吉田裕児@人と組織を咲かせる人財育成コンサルタント

人と組織を咲かせる人財育成コンサルタント 千葉県船橋在住 著書「部下が変わる本当の叱り方」 自身が失敗した「部下の指導法」と向き合い、マネジメントやリーダーシップという分野を研究。 次世代リーダーに向けて、強い組織づくりの研修やコンサルティングを日々行なっている。

吉田裕児@人と組織を咲かせる人財育成コンサルタント

人と組織を咲かせる人財育成コンサルタント 千葉県船橋在住 著書「部下が変わる本当の叱り方」 自身が失敗した「部下の指導法」と向き合い、マネジメントやリーダーシップという分野を研究。 次世代リーダーに向けて、強い組織づくりの研修やコンサルティングを日々行なっている。

    マガジン

    • 情熱所長シリーズ『本当の叱り方』

      情熱所長は、若い頃、仕事もバリバリできて成果も出し優秀なプレーヤーでした。 ところが、現場の責任者になったら、部下が思ってように動いてくれません。 優秀なはずの自分が、どうして部下を動かせないのかと悩んでします。 そこへ、情熱所長の上司である吉田部長が、人を動かすリーダーシップやマネジメントについて情熱所長へ対話と通じて、そのノウハウを伝授する物語です。

    • 誰も教えてくれないメンバーの生産性のあげ方

      部下の力を100%引き出すためには、部下が自分に掛けているブレーキを外すことが必要です。部下が生産性を下げているブレーキを外し、生産性をあげるアクセルに踏みかえる上司のマネジメントとリーダーシップを紹介します。

    • 自信を無理なくつける方法

      人はいつの間にか、自信を持てなくしてしまっています。なぜ、人が自信を持てなくなってしまうのか、そのメカニズムを知れば自信のつけ方がわかってきます。まず、自信が持てなくなってしまうメカニズムを一緒に考えていきましょう。 もし、私は自信があるから大丈夫だという方でも、自信が持てなくなるメカニズムを知れば、お子さんや部下に自信をつけてもらう方法もわかってきます。

    • パートナーシップを築く秘訣

      パートナーとなんとか上手くやりたい、優しい言葉を掛けたいと思っている男性に読んでもらいたいマガジンです。 恥ずかしがり屋の男性のためにパートナーシップを築くノウハウをお伝えします。

    • 人を育てる経営者の問題解決の方法

      日本の中小企業を元気するために、本音で語り合い本気で頑張れる職場つくりを目指しています。そんな職場、会社になれば、社長も社員も、その先にいるお客様、さらには世の中全体が幸せになっていく。喜びに満ち溢れた世界になっていると確信しています。そんな世界をつくるために情報をお伝えしていきます。

    最近の記事

    年上部下の活かし方Vol.5~ベテラン社員の4つの気持ち~情熱所長シリーズVol.74

    こんにちは! 人と組織を咲かせる人財育成コンサルタント 吉田裕児です。   役職定年を迎えたり定年が近かったりするベテラン社員はどんな気持ちになっているか想像できるでしょうか。若いマネージャーには、なかなかその気持ちを分かることができません。   しかし、その気持ちを分からずにベテラン社員に接してしまうと、ベテラン社員は力を発揮することはできません。   今回は、年上部下を活かす上で重要なベテラン社員の気持ちがどのようになっているか吉田部長と情熱所長の対話からお伝えしていきま

    スキ
    2
      • 年上部下の活かし方Vol.4~主体的になるために情報の共有が必要~情熱所長シリーズVol.73

        こんにちは! 人と組織を咲かせる人財育成コンサルタント 吉田裕児です。   年上部下は、どうしても指示待ち状態になりやすいものです。 まだ仕事を覚えたての若手部下に指示を出すのは致し方ないとしても、ある程度仕事を知っている年上部下に指示を出すことは、なるべく少なくしたいところです。   では、どのように『指示待ち』から『自ら考え行動する』部下になってもらうか吉田部長と情熱所長の対話からお伝えしていきます。   今回のポイントは、情報の共有です。   それでは、はじまりです!

        スキ
        1
        • 年上部下の活かし方Vol.3~相手を知ることが信頼関係のはじまり~情熱所長シリーズVol.72

          こんにちは! 人と組織を咲かせる人財育成コンサルタント 吉田裕児です。   俺は偉いんだという上司プライドを手放し、相談という自己開示で年上部下の心を開いたつもりでいる情熱所長ですが、まだまだ年上部下Aさんは本音で話してくれないようです。   前回、前々回の記事  情熱所長がAさんと本音で語り合えるために、何からはじめれば良いか吉田部長と情熱所長の対話からお伝えしていきます。   それでは、はじまりです!   人は相手のことを知らないと警戒する 情熱所長 吉田部長、Aさ

          スキ
          3
          • 年上部下の活かし方Vol.2~自己開示という心の扉の開け方~情熱所長シリーズVol.71

            こんにちは! 人と組織を咲かせる人財育成コンサルタント 吉田裕児です。   年上部下を持つ多くの上司が、『仕事を頼みにくいな』と感じているのではないでしょうか。何かよそよそしい年上部下との心の壁も感じています。 これでは、新人レベルの誰にもできる仕事しか任せることができず、年上部下は、持てる力を発揮することができません。   今回の『年上部下の活かし方Vol.2』では、年上部下が心の扉を開き持てる力を発揮する方法を吉田部長と情熱所長の対話からお伝えしていきます。   それで

            スキ
            7

          マガジン

          マガジンをすべて見る
          • 情熱所長シリーズ『本当の叱り方』

            • 74本

            情熱所長は、若い頃、仕事もバリバリできて成果も出し優秀なプレーヤーでした。 ところが、現場の責任者になったら、部下が思ってように動いてくれません。 優秀なはずの自分が、どうして部下を動かせないのかと悩んでします。 そこへ、情熱所長の上司である吉田部長が、人を動かすリーダーシップやマネジメントについて情熱所長へ対話と通じて、そのノウハウを伝授する物語です。

          • 誰も教えてくれないメンバーの生産性のあげ方

            • 16本

            部下の力を100%引き出すためには、部下が自分に掛けているブレーキを外すことが必要です。部下が生産性を下げているブレーキを外し、生産性をあげるアクセルに踏みかえる上司のマネジメントとリーダーシップを紹介します。

          • 自信を無理なくつける方法

            • 19本

            人はいつの間にか、自信を持てなくしてしまっています。なぜ、人が自信を持てなくなってしまうのか、そのメカニズムを知れば自信のつけ方がわかってきます。まず、自信が持てなくなってしまうメカニズムを一緒に考えていきましょう。 もし、私は自信があるから大丈夫だという方でも、自信が持てなくなるメカニズムを知れば、お子さんや部下に自信をつけてもらう方法もわかってきます。

          • パートナーシップを築く秘訣

            • 8本

            パートナーとなんとか上手くやりたい、優しい言葉を掛けたいと思っている男性に読んでもらいたいマガジンです。 恥ずかしがり屋の男性のためにパートナーシップを築くノウハウをお伝えします。

          • 人を育てる経営者の問題解決の方法

            • 4本

            日本の中小企業を元気するために、本音で語り合い本気で頑張れる職場つくりを目指しています。そんな職場、会社になれば、社長も社員も、その先にいるお客様、さらには世の中全体が幸せになっていく。喜びに満ち溢れた世界になっていると確信しています。そんな世界をつくるために情報をお伝えしていきます。

          • 若手現場監督が仕事を楽しめる方法

            • 3本
          • 前向きなひとり言

            • 6本

            読んで頂いた方が、ほっこりしたり、元気になったり、なるほどなと思ったりしていただくことをお伝えします。

          • 誰も教えてくれない建設現場の安全対策

            • 10本

            現場で働く人たちがやる気になり事故を防ぐ方法を紹介するマガジンです。 現場で注意したり、現場の設備を整えるだけでは事故はなくなりません。 ルールが増えるばかりで生産性が落ちるばかりです。 一番大切なことは、働く人たちが事故を無くそうする気持ちです。 そんな働く人の気持ちを応援する方法を紹介しています。

          • リモートワーク時代の部下との付き合い方

            • 7本

            コロナ渦の影響で、多くの企業がリモートワークを始め、今は緊急対処から常態になりつつあります。 まさにオンラインでのマネジメントが上司に必須のスキルとなってきました。 リモートワークでの部下のモチベーションをあげる上司のマネジメントとリーダーシップのスキルを紹介します。

          • 情熱所長シリーズ『本当の叱り方』

            • 74本

            情熱所長は、若い頃、仕事もバリバリできて成果も出し優秀なプレーヤーでした。 ところが、現場の責任者になったら、部下が思ってように動いてくれません。 優秀なはずの自分が、どうして部下を動かせないのかと悩んでします。 そこへ、情熱所長の上司である吉田部長が、人を動かすリーダーシップやマネジメントについて情熱所長へ対話と通じて、そのノウハウを伝授する物語です。

          • 誰も教えてくれないメンバーの生産性のあげ方

            • 16本

            部下の力を100%引き出すためには、部下が自分に掛けているブレーキを外すことが必要です。部下が生産性を下げているブレーキを外し、生産性をあげるアクセルに踏みかえる上司のマネジメントとリーダーシップを紹介します。

          • 自信を無理なくつける方法

            • 19本

            人はいつの間にか、自信を持てなくしてしまっています。なぜ、人が自信を持てなくなってしまうのか、そのメカニズムを知れば自信のつけ方がわかってきます。まず、自信が持てなくなってしまうメカニズムを一緒に考えていきましょう。 もし、私は自信があるから大丈夫だという方でも、自信が持てなくなるメカニズムを知れば、お子さんや部下に自信をつけてもらう方法もわかってきます。

          • パートナーシップを築く秘訣

            • 8本

            パートナーとなんとか上手くやりたい、優しい言葉を掛けたいと思っている男性に読んでもらいたいマガジンです。 恥ずかしがり屋の男性のためにパートナーシップを築くノウハウをお伝えします。

          • 人を育てる経営者の問題解決の方法

            • 4本

            日本の中小企業を元気するために、本音で語り合い本気で頑張れる職場つくりを目指しています。そんな職場、会社になれば、社長も社員も、その先にいるお客様、さらには世の中全体が幸せになっていく。喜びに満ち溢れた世界になっていると確信しています。そんな世界をつくるために情報をお伝えしていきます。

          • 若手現場監督が仕事を楽しめる方法

            • 3本
          • 前向きなひとり言

            • 6本

            読んで頂いた方が、ほっこりしたり、元気になったり、なるほどなと思ったりしていただくことをお伝えします。

          • 誰も教えてくれない建設現場の安全対策

            • 10本

            現場で働く人たちがやる気になり事故を防ぐ方法を紹介するマガジンです。 現場で注意したり、現場の設備を整えるだけでは事故はなくなりません。 ルールが増えるばかりで生産性が落ちるばかりです。 一番大切なことは、働く人たちが事故を無くそうする気持ちです。 そんな働く人の気持ちを応援する方法を紹介しています。

          • リモートワーク時代の部下との付き合い方

            • 7本

            コロナ渦の影響で、多くの企業がリモートワークを始め、今は緊急対処から常態になりつつあります。 まさにオンラインでのマネジメントが上司に必須のスキルとなってきました。 リモートワークでの部下のモチベーションをあげる上司のマネジメントとリーダーシップのスキルを紹介します。

          記事

          記事をすべて見る
            • 年上部下の活かし方~俺は偉いという上司バイアスを取り除く~情熱所長シリーズVol.70

              こんにちは! 人と組織を咲かせる人財育成コンサルタント 吉田裕児です。   |年上部下の活用という新しい働き方 最近、企業研修で年上部下をどのように指導したら良いのかという質問を多く受けます。役職定年や定年延長制度などの時代背景もあり、多くの上司が悩んでいることも確かです。 これからの新しい働き方を考える上で、年上部下が人財として活躍してくれることは、とても重要な課題と考えます。   今回から、『年上部下の活かし方』について、吉田部長と情熱所長の対話からお伝えしていきま

              スキ
              3
              • 部下の自主性を高める1on1の極意~準備が9割。上手くいくかどうかは日常で決まる~情熱所長シリーズVol.69

                こんにちは! 人と組織を咲かせる人財育成コンサルタント 吉田裕児です。   |1on1を受ける部下の4つの気持ち  「1on1(一対一の対話)」を進める中で、部下がどんな気持ちになっているか気づいているでしょうか。実は、上司の関わり方によって部下の気持ちは4つに分かれます。   例えば、一つ目が「不満が言えるぞ!」(これはチャンス)。 二つ目は「1on1で私をやる気にさせたいんでしょ!そんな手には乗らないわ!」(拒否)。   三つ目は「あなたがやりたいから、ただやるだけ!

                スキ
                5
                • 部下の自主性を高める1on1の極意~主役にするだけで行動変革が起きる~情熱所長シリーズVol.68

                  こんにちは! 人と組織を咲かせる人財育成コンサルタント 吉田裕児です。   部下が頭の中を整理できれば、目標達成に向けた行動変革ができることは分かった。 けれども、部下が行動変革できるまでの「1on1(一対一の対話)」をどのように進めて良いか分からないと悩んでいる上司も多いのではないでしょうか。   今回は、部下が思考を整理して目標達成に向けた行動変革できる「1on1」の進め方について、吉田部長と情熱所長の対話から教えて貰いましょう。   ※前回の記事 部下の自主性を引き上

                  スキ
                  7
                  • 部下の自主性を引き上げる「1on1」の極意~部下に『変化』を起こすために必要なもの~ 情熱所長シリーズVol.66

                    こんにちは! 人と組織を咲かせる人財育成コンサルタント 吉田裕児です。   1on1(部下の対話)を進めるとき、部下が混乱しているなと感じるときはないでしょうか。 部下が混乱してしまうと、目標達成に向けた部下の行動変革が難しくなってしまいます。   今回は、混乱せず部下が思考を整理して、目標達成までの行動変革ができるようになるための「1on1」の考え方について、吉田部長と情熱所長の対話から教えて貰いましょう。   ※前回の記事 『部下の自主性を引き上げる1on1の極意 ~自分

                    スキ
                    7
                    • 優秀なリーダーが陥る落とし穴~新しいポジションで大切なこと~

                      こんにちは! 人と組織を咲かせる人財育成コンサルタント 吉田裕児です。   新刊kindle出版のお知らせです。   優秀なリーダーが陥る落とし穴 ~新しいポジションで大切なこと~   まえがきより   ■結果だけを求めるとチームは崩壊する 最近、あんなに意欲的だったリーダーが、元気がないなと感じる場面を見かけないでしょうか。リーダーになりたてのころや新しいポジションでは、優秀なリーダーとして早く認めてもらいたいので、結果を出すことばかりに目が向かいます。   実は、建設現

                      • 部下の自主性を引き上げる「1on1」の極意~自分を成長させようとする力をアップする~ 情熱所長シリーズVol.65

                        こんにちは! 人と組織を咲かせる人財育成コンサルタント 吉田裕児です。   自主性も高まり自ら動き出した部下に必要なことは何でしょうか。 さらに高い目標、それも大切です。 最も重要なことは、部下が自分と向き合うことです。   今回は、なぜ自分に向き合うことが重要なのか、そしてどのように向き合えばよいのかを前提に「1on1」の考え方、進め方を吉田部長と情熱所長の対話から教えて貰いましょう。   ※「1on1」とは、目標達成のための部下との1対1の対話です。   部下の自主性の

                        スキ
                        5
                        • 部下の自主性を引き上げる「1on1」の極意~課題を見極める力をアップする~ 情熱所長シリーズVol.64

                          こんにちは! 人と組織を咲かせる人財育成コンサルタント 吉田裕児です。   社員や部下との「1on1」(1対1の対話)は、何のためにやっているのでしょうか。よく勘違いすることは、信頼関係の構築のためだけだと考えてしまうことです。   もちろん、社員や部下との信頼関係はとても重要なことです。ただ、その先にある会社や組織の目的目標の達成という最も重要なことを忘れてしまうことが多くあります。   だから、ご機嫌伺いような雑談で終わってしまうこともしばしば。これでは本末転倒です。「1

                          スキ
                          3
                          • 「決めつけ」が自信のない子を育てる。「決めつけ」という習慣から解放される方法

                            人間の恐ろしい習慣『一貫性の法則』を知っていますか?   いきなりですが、お子さんや部下を自信のない子だとか、自信のない部下だと決めつけていませんか。 もし、そうだとすると一貫性の法則に陥ってしまっている可能性があります。   人は一度決定したことを無意識のうちに正当化して、最後までそれが正解だと証明するために思考し行動してしまいます。これを心理学で『一貫性の法則』と呼んでいます。   多くの親や上司は、子供や部下が失敗してしまうと「あの子はできない子、できないやつ」と決め

                            スキ
                            4
                            • 組織のゴールを達成する「1on1」の極意~部下の次の一手を考える力をアップする~ 情熱所長シリーズVol.63

                              こんにちは! 人と組織を咲かせる人財育成コンサルタント 吉田裕児です。   社員や部下との「1on1」(面談やミーティング)で上手く相手の本音を引き出せないと感じたことはないでしょうか。多くのリーダーが悩むところです。   上手くいかない一つの原因が、相手の自主性の状態にマッチした「1on1」の進め方をしていないからだと考えられます。   部下の自主性の5つの状態 『A状態:できれば仕事をやりたくないと思っている』 『B状態:やることをやって早く帰りたいと思っている』 『

                              スキ
                              4
                              • 不安な子に『大丈夫!』と言ってはいけない理由。不安を安心に変える

                                不安を否定すると、さらに不安になる もし、不安なことがあったら仕事が手につくでしょうか。やはり、頭の中で不安がぐるぐる回って集中できなくなってしまったり、何も手につかなくなったりしてしまうかもしれません。   それと同じようにお子さんや部下も、もし不安を抱えていたら勉強や仕事どころではなくなってしまいます。   「私にはできない」「私には経験がない」と思い込んでいる不安があると前向きな行動をすることはできません。   もし、お子さんや部下が自分にはできないと自己否定してしま

                                スキ
                                3
                                • 組織のゴールを達成する「1on1」の極意~部下の自主性のレベルに合わせたアプローチ法~ 情熱所長シリーズVol.62

                                  こんにちは! 人と組織を咲かせる人財育成コンサルタント 吉田裕児です。   部下と「1on1」をはじめるとき、どんな始め方をしていますか。 「君のゴールは何?」と聞いても、首をかしげて答えられない部下が多いのではないでしょうか。 ※「1on1」とは、上司と部下が一対一で行う対話です。   今回は、部下の自主性の状態に合わせた「1on1」の進め方を吉田部長と情熱所長の対話からお伝えします。   吉田部長 情熱所長、1on1の調子はどうかな? 上司の陥りがちなマインドにはなってい

                                  スキ
                                  3
                                  • 組織のゴールを達成する「1on1」の極意~上司の陥りがちなマインドとは?~ 情熱所長シリーズVol.61

                                    こんにちは! 人と組織を咲かせる人財育成コンサルタント 吉田裕児です。   新年度がはじまり1ヶ月が経ちましたね。 社員や部下とのコミュニケーション円滑化や自主性を促す目的で始めた「1on1」は上手くいっているでしょうか。 「1on1」とは、上司と部下が一対一で行う対話です。   今回は、経営者や上司が「1on1」を行うときに陥りがちなマインド(気持ちや考え)と持つべきマインドについて吉田部長と情熱所長の対話からお伝えします。   上司の思考の癖がでる「1on1」 吉田部

                                    スキ
                                    4