yahoi /ライフエディター・エッセイスト

名古屋、田舎、南国、米国と移住人生を歩む。型破りな生き方を率先した夫はコロナ禍で末期癌発覚、闘病の末他界。人生最大試練真っ只中の没イチ。グローバルで奇想天外な人生から得た学びと気づきのリフレクションは日々を味わい未来を編むため。人生一度きり‘’自心‘’を信じ幸せ追求への旅は続く。
    • サークル『エッセイのまち』の仲間で作る共同運営マガジン

      • 2021本

      サークル『エッセイのまち』の仲間が見つけたステキなエッセイを保存しています。メンバーの方は、他の方、もしくはご自身のエッセイを自由に追加してください。(エッセイ以外は掲示板の方にお願いします)。どなたがマガジンに追加してくださったのか気になる方は、ともきちまでお問い合わせください。

    • ふみのわ

      • 44本

      文芸部「ふみのわ」の文芸集です。 顧問のわたし、文(ふみ)先生が定期的に課題 "ぶんげぇむ" を出しますので、部員の皆さんはしっかりと課題に取り組んでくださいね! もちろん部員でない方も、ご自由にお読みいただけます。 ぜひフォローしてくださいね。

    • 愛すること、愛されることってすばらしいから

      没イチとなって約1年が経過。 セカンドライフを楽しむためにマッチングサイトに登録してみました。 人生、生きている間は楽しむべき!!還暦でもあきらめません。 これからどんなドラマが始まるのか?わたしのリポート&たわ言です。

    • あの世の夫に向けてのつぶやき

      2020年コロナ禍で夫の癌発覚。7ヶ月の闘病の末、他界。共有した体験や思い出をもう、語る人がいない日々。襲われる喪失感をリリースするためnoteのつぶやきを勝手に利用中。どうぞスルーして下さいませ〜。

    • 息子夫婦と暮らす

      2020年、夫は夫婦で住むために人生架けてのドリーム・ホームの建築をスタートさせましたが、建築途中に亡くなってしまいました。想定外の他界で絶望しましたが、息子夫婦がわたしとともに、夫の遺した家をまもるべく同居を決断してくれました。2021年5月から息子夫婦との同居生活がスタート。同居生活でみつけた日々あれこれを記すエッセイです。

    • すべてのマガジンを表示
固定された記事

「オレと一緒になれば世界一幸せになる」のリアルライフは小説以上のできだった

「オマエのような女は誰と結婚しても幸せになると思う。でもオレと一緒になれば世界一幸せになる」と言ってのけた男のノンフィクションストーリーです。 残念なことに、そ…

素敵なエッセイ読んだら、ふいに記憶がよみがえりました。

琲音さんが書かれた素敵なエッセイを読みました。 お人柄と優しさと感性がぐいぐいと伝わってきて、あったかい気持ちになりました。こんな振り返りができている琲音さんに…

没イチ母娘が語り合う時間【日本滞在レポート#4】

日本滞在中、でかけるとき以外はほぼ母と二人で過ごしていました。今回の帰国から母娘そろって没イチの身です。 以前、母のエピソードを取り上げたことがありました。 母…

遺品整理で思い出にひたり、そして断捨離しまくる【日本滞在レポート#3】

こちらでもチラっと書きましたが、3年ぶりに日本に着いた日はたいへんでした。 わたしが今住んでいるミシガンの自宅は、夫が自分の夢を実現すべく建てた家ですが、完成前…

友との再会は楽しいの巻き【日本滞在レポート#2】

3年ぶりの日本だったこともあり、それはそれはたくさんの“会いたい人たち”に会えました。 前回はnoteの友との出会いについて記しましたが、短い期間にも関わらず50人ぐ…

ミシガン州より窓から見える景色【アリエルさん企画『世界の家窓から・名古屋/三河訛りで』】

アリエルさんがこんなおもろい企画をやっとるので、わたしもミシガン州の自宅から便乗しとくわね。 わたしが住んどるとこは、米国のミシガン州にあるちっこい学園都市近郊…