カトウシンイチロウ / 人生を開拓するキャリアパートナー

新卒でベンチャー→ワーホリ→人材系アウトソーサー→米国系企業で人事(採用や労務)として10年近く働き退社。 現在は誰かの変化点となるべくキャリア(仕事+人生)相談をお伺い。個別面談 受付中。 noteは自己内省と分析、キャリア、人事/採用情報がメイン。+ときどき呟き。

カトウシンイチロウ / 人生を開拓するキャリアパートナー

新卒でベンチャー→ワーホリ→人材系アウトソーサー→米国系企業で人事(採用や労務)として10年近く働き退社。 現在は誰かの変化点となるべくキャリア(仕事+人生)相談をお伺い。個別面談 受付中。 noteは自己内省と分析、キャリア、人事/採用情報がメイン。+ときどき呟き。

    マガジン

    最近の記事

    • 固定された記事

    私にとってのキャリアコンサルタントという仕事とは。

    note内をお散歩していて、こんな記事に出会った。 キャリアコンサルタントの知名度が低いというのは、以前から多くのキャリアコンサルタントが感じている課題だと思う。 私自身も初対面の方に自己紹介で「キャリアコンサルタント」ですと名乗ると、「いいお仕事あったら紹介して!」と冗談交じりに言われることがある。どうにも、人材紹介業(あるいは、紹介会社のアドバイザー)と誤認されているような気がする。 まぁ、そういう誤解が生まれてもしょうがないというのも分かる。人材紹介会社のアドバイザ

      • 2月は逃げる。花粉が来たる。

        「一月往ぬる 二月逃げる 三月去る」 1月から3月までは、色々と行事が続くのであっという間に月日が過ぎてしまうことを表す言葉です。 その言葉の通り、気が付けば2月も2周目に入ろうとしている。 今年も残すところ47週。早いなぁ。 私は例年、1月2月はスロースタートとなることが多い。 正月ボケが抜けるのが遅いというのもあるけれど、毎年この季節は花粉の影響で全身の倦怠感がひどくて頭がろくに働かなくなるのである。 今年の1月は強引に仕事の予定を詰め込んだおかげで、最低限の稼働は

        • 常識って。(ボヤキ的なつぶやき)

          論理的に説明ができなくなって都合が悪くなったときに振りかざしちゃうよね。 「そんなのわざわざ言わなくたって常識じゃない」 常識には実態が無い。 特定のコミュニティや、特定の価値観を共有する人の間でのみ通用する考え方や慣習、それが常識。 けれど、誰がどのような価値観を有しているかなんて、厳密に線を引いて示すことが出来ない。 常識だったり非常識だったりの狭間をいったり来たりしながら、少しずつ境界線を見つけていって、違いを認識していくのだ。 その過程では、驚いたり驚かされた

          • 節分の日に頑張ったこと

            今日で面接官の集中期間はいったん終わり。 先週と今週で50件の面接対応、頑張った! 就活生でもこんなに面接している人はいないんじゃないだろうか。 そして昨日からは書類選考強化期間。 就活シーズンの本格化に併せてお仕事もたくさん頂いております。 16:30頃にすべての予定を消化したので、そこから晩御飯の買い出しに。 今日は2月3日ということで、節分の日。 元々は海苔屋さんのキャンペーンだとは分かっているけれど、妻からのリクエストもあり恵方巻を買いに出かける。 家を出て、ど

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 就職と採用のお話
            カトウシンイチロウ / 人生を開拓するキャリアパートナー
          • 成長とはなんぞや?
            カトウシンイチロウ / 人生を開拓するキャリアパートナー
          • HR(人事)のお仕事
            カトウシンイチロウ / 人生を開拓するキャリアパートナー
          • 自己分析に関するお話
            カトウシンイチロウ / 人生を開拓するキャリアパートナー

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            書類選考の対策、進んでますか?

            今日も終日 面接官。 若者たちのエネルギーを真っ向から受け止めるのは、画面越しとはいえタフです。特に志望熱意の高そうな方や、一生懸命さを感じる方というのは、画面越しにでもそのテンションが伝わってきます。まるで我が家のモニターが4Dだったのかと錯覚するくらい、熱さを感じています。 #みんな頑張れ! さて、新卒採用に関するお仕事について、新しいご依頼を頂き新しいお仕事が今日から始まりました。 「書類選考」です。 今回の依頼の内容は、いわゆるガクチカの部分だけがズラーっと記載

            外部環境の変化をどう捉えるのか。

            今日も終日面接官。 学生の話(ガクチカなど)を聞いていると、多かれ少なかれ「コロナ禍」という言葉が出てくる。 それもそうだろう。 現在、就職活動を行っている大学生の多くは、2020年(コロナが感染拡大した年)あるいは、その前後に大学に入学しており、入学と同時にリモート環境にシフトせざるを得ず、対面での学生活動が制限されていたのだ。 昨年ごろからある程度規制が緩和されたり、活動範囲がオンラインからリアルにシフトしたという、そんな世代を生きてきた方たちなのだ。 しかし、

            noteをやってて良かった話

            ここ数日、毎日がっつりと面接を行っている。 朝から夜まで。面接と面接の間のインターバルは休憩を含めて30分。 その30分の間に、面接の評価(確認した事実、そこから見極められたこと、その他の情報、合否、合否判断の理由)をまとめてフォームに入力しなければならない。項目は幾つかに分かれているが、延べの文字数は1200~2000文字くらい。 インターバルが30分と記載したが、実際にはその間にトイレに行ったり、水を飲んだり、次の面接の準備をしなければならないので、評価の入力にあてら

            就活生を応援する言葉に悩む面接官

            今週も面接ラッシュ。 朝から夜まで就活生のお話をお伺いしています。 さて、今日は面接のクロージングにどんな言葉をかけるのが良いのだろうという疑問を。 一通りの質問、逆質問が終わると、面接はクロージングに向かう。 必ず伝える言葉はいくつかあるけれど、まずはこの2つ。 「今日は忙しいところ時間をとってくださってありがとうございます」 「答えにくい質問もあったかもしれませんが、たくさんのお話を聞かせてくださってありがとうございます」 この2つに加えて、季節や会話の流れにもよ

            のんびりとした日曜日

            先週は面接が30件近くあり、土曜日は朝から面談と午後は勉強会。 久しぶりに盛り盛りッと詰め込んだ1週間。 そして明日からの1週間も似たような感じ。 と、いうわけで今日は完全な休養日。 昨日は勉強会の内容から色々と刺激を受け過ぎて、脳が興奮状態だったので、夜もなかなか寝付けずに夜更かしをしてしまい、今朝は完全に朝寝坊。 遅めの朝食に、手作りのあんこを使ったあんバターのホットサンドとコーヒーを。それだけで幸せな匂いに包まれる。 お昼になって、散歩がてらに近くのスーパーに向

            久しぶりにおやすみ。

            今日は所属しているコミュニティで、とある超大手外資系企業のオフィス見学に。 色々気づきはあったのだけど、体力が限界なのでnoteはおやすみを。 また明日から頑張りますー

            日本を良くしたい

            連日、とある企業の新卒採用に面接官として携わっている。 当然、志望動機だったり就職活動の軸みたいなことを全ての就活生に聞いている。 過去の経験だったり、その人の課題意識によって答えは千差万別・・・と思っていたのだけれど、意外と?「日本を良くしたい」的な言葉を耳にする。割合としては1割強ぐらいの学生がそういう発言をしているので、なんとも驚かされている。 こういうのは比較することに意味はないのだけれど、私自身が就活生だった頃を思い出してみる。記憶のどこを探ってみても、当時の私

            夢のある人事の仕事

            「人事」と一言にいっても様々な役割や仕事がある。 一番分かりやすくイメージしやすいのは何と言っても採用だろう。 逆に労務だとか制度設計とかになってくると、人事を経験したことがない人からすると、その実態がつかみづらいように感じる。 私自身も、自分が人事職に就くまでは、、、いや、労務関係の仕事を担当するまでは、人事が持つ機能や役割についてはほとんど理解が出来ていなかった。 私の人事職におけるスタートは、採用の業務である。 そして採用にも色々ある。 正社員、契約社員(パート

            面接官はオイシイ仕事?

            今日も朝から面接を。 私はこの面接という仕事が非常に好きなのです。 理由は色々あるのですが、簡潔にまとめると「おもしろい」の一言に尽きます。 色々な人のストーリーを知ることが出来て面白い。 様々な仕事に対する価値観を知ることが出来て面白い。 自分が知らない仕事や専門分野の話を聞くことが出来て面白い。 ヒューマンドラマよりもリアルなエピソードが面白い。 純粋に対話をすることが面白い。 もちろん、面接にやってくる候補者というのは、人生の大きな転機の真っただ中にいて真剣に面接

            雪が降っても面接は進む

            今日は大寒波の到来と覚悟をしていましたが、寒い寒い。 窓の外を眺めてみると、強風で駐車してあったバイクが倒れていたり、どこから飛ばされてきたのか、ニット帽が風に吹かれて視界を横切って行ったり。 それに積雪も。 わずか数センチ程度ではあるものの、私が住む福岡の街は雪などほとんど積もることなどないので、もうちょっと降り積もろうものなら、あっという間に交通がマヒしてしまう。そうなったら困る人もたくさん出るだろうし、大変なことがたくさんあると頭では理解しているのだけれど、心の中では

            面接からの面接からの面接

            今日は朝から7件の面接。受験者側ではなく面接官側として。 久しぶりにこれだけ詰め込んで面接をおこなったので、いい感じに脳が煙を吐いている。 面接を立て続けに実施することの難しさは3つほどある。 ・体力と集中力の維持 ・候補者を混同しないように記憶する ・短時間で評価をまとめる 今回の面接は1件当たり30~40分程度で実施。 同一職種の選考だったので、評価軸についても全て同じ。そういう意味では頭の切り替えは候補者に関することだけだったので、比較的楽と言えば楽。もし職種もレベ

            明日から面接ラッシュ。

            私はキャリアコンサルタントとして活動する傍ら、副業として起業の採用代行を行っている。すなわち企業の採用担当者に代わって書類選考をしたり、面接をするのである。 来週から、とある企業の面接代行を行う。 1日7枠×週4日。 普段も単発で面接対応することはあるけれど、1日中フルで面接するのは久しぶりなので、少し緊張する。 面接自体への緊張というよりは、限られた時間の中で評価を入力しながらスケジュールをこなせるかとか、自分の体力と集中力が持つかとか、そういう意味での緊張である。 面