今だからこそ、イノベーションとは何かを話そう

イノベーションという言葉がビジネス界を斡旋してから、もうどれだけ時間が経ったでしょうか。最初の発端はヨーゼフ・シュンペーターによる『技術革新』だったはずですが、今では随分と乖離してしまったように感じるのは僕だけではないと思います。

 もちろん、すべてのサービスが創始者にとっては革新的と思えるものです。ですが、それは傍から聞けば閉口してしまうようなモノであることなどが往々にしてあります。

 先に

もっとみる

大塚家具騒動で何が起こったか

まずは今回記事の趣旨を

この記事は2015年に起きた「大塚家具」で起きた騒動を
まとめたものではありません。

ただ、この騒動を題材に「起業家」という存在についての
「問題提起をしたい」というものです。

この点を十分にご理解の上で、お読みください。
また、文中にある分析は、その当時にしたものも含めて
お話しておりますので、現状を表していないものも含まれます。

そのため、違和感があっても生暖か

もっとみる

営業電話ってキライですか?

こんにちは!ITプロパートナーズで内定者インターンをしているはるかです!

突然ですが、皆さん営業電話の対応って好きですか?私は、このインターンを始めるまでは、正直苦手でした(笑)なんだか営業の人の「売上をあげたい!」といった思いが伝わって来るようで、得意じゃなかったんですよね。。

ただ、インターンで電話をする側に立つことによって、そうではないんだなぁと気づくことが出来ました。
今回は、そんなテ

もっとみる
めっちゃ嬉しいです^ ^
3

何かを成功するためには「嫌なやつ」になる必要があるか?

アップル社の創始者の1人、スティーブ・ジョブズ氏はアメリカ国家技術賞の受賞経験もある21世紀最高の経営者である一方で、自己中心的で傲慢な性格で上手く人間関係を築くことができない。

ライブドア元社長の起業家である堀江 隆文氏は自身の妨げとなる社員を切り捨てることを厭わない。

このように、成功を収めてきたイノベーターにはよく「性格が悪い」とか「サイコパス」という悪評が付きまとっているが、何かを成功

もっとみる

【人生の《不安》を何も感じなくなるステージ】

例えばお金に自分が困っている時
どうにかしようと思って

■《やりたくもないバイト》を増やしてみたり

■《テンションが上がるわけでもない企画》を
打って集客をかけてみたり

■《ガムシャラに》人に会ってみたり
 
 

そうやって

必死になって
自分で帳尻合わせしようと
頑張るんじゃなく

ただ

自分のテンションが上がる
魂が喜ぶことだけを

忠実にやっていく。

 
 

  
新しいお金

もっとみる

満たされた時代だからこそ考える。何のために頑張るのか?

もはや”食うために必死に働く”という時代でもない現代において、
”何のために頑張るんだろうか・・・”
と迷う人は多い印象です。
実際、自社内でも耳にしたことはあります。

そんな問いに対しての私なりの回答を

何のために頑張るのか?

ずばり・・・

幸せになるために頑張る!

これに尽きます。

何て哲学的or文学的な回答なんだ!
と思うかもしれませんが、これには理由があります。

まず大前提と

もっとみる

【年収8桁A君は変態的にドケチ】

A君は1人暮らしを始めます。

そのため、大学へ入学する2週間前

僕は、A君の引っ越しの手伝いをしました。

結論から言うと、

死ぬほど、こき使われました笑

A君は、実家から布団のみ持ってきて、

家電や家具などは、アパートの近くの店で

全て買いそろえました笑

アパートまで運ぶ際、

僕とA君は、まだ車の免許をもっていなくて

もっとみる

【TGA Festival 2020】いよいよ開催!見どころ紹介!

こんにちは!東北グロース事務局です。
TGA Festival 2020 いよいよ開催まで残り5日間となりました!

今回はTGA Festival 2020当日の見どころをお伝えしたいと思います!

【見どころ① カンファレンスfloor】

12:45-13:35 クリエイティブの社会実装
このセッションでは、クリエイティブを「独創的な企画や試み」と定義し、地方におけるクリエイティブの重要性に

もっとみる

Vol.1古民家café & コーヒー豆焙煎所 & ヨットカフェを起業するの巻

みなさんはじめまして。

初掲載させて頂く四捨五入で60歳のオッサンです(^^;;

色々な掲載を読んで自分も書いてみようと思いまして書き始めます。

何を書くかって?・・56歳中年サラリーマンのおっさんが2011年3月11日東日本大震災の津波被災エリアで起業を計画してました。

内容は珈琲自家焙煎所とカフェと民泊とヨットクルーザーを活用したヨットシェアをひとりでやる気という無茶な計画を立て、5銀

もっとみる
こんなオッサンの掲載にありがとうございます😊
6

ダーリンは起業家 (笑)

私の旦那さんは、いわゆる“起業家”です。

友達や知り合いにも何人か起業家の人たちはいるけれど、すっごい偏見&失礼を承知で言うと、起業家の人ってギラギラしてて、人前に出るのが大好きで、イケイケドンドンって感じのイメージでした。(起業家のみなさん、ほんとごめんなさい)

でも、旦那さんに出会ってそのイメージがいい意味で覆されたのです。
今思えば、先生に色々な先生がいるように、起業家にだって色々な起業

もっとみる
スキ!チェーズーバー!(ありがとう!)
9