西原宏夫 Nishihara Hiroo

自己啓発キュレーター/2009年8月より毎日ブログ(人の心に灯をともす)を書き続ける。…

西原宏夫 Nishihara Hiroo

自己啓発キュレーター/2009年8月より毎日ブログ(人の心に灯をともす)を書き続ける。年間読書400冊。/生き方・心の磨き方を模索する「西原ゼミ」を毎月主催。/パクチー研究家/Facebook、ameblo、ブログ、ツイッターの合計フォロアー数、約6万人

マガジン

  • 自己啓発キュレーター

    毎日ブログを書いていますが、なぜこの文章を取り上げたのか、どこが好きだったのか、と言うような思いをブログとはまた違った視点で書いています。気楽な気持ちでお読みください。

  • エッセイみたいな雑文

最近の記事

100年学習時代と生成AI

今日のおすすめの一冊は、本間正人氏の『100年学習時代』(BOW BOOKS)です。その中から「年齢は言い訳にならない」という題でブログを書きました。 本書の中に「100年学習時代と生成AI」という心に響く文章がありました。 ◆人類史上、これほどのスピードで、しかも高頻度で、知的な革命が起こることはなかった。まさに、「人類の歴史の転換点」とも言える革命だ。今後、インターネット上を流れる情報やデータは、何が本物か偽物かの区別がつかなくなってくる。 教育界だけでなく、あらゆ

    • お茶を飲むときは、お茶を楽しもう

      今日のおすすめの一冊は、枡野俊明氏の『迷ったら、ゆずってみるとうまくいく』(クロスメディア・パブリッシング)です。その中から「お互いにゆずり合う」という題でブログを書きました。 本書の中に「お茶を飲むときは、お茶を楽しもう」という心に響く文章がありました。 ◆「喫茶喫飯随時過(きっさきっぱんときにしたがってすぐ)」 お茶を飲むときはお茶を、食事をするときは食事を。ただ目の前に出されたものを楽しむ。 「泣くときには泣き、笑うときには笑う」 目の前の一事に集中すること。そし

      • 発信する側に立つ

        今日のおすすめの一冊は、山﨑拓巳氏の『最高のアウトプットができる スゴイ学び方』(かんき出版)です。その中から「学んだことは人に伝える」という心に響く文章がありました。 本書の中に「発信する側に立つ」という心に響く文章がありました。 今の時代、誰もが発信者になれます。何かを発信していますか?SNSはやっていますか?ぜひ、発信する側に立ってみませんか?誰でも発信者になれる時代に受信者のみとして存在していませんか? 毎日がキラキラ楽しくなるかも知れません。毎日が学びの連続に

        • 皮肉はやめよう

          今日のおすすめの一冊は、オリソン・マーデン氏の『自分の磨き方』(ディスカヴァー)です。その中から「自分を磨こう」という題でブログを書きました。 本書の中に「皮肉はやめよう」という心に響く文章がありました。 ◆小林正観さんは「皮肉」についてこう語っている。(心を軽くする言葉/イースト・プレス)より ◆会話の中で、皮肉をジョークのつもりで使う人がいる。本人は笑わせるつもりで言うのだろうが、まわりの人は笑えない。皮肉を言う人は、自分が知性が高いと思って話しているが、実はその反

        100年学習時代と生成AI

        マガジン

        • 自己啓発キュレーター
          1,466本
        • エッセイみたいな雑文
          41本

        記事

          「孝」とは

          今日のおすすめの一冊は、伊與田覺氏の『孝経 人生をひらく心得』(致知出版)です。その中から「教えとは実践を伴ってこそ生きる」という題でブログを書きました。 本書の中に『「孝」とは』という心に響く文章がありました。 ◆「孝経(こうきょう)」とは、孔子が弟子の曾子(そうし)に「孝」について話したものを曾子の門人が書き起こしたもの。 世界三大聖人と言われる、キリスト、仏陀、孔子、の三人に共通して言えることは、三人とも自分の著書がないこと。今残っている、聖書も、仏典も、論語も、

          自分がどう生きるか

          今日のおすすめの一冊は、小林正観さんの『「今」という生きかた』(廣済堂文庫)です。その中から「自分にちょうどいい人に囲まれる」という題でブログを書きました。 本書の中に「自分がどう生きるか」という心に響く文章がありました。 ◆誰かを責めたり糾弾するということは、悪口、不平不満、グチ、文句を言うということ。 そして、そいう人には「ゆるし」がない。「ゆるし」がない人には笑いもない。 他人のことを責めたり悪口ばかり言っていれば、人は去っていく。 しかし反対に、どんなこと(ど

          自分がどう生きるか

          小さなことこそ、大きくて大事なこと

          今日のおすすめの一冊は、トム・ピーターズ氏の『エクセレントな仕事人になれ!』(阪急コミュニケーションズ)です。その中から「イエスと言おう!」という題でブログを書きました。 本書の中に「小さなことこそ、大きくて大事なこと」という心に響く文章がありました。 ◆我々は、小さなことより、大きなことを重要視する傾向がある。 小さくチョコマカ売上を上げるより、一挙に大きく売上をあげる、という考え方だ。 もちろん、一挙に売上が上がるほうがいいに決まっている。 大々的に広告費をかけ集客す

          小さなことこそ、大きくて大事なこと

          お礼の連絡を忘れない

          今日のおすすめの一冊は、小林弘幸氏の『リセットの習慣』(日経ビジネス文庫)です。その中から「流れに逆らわない」という題でブログを書きました。 本書の中に「お礼の連絡を忘れない」という心に響く文章がありました。 ◆もらった人はすぐに忘れてしまうが、プレゼントした人はずっと覚えている。これはプレゼントだけでなく、食事やお酒をごちそうされたときも同じだ。初めて会った人であろうと、何度も会っている人であろうと、その都度お礼がある人とは、長く付き合える。 昨今なら、お礼はSNSの

          お礼の連絡を忘れない

          AIはパーソナル家庭教師

          今日のおすすめの一冊は、暦本(れきもと)純一&落合陽一氏の『2035年の人間の条件』(マガジンハウス新書)です。その中から「AIは知能の格差を広げる」という題でブログを書きました。 本書の中に「AIはパーソナル家庭教師」という興味深い文章がありました。 ◆電話番号を知らないのが普通のように、これからはどんどん常識も変わってくる。落合氏は「会話の途中で携帯で調べる」という行為も少しずつ受け入れられるようになってきたという。会話の途中で、「携帯を見ているのは怪しからん、マナー

          AIはパーソナル家庭教師

          悪いニュースはスルーする

          今日のおすすめの一冊は、ゆうきゆう氏の『ズルい心理学大全』(西東社)です。その中から「背筋を伸ばす」という題でブログを書きました。 本書の中に「悪いニュースはスルーする」という心に響く文章がありました。 ◆新聞やマスコミは基本的に特殊な事例を掲載したり取り上げる。よく言われることが「犬が人間を噛んでもニュースにはならないが、人が犬を噛めばニュースになる」と。 そして、特殊な事例のほとんどが、バッドニュース(悪いニュース)だ。だから新聞を読むと、世の中は悪いことだらけ、ひ

          悪いニュースはスルーする

          趣味の違い

          今日のおすすめの一冊は、ひすいこたろう氏の『あなた次第でこの世界は素晴らしい場所になる』(ディスカヴァー)です。その中から「ママを助けるために生まれてきた」という題でブログを書きました。 本書の中に「趣味の違い」という心に響く文章がありました。 ◆よく物の本には、「ネガティブな言葉ばかり吐く人からはすぐに離れろ」と書いてある。不機嫌な人と一緒にいると自分まで不機嫌になってしまうからだ。これは、基本セオリーだが、どうしても離れられない人もいる。 それはたとえば、上司だった

          仕事以外の「居場所」を作ろう

          今日のおすすめの一冊は、堀江貴文氏の『ChatGPT Vs 未来のない仕事をする人たち』(サンマーク出版)です。その中から「AIと競うことに意味はない」という題でブログを書きました。 本書の中に『仕事以外の「居場所」を作ろう』という心に響く文章がありました。 ◆10年前、オックスフォード大学のカール・フレイとマイケル・オズボーンによる世界的に有名な論文「雇用の未来」が発表された。だが、そのときは「特別なスキルを持っていない低賃金の仕事(ブルーカラー)からAIに取って変わら

          仕事以外の「居場所」を作ろう

          知らないことを否定せず、素直になること

          今日のおすすめの一冊は、佐藤芳直氏の『舩井幸雄の60の言葉』(マガジンハウス)です。その中から「長所に気づき、それを伸ばす」という題でブログを書きました。 本書の中に「知らないことを否定せず、素直になること」という心に響く文章がありました。 ◆目に見えないことや自分の知らないことをすぐに否定する人がいる。 これは老若男女問わず一定数存在する。 それが、素直でない人。 松下幸之助氏は「素直」についてこう語っている。 『素直な心とは、寛容にして私心なき心、広く人の教えを受

          知らないことを否定せず、素直になること

          AIによって消える仕事

          今日のおすすめの一冊は、今井翔太氏の『生成AIで世界はこう変わる』(SB新書)です。ブログも同書と同名の「生成AIで世界はこう変わる」として書きました。 本書の中に「AIによって消える仕事」という興味深い文章がありました。 ◆将棋や囲碁といった盤上ゲームでは、今や世界中でAIに勝てる人間はいない。 しかし、服を畳む、食べ物を箸でつまむ、散らかった部屋で移動する、ものを探して持ってくる、スキップする、といった作業はほとんどの人間が簡単にできる。だが、AIにとってはこれが大

          AIによって消える仕事

          生涯修行

          今日のおすすめの一冊は、藤尾秀昭氏の『心に響く言葉』(致知出版社)です。その中から「ユーモアは人生を変える」という題でブログを書きました。 本書の中に「生涯修行」という心に響く文章がありました。 ◆我々の生きる目的は、自分の魂を磨き続け、少しでもよき人格を身につけること。 そして、世のため、人のために尽(つ)くすこと。 この追求に、終わりはない。 「生涯修行 臨終定年」 松原師はそれを「独楽(こま)の舞倒れ」と言っていたという。 勢い良く回る独楽が、やがてその勢い

          良きご縁を引き寄せる

          今日のおすすめの一冊は、北尾吉孝氏の『日に新たに』(経済界)です。その中から「人のお世話をする」という題でブログを書きました。 本書の中に「良きご縁を引き寄せる」という心に響く文章がありました。 最後に安岡正篤先生の御著書 『東洋人物学』より次の言葉を紹介しておきます。 ◆安岡正篤師は「縁尋機妙(えんじんきみょう)多逢聖因(たほうしょういん)(宝苑珠林より)といった。 《縁尋機妙》良い縁は次から次へと良い縁を結んでくれる。縁とは誠に不思議なもの、計らざるもの。 《多

          良きご縁を引き寄せる