル・ファイファー、ダイアン・ウィースト、ダコタ・ファニングほか 感動モノの映画で超有名な作品ですね。意外にも賞レースでは受賞は少ない気もしますが、誰が見ても泣けるヒューマンドラマ映画ですよね~ 主人公は、タイトルの❝サム❞です。サムは大人の男性ですが、知的障害で7歳の知能しか持っていません。スタバで働いています

            『愛する人の意見は大事だ でも最後は自分だ』

            【エルヴィス】■アメリカ/2022年 ■監督・ 脚本: バズ・ラーマン■出演: オースティン・バトラー、トム・ハンクスほか 世界史上最も売れたソロアーティスト、1位とされているエルヴィス・プレスリーの伝記映画です。私はプレスリーのことはよく知らず、マイケルジャクソンの元奥様のお父さんで有名な歌手の人、というイメージでした。ですが、本当に偉大な歌手だったんだなあとこの映画を鑑賞して感じました。映画館でトレイラーを観たのが最初のきっかけだったのですが、プレスリーに興味がある

            『5歳の頃の恐れなど忘れていい もう自分の人生を生きてる』

            【英国王のスピーチ】 ■イギリス・オーストラリア・アメリカ/2010年 ■監督:トム・フーパー■ 脚本: トレヴァー・デ・シルヴァ、ケヴィン・フッド■出演: コリン・ファース、ヘレナ・ボナム=カーター、ジェフリー・ラッシュ 多くの映画に出演しているコリン・ファースですが、一番世間的に有名な代表作と言えばこの作品でしょうか?個人的にはブリジットジョーンズのダサいセーターを着ている彼が一番印象的なのですが(笑)この年のアカデミー賞の4部門を制覇した作品です。作品賞も獲得し

            『素顔を隠したままで何が伝わるっていうの?』『さあ 新しい人生を始めよう  さあ 世界を変えよう』

            ■日本 /2021年 ■監督・脚本: 細田守■出演: 中村佳穂 ほか■アニメ やっと観れました~竜そば!!お家でテレビで見たのですが、これは・・・絶対映画館で観なければいけないやつだったーーーーーーー( ;∀;)綺麗な映像なうえに主人公の女の子が❝歌う❞という物語だったのサウンドも良くて、ドルビーシネマとかで観たかった、、、九州で再上映とかないかな~ 田舎に住む女子高生のすず。幼いころ事故で母親を亡くして大好きな歌が歌えなくなってしまいます。歌えないながらも、孤独にも