「大丈夫です。」のすれ違い

こんにちは。ぱるです。

この前、めしの助さんでサーモンといくらの親子丼食べました。あぁ、幸せはここにあり。

今日はかなり早めの投稿をします。夜はテスト勉強をしたいので早起きして余裕のある今の時間を使って書いていきます。

みなさんよく「大丈夫です。」って使ってませんか?

使っているシーンを挙げればキリがありません。

今回はこの「大丈夫です。」の意外なすれ違いをテーマにします。

知り合いに

もっとみる

【考えるおおかみ4】これって嫉妬じゃなくて認識の齟齬だ

哲学を学問として学ぶ社会人大学生(仮)が、日々考えたことをつぶやく日記。

早く授業を決めなくては。。

更新が止まったら、解脱したと思ってください。

さて。

「あの子かわいいね」「あの子天然だね」

そんな言葉を耳にして、何故かもやもやする。

かわいい子も天然な子も大好きだし、
魅力的だと思う。

でも、何故かその子に対する評価だけは
受け付けられない。

どうして?

わたしはそれを嫉妬

もっとみる
ありがとうございます!
3

自分の価値を分かって行なう時、次元が上がる

相手に認識される自分を変えようと努力する時、変化する

ある女性がみじめな自分の人生を悲観して神様に切実に祈りました。
「この汚らしい家の中。一日中気をもませる子供たちと、敵も同然の夫。
本当に生きるのがとてもつらいです。こんな私をそれでも神様が愛していらっしゃるなら、今すぐ天国に連れて行ってください」

その時、神様が現れておっしゃいました。
「愛する者よ、私があなたを愛し、またあなたのすべての

もっとみる
読んで下さってありがとうございます!
1

認識のズレと、私のモヤモヤ

彼とくだらない喧嘩をした。

きっかけはいつも、
相手の言葉のどこかしらにモヤモヤすることから始まるのだが、その理由が言語化できなくて辛い。

もしかしたら、ただ「今のはむかつくなー」くらいでいいのかもしれない。

それでも大抵は、「なぜ嫌だったのだろう?」と無駄に深掘りをしてしまう。
そして最終的に「ちっちぇ男は、いやなんだ…!」という違和感だったんだな、となんとも自分勝手?な結論に落ち着くこと

もっとみる
ありがとうございます🥰
9

置かれた環境と自身の認識のはなし

本当に周りの環境に気付くことって大事 自分にとっての普通は他人にとっての非日常なので

でもずっと不思議に思ってることがあって、私は第一子同士の第一子で親戚の中でもいちばん年上、かつ2歳で森を切り開いてできたばかりの振興住宅地に引っ越した核家族で、だから周りには「自分より少し年上の知り合い」などおらず、友達もほんと第一子ばかりで、だけどそういう環境(開拓地、かつ車がないと生活すらできない環境)だっ

もっとみる
ありがとうございます!励みになります……!
16

変人のすゝめ『一十一』この世の中のこと

いま、ボクたちが生きている、この世界。

全員が、違う世界を生きています。

なぜって、ご自分の興味あること、関心があること、それしか、認識できないんです。

わかりやすい例では、ご自身の家のクルマが、ホワイトとかシルバーとか、ありふれた色しか選択しなかったひとが、キレイなブルーを選択すると、世の中に、ブルーのクルマを認識し初めるのです。

世の中に、こんなに、ブルーのクルマがあったんだ、と…。

もっとみる

【😷】マスクを促して、投げられて【叩き売り👊🏻】

4月。画伯ちゃんは困り果てていた。

"マスクどこにも売ってへんやん..."

世界からマスクが消えてしまった。
引きこもりニートの画伯ちゃんにも影響は出ていた。

前回のマスク事情↓↓↓

マクス探さなきゃ...

ちゃんと付けていないと、通所していた障害者施設はもちろん、病院、商業施設にさえ入ることのできない日々になっていた。

"どないしよ..."

前回の記事に書いたように、

・親から少

もっとみる
結婚しよ!
44

睡眠薬を飲み過ぎている可能性が高い患者さんの事例の進展と考えられること

話の進展あり

皆さんいかがお過ごしでしょうか。

前編、中編、後編、と三部作でお届けした
『睡眠薬を飲み過ぎている可能性が
 高い患者さんの事例』

この事例は現在進行形の症例です。

つい最近また進展があったので、
(続き)と称して書いていこうと思います。

決して他に事例がないわけではないのですが、
ひとまず、お付き合いいただければと存じます。

◼️またもや少し早めの受診に

1ヶ月間は処

もっとみる
ありがとうございます!!!(甲子柿)
39

どのように接するのか、その認識と異化

「アイスクリーム!」というと、「甘くて冷たいもの」として喜んで「接する」人がいるし、「歯にしみて食べたら太るもの」として負担に思って「接する人」がいます。事物であれ、人であれ、環境であれ、「認識」する通りにそれに接するようになります。「認識し、その認識の通りにそのまま接すること」を心理学的用語でいうと「表象(Representation)」するといいます。これは、英語のRE(再び)、PRESENT

もっとみる
読んで下さってありがとうございます!

変と凡のあいだにー「とても疲れやすい」

どうも、SOSU Loverでございます。

「変と凡のあいだに」と題して、「今まで歩んできた人生の中で感じた生き辛さ」をテーマに語っていきます。

プロローグはこちら

今回は、「疲れやすい」ということについて。

多くの人が当たり前のようにこなせることが、自分にはできないことが多いです。臨機応変に行動したり、上手にコミュニケーションを取って相手と作業したりするのは、僕にとって至難の業です。

もっとみる
数字を楽しみましょう!