今月の1冊~2021.07

今月の1冊~2021.07

7月。梅雨空から真夏へ。一気に暑さが加速。梅雨と真夏の境ってどこにあるのでしょうか。海に入って、あ、夏だなとおもう瞬間なのかな。ぎりぎり梅雨だと、ちょっとだけ水が冷たいというか、水から出たときがなんとなく頼りない感じ。夏といえば夏休み。これまで駆け抜けてきたぶん、今までよりも季節を感じて深く呼吸ができた7月でした。 読む本は数あれ、ぐっとくる1冊にはそんなに簡単に出会えない。 そんな中でも毎月1冊もしあれば2冊、自分のなかでこれは・・と思ったものの感想を書いていこうと思いま

1
「何か新しいことを始めたい…」大人の女性におすすめの習い事【SHEliles(シーライクス)体験談】

「何か新しいことを始めたい…」大人の女性におすすめの習い事【SHEliles(シーライクス)体験談】

がむしゃらだった新人時代から、はや数年が経過。仕事には慣れたし、職場の人間関係にも待遇にも大きな不満はない。 「でも、なんだか最近、退屈。」 結婚や出産で環境が変わって、最近友達とも会ってない。空いた時間はネットサーフィンしているけど、ワクワクするものには出会えない。 「こんな自分を変えたい。何か新しいことを始めたい。」 そんな大人の女性におすすめなのが『SHElikes(シーライクス)』という女性のためのキャリアスクールです。 キャリアチェンジに興味なし……という

6
挫折まみれの元ダンサーを恋人に 完結編

挫折まみれの元ダンサーを恋人に 完結編

前回の記事の続きです。 仕事でミスを頻発する困ったちゃん・シヨウコ。 顔が中川翔子に少し似ているからそう呼びました。 それだけでなく、「絵が得意」「30代半ばで独身」「猫を飼っている」といった点も一致しています。 ただ残念なのは、本物と比べたら時給は1/100程度と思われます。 どうしてこれほど差が生まれてしまうのか。世の中はギザ不平等です。 シヨウコはダンサーを親に持ち、姉と妹もダンサーなのに、自分だけ普通の会社員を選択しました。 しかし仕事で信頼が得られていない

コールドリーディング(cold-reading)とは話術の一つ

コールドリーディング(cold-reading)とは話術の一つ

「コールドリーディング」は、事前に情報を収集せずに相手の気持ちを言い当てるようなテクニックのことです。コールド(cold)は「準備なしに」、リーディング(reading)は「心を読む」という意味です。一方、あらかじめ相手のことを調べておいてから言い当てる技術は「ホットリーディング」と呼ばれます。 コールドリーディングの基本的な技術 コールドリーディングは、何の前情報もなしに相手の感情を読み取り、それを言い当てることで相手の信頼感を得るための会話上のテクニックです。テクニック

5
ごはんはやっぱり二人以上で食べるべし。

ごはんはやっぱり二人以上で食べるべし。

今日は朝からオンラインで、関西スタッフミーティング。その後、オンラインでIBJ関西アンバサダークラブ、リーダーミーティング(結婚相談所の勉強会のリーダーの会) その後、オフィスのご近所のスパイスカレー屋さん。この前見つけた気になってたお店へ。 おいしかった〜当たりでした。ので、また来たい。うちの事務所はオフィス街なので、ランチは美味しいお店がたくさんある。一人ではなかなか行けなかったけど、最近は旦那さんとあちこち散策に。 一人旅であちこち行ってたときにいつも思ってたけど

2
子育て女性の自由な働き方⑤起業は誰でもいつでもできる!

子育て女性の自由な働き方⑤起業は誰でもいつでもできる!

個人で誰かに仕事の対価をいただいたら、もうそれは起業です。対価の金額や仕事の内容は問題ではありません。 つまり、起業は誰でもできるのです! コロナ禍で、ネットやSNSを活用した起業家が注目されるようになりました。趣味が仕事になる時代です。 好きなことや得意なことでお金がいただけるっていいですよね!それで生活をするくらい稼ぐとなると、そう簡単ではなさそうですが、子育て中は、子育てが本業で起業は副業でいいと思います。 母乳育児の方は、3時間おきに授乳が必要なので、睡眠不足に

5
米国登録栄養士の少し変わった進路 【病院編】

米国登録栄養士の少し変わった進路 【病院編】

一般的に管理栄養士の進路は想像つくような決まった病院や保健所での職業を想像すると思います。 私はアメリカで登録栄養士になり、少し変わった道を進みました。 最初は臨床栄養士として病院で勤めていましたが、後に管理職に就き、ヨガ講師を取得し、8年のキャリアを退職しました。 現在では自営でコーチング(カウンセリング)やリトリートを仕事として働いています。 仕事の迷い、挫折、キャリアップ、退職、自分らしい仕事、自営への道 管理栄養士になりたいけどどんな仕事がしたいかよく分からな

6
次世代の神主さん

次世代の神主さん

今週のひと言を書いていただいている、大阪の服部天満宮の神主・加藤大志さんは、次世代を担う新しい感性をお持ちの神主さん。 Clubhouseが盛り上がっていた初期に出会い、お話が面白かったのですぐにInstagramからDM。辛酸なめ子さんと一緒に開催した「神主さんを質問攻め!」というルームに登場いただいたのをキッカケに、仲良くさせていただいています。 神主さんは「言挙げせず」という文化があり、人前で多くを語らない風潮があるそうで、確かにお寺・お坊さんのイベントやワークショ

1