江戸時代のベストセラー塵劫記(じんこうき)

こんにちは。ボードゲームで考える力を養うクリプトメリア自由が丘店です。

さて、江戸時代のベストセラーの一つ、塵劫記(じんこうき)。日本独特の和算が流行したのは、この本のおかげと言われます。つるかめ算に、油分け算、今でも子どもたちによく使われているタングラムに、一筆書きなど、実に多様です。

小学校の時に習った立ち木算なども絵付きでえがかれており、炎天下の中、この木の高さを測るぞー!と先生に言われ

もっとみる
O(≧▽≦)O是非遊びに来てください♪
4

あなたの心にクリエイティブを。
わたしの心にもクリエイティブを。

知的好奇心が満たされたあとは、
思うがままに創造したい。

失敗してもいい。
壊れてもいい。
けなされてもいい。
それでも何かをつくりたい。
わたしは何かをつくりたい。

スキ、うれしいです。また明日も何かつぶやけたらいいですね。
1

パフォーマンスの上がる、時間の使い方

文字通り、朝から晩まで
休日もなく働くのと、
自分の時間を十分に持ちながらも、
働く時は働く!のでは
どちらがパフォーマンスが上がると思いますか?

去年は独立起業一年目にして、
有難い事に大変盛況で、
遊ぶ事も殆どしませんでした。

仕事は充実していたし、
元々、遊ぶ方でもなかったので
それはそれで、満足はしていました。

地元、札幌から20年来の友人が遊びに来ていました。

余り知られていない

もっとみる
宜しければ、シェアしてくださいね!
14

マインドマップの種類には「学習型」と「発想型」がある

このように、マインドマップは大きく分けて4つのタイプがある。

横軸は”発想の方法”の違いで、「学習型」と「発想型」がある。

縦軸は”発想の時間”の違いで、「リアルタイム」と「マイペース」がある。

「学習型」のマインドマップは知識を深くインプットしたいときにおすすめ

「学習型」のマインドマップは、構造的に描かれる。

章ごとに分けてメインテーマを決めたり、大きなトピックごとに枝を広げていくの

もっとみる

マインドマップを紹介します。1

トニーブサン氏が開発した画期的な思考法で、脳内地図を作成する事でアイデア💡をまとめる方法です。

マインドマップの目的と効果

マインドマップの効果は大きく分けて三つある。

思考を整理する
発想を広げる
アイデアを掘り下げる

マインドマップは、箇条書きとは違う使い方ができる。

箇条書きは、頭が整理された上での思考の吐き出しになるが、マインドマップはその思考を整理するための吐き出し、という位

もっとみる

賢い子供の育て方<親の言葉かけを工夫すると、いつもの風景が学びの場になる>

〜京大医学部に地方進学校から塾通いなしで子供3人を合格させた子育て法〜

バスに乗っていると、小さい子どもの可愛らしい声が聞こえてきました。

「あっ!しょうぼうしゃ!」

窓の外に消防車を見つけたようです。

こんな時、「そうだね、消防車だね。よく見つけたね。」と応えてあげても良いのですが、

「何色?そうだね、赤色だね。どうして消防車の色は赤色なんだろうね?」と聞いてみてはどうでしょうか?

もっとみる
嬉しいです!
10

自己実現力のゴールを目指して4

なぜ、意見が出ないのだろう?

例えばこんなことを言ってはいないだろうか?
*知識や情報を並べただけで、結局自分の見解がない。
*言いたい事が沢山有りすぎて絞れない。
*言いたい事が自分でもハッキリとしない。
*「意見」は出しているのだけど、どこか一般的で虚しく自分が本当に言いたい事なのか疑ってしまう。

自分の意見が打ち出せない原因としては?
*そもそも考えていない。
*大きすぎる問いを丸ごと相

もっとみる

【詩】知らなくていいこと

ある親子が、

欲しい超能力について話していた

息子が

「他人の心が聞こえるようになるのはどう?」

と聞くと

母は

「いいんじゃないかな」

と答えた

でも

その答えを聞いた当の息子は

「うるさくて仕方ないと思うよ」

と返していた

彼の中で

答えは決まっていたのだろう

隠している声が聴こえたところで

彼にとって良いことは

一つもないのだろう

人はつい、何もかもを知りた

もっとみる
ありがとうございます、あなたのシコウの一助と慣れば幸いです。
7

自己実現力のゴールを目指して3

5の通り、論点、論拠、意見。
つまり取り上げた問題とやりたいことと、その理由。
機能するビジョンを描くことを意識してみよう。
3要素のうち、「論点」はビジョン、プランから省略されることが多い。
なくとも意味が通じるからだ。
そうすると次のようになる。

「携帯キャリアと携帯端末の開発会社は未だ新しい可能性に取り組むことでしか現在の利益を確保し続けることができないだろう。だから新作の開発に力を入れる

もっとみる