混ぜるな。退職エントリと転職エントリの相性は最悪〜前職は「セルフ終身雇用」先の最有力候補〜

今日か明日くらいに退職エントリが増えるはずです。いままさに書いている方もいるはず。

転職エントリは前職の「無意識の批判」になる

でも、退職エントリと転職エントリは混ぜてはならぬのです。。。意図せず前職を批判する形になってしまいます。そうするとせっかく円満退職を超える「最高の会社の辞め方」ができていても、関係が崩れてしまいます。

どれだけお礼の言葉を退職エントリに記しても、転職エントリ、つまり

もっとみる
ありがとうございます。またお気軽に遊びに来てください。
5

「仕事を辞める」というカードを1枚持っておくこと

「終身雇用の崩壊」

今の20代前半で、
一生同じ会社で働けると思っている人なんて
ほぼいないのではないでしょうか?

その理由は
ANAやJALのような、学生が働きたいと思う
すごい大きな企業ですら傾いているから

そんな中でも常に思っていること

「仕事辞めるのはヤバい」
「続けないともったいないから辞められない」

▪️一生働かないんだろうな〜と思いつつ
   辞めるのにはすごい抵抗がある

もっとみる
やる気が満ち溢れてきたーーー🔥
79

これからの組織は個性の集合体になる

大きい企業のメリットってたくさんありましたが、今では図体が大きいことがかえって負担になってしまい、小回りが利かないことで、時代の急速な変化に対応できなくなってきました。

日本人は「ウチの会社が〜」なんて言うように、所属することで自分が会社の一部であるような意識があって、もちろんその忠誠心というか、会社に対する想いが組織を支えてたというのもありますが、組織はあくまでも人の集合体であって、個々人の意

もっとみる

蟻とキリギリス

どうも、じぇいかわさです。

最近の働き方改革等のニュースを読んで、ふと蟻とキリギリスの物語を思い浮かべました。

物語の基本は、コツコツと地道に働いた蟻が寒い冬を乗り切り、遊んでいたキリギリスは飢えと寒さで死んでしまったと言う定番の話。

本当にそうでしょうか?

有りの社会は終身雇用のしかもブラック

別に蟻じゃないので本当のことは分かりませんが、蜂にしても女王を頂点にした完全にピラミッド型社

もっとみる
スキをありがとうございます!
1

日本の定年延長に否定的な理由

今回は「日本の定年延長に否定的な理由」というテーマで話をしたいと思います。 政府は定年延長70歳定年)を企業の努力義務としていますが、これは最終的な義務を想定した制度導入になると私はみています。一定の移行期間を踏まえたうえで、世間の反応を探りながら最終的には義務化してしまおうという企みだと考えています。

私は専門家ではありませんが、この制度には否定的です。雇用維持という点ではメリットはあるかもし

もっとみる
嬉しいです! ありがとうございます!
2

時間は有限です。どう使いますか。2020年を生きる私たちの疑問。

何をしないかを決める。これが重要です。byジョブス

 何をするかに重きを置いてしまうものですが、1日に使える自由時間など雀の涙。限度があります。自分という人的資源を会社や組織に投じるわけです。65歳まで働くと仮定すれば43年費やすことになる。
▼ここでペルソナ定義します。
30歳。独身。中小サラリーマン。平均残業1時間。1日実労働9時間。
年間休日115日。労働日数250日。
年間労働時間は22

もっとみる
嬉しいです!
3

社長!退職するから退職金ちょうだい!

「終身雇用はもう維持できない」

会社に入ったら、その会社で定年まで働くことが、今までの日本では当たり前のように行われていた。いわゆる『終身雇用』である。
しかし、「働き方改革」により、働き方が多様化し、雇用の流動化が進んでいる今では、ずっと同じ会社で働くことの方が、珍しいように感じる。

冒頭の言葉は、経団連の会長のものです。
これは、企業側から見た発言であるけれども、働く側からみても、同じ会社

もっとみる
ありがとうございます!

メモ:複業にも「退職の仕方」が気になる

複業をテーマにしたプロジェクトを進めていまして、毎週会議をしています。

その中で「複業の始め方」だけでなく「複業の退職の仕方」も興味があるひとが多いことがわかってきました。

確かに新卒の就活でも社会人の転職でも、社風が過剰に重視されたり、終身雇用とまではいかなくても数年から数十年は在籍することを期待されます。その前提が複業活動に引き継がれるとしてもおかしくありません。

就活や転職が退職を前提

もっとみる
ありがとうございます!とても励みになります。
4

「人気企業が新卒採用をあきらめる時代」の働き方は「セルフ終身雇用」になる〜JTBグループ2022年度入社の新卒採用を見合わせる〜

JTBグループが2022年度入社の新卒採用を見合わせることを発表しました。

JTBグループ2022年度入社の新卒採用について|JTBグループサイト

来年度以降も新卒採用は見合わせになる可能性が高い

新卒採用見合わせの原因は直接的にはコロナの影響のようです。その影響から、『中期経営計画 「新」交流創造ビジョン』を策定する中で「新卒採用は見合わせる」経営判断がなされたとあります。

JTBグルー

もっとみる
ありがとうございます。ページをお持ちでしたら見たいので送ってください!
4

働き方が多様性を増したりしてきて良い時代になってきたなと思うカルシウムですが

これからは副業とか言わずに、セカンドワークとかって認識になってくるんじゃないかな?と少し思います。

もう少し働き方が変わって、そうなって欲しいですよね。

ありがとう!!🤗
8