立竹落花

普段は図書館司書。ちょっとほっこり、ちょっと元気になるような記事を目指して書いています…

立竹落花

普段は図書館司書。ちょっとほっこり、ちょっと元気になるような記事を目指して書いています。 ゆくゆくは自身の経験をもとにしたエッセイや、自作小説を投稿していく予定です。 穏やかな時間をご一緒に。

マガジン

  • 【みんなで創る】クロサキナオの運営マガジン

    • 49,984本

    このマガジンは「楽しく、続ける」を趣旨として発信してます。まだnoteに慣れてない人は知り合いづくりと記事の共有を兼ねてぜひご参加してみてはいかがでしょう🌹 ※原則1日投稿記事は2本までとしました。ご了承ください。

  • 【共同運営マガジン】頑張る隊🫡

    • 20,360本

    【共同運営マガジン】頑張る隊へようこそ!「読んで励まされ、読まれて励まされる」そんなマガジンになると嬉しいです(*´ω`*)

  • 共育LIBRARY×共同運営マガジン

    • 22,551本

    noteで成長したい。もっとたくさんの人に記事を見てほしい。仲間とつながりたい。少しでもよりよい未来の為にできることを発信したい。 そんな共通の「思い」をもつ方ならば、誰しも歓迎します。 共に手を取り合い、共に成長していきましょう!

  • トランスミッション

    • 121,737本

    とらねこが運営する共同マガジン。グループ合計で参加者1,200名を超えました。フォロワ数2000名以上、120,000記事以上が収録されています。🌱コンテンツを広めたい方の参加をお待ちしています。🌱マナー:①連続投稿はしない②社会一般的に不適切な記事は投稿しない③トップ画面は変えない。参加希望の方は,マガジンの固定記事からコメントしてね(ง •̀ω•́)ง

  • あっとほーむ🏠

    • 5,472本

    「家でまったり落ち着いて、家族で団欒しながら会話を楽しむ」というイメージで「あっとほーむ」と名付けました! 「参加者(家族)がお互いに積極的に交流をする」ことを大切にしていますので、ぜひ家族の皆さんの記事へコメントしに行ってください! ※参加希望の方は、固定記事にコメントください!

最近の記事

#40 多様な自然の顔を見る

男を大きく分けると、晴れ男と雨男に分けられる。 しかし、僕はいずれにも属さない。 僕は友人界隈ではこう呼ばれている。 台風を呼ぶ男、だと。 それはつまり雨男じゃないかという意見は不要です。 台風を呼ぶ男2020年、埼玉にグランピング施設ができた。 フィンランドの雰囲気を楽しむことができるノーラ名栗という施設である。 その情報を得た僕と親友二人は、2021年6月に行くことに決めた。 当時はコロナ禍真っただ中だったこともあり、その状況も心配ではあったのだが、幸い6月は多少

    • #39 noteとほどよく距離をとる

      noteに近づきすぎたここ1、2週間、少しnoteに時間を割きすぎていることに気づいた。 朝起きてスマホ開いてnote開いて—— お風呂入ってスマホ開いてnote開いて—— 朝のうちにある程度記事を書いておいて—— 仕事から帰ってきて色々やってnote開いて—— そして、夜にnoteを更新してまたしばらく見て—— 記事を書いて読んでもらう。 それで承認欲求を満たすことに心地よさを感じていた。 だが、そこに浸かってしまうと、僕の場合は次なる段階へ進む。 依存である。 最

      • #38 毎日人は生まれ変わってる

        過去は無関心 今日は好き人間の好みというのは不思議だなと常々思う。 過去はそこまで好きではなかったものでも、今日になったら好きになるなんてことがザラだからだ。 例えば、読書。 過去、純文学がそんなに好きではなかった。 芥川龍之介や太宰治などの文豪や、芥川賞受賞作なんかは全く手を出すことができなかった。 しかし、今は芥川も太宰も大好き。 芥川賞・直木賞受賞作なら、どちらも心を動かされるとはいえ、特に強く揺さぶられるのは芥川賞作品の方だ。 以前、自分の大好きな小説10作品を

        • #37 時間は自分で作るもの

          「時間がない」ついつい言ってしまう口癖である。 厳密に言うと、「時間が足りない」という方が正しいか。 責任者を務めるようになってから、仕事が非常に増えた。 やってもやっても終わらない仕事を前にについつい口に出てしまう。 プライベートにおいても言ってしまう。 幸い、僕はやりたいことが多い。 noteだけに焦点を当てても、記事を書きたいし、記事を読みたい。 記事執筆は毎日やれている。 けれど、読むことがなかなかできない……! これが最近のジレンマである。 その理由は、「時間

        #40 多様な自然の顔を見る

        マガジン

        • 【みんなで創る】クロサキナオの運営マガジン
          49,984本
        • 【共同運営マガジン】頑張る隊🫡
          20,360本
        • 共育LIBRARY×共同運営マガジン
          22,551本
        • トランスミッション
          121,737本
        • あっとほーむ🏠
          5,472本
        • レオンファミリー
          7,234本

        記事

          #36 我が家のねこ様

          いつも近くに猫がいる思えば子どもの頃から、いつも猫がそばにいた。 生まれてから最初に見た映画は『魔女の宅急便』で、黒猫のジジは今でも大好きだ。 小さい頃はぬいぐるみのジジと一緒にどこでも行ったものだ。 友達の家、旅行……大阪にある太陽の塔も一緒に行った。 そして、塔内に忘れてしまい、大阪から関東まで宅配してもらった。 そのときの宅配業者がクロネコヤマトだったのか、それは知らない。 小学生の頃に伯母が猫ブリーダーを始め、猫との距離が一層近くなった。 それから僕は3匹の猫を家

          #36 我が家のねこ様

          おはようございます、立竹落花です。 コングラボードをいただくことができました! いただいた記事は皆様への感謝を込めたものなので、とてもとても嬉しいです。 少しでも面白いと思えるような記事を書いていくよう尽力しますので、今後もよろしくお願いします!

          おはようございます、立竹落花です。 コングラボードをいただくことができました! いただいた記事は皆様への感謝を込めたものなので、とてもとても嬉しいです。 少しでも面白いと思えるような記事を書いていくよう尽力しますので、今後もよろしくお願いします!

          #35 何点だってあなたは正しい

          7月14日、早朝—— 立竹落花は、その日の夜にあげるnote記事を考えていた。 ううん…… ううん…… ぶるわぁぁあああああああ!!! 何も思い浮かばない! 一つも執筆が進まない! 少し書けた……ああ、だけどダメだ、うまく書けない!! 苦悶の時間を過ごすこと30分。 結局朝は何を思い浮かばず仕事に向かったのだった……。 ダメダメモード襲来上の記事で、 「定期的にダメダメモード(何をやってもダメなとき)が来る」と書いた。 昨日はまさにその日だった。 数える必要もない

          #35 何点だってあなたは正しい

          #34 ピエロな自分を愛したい

          HSPの方と会ったときに、彼はこう言った。 「HSPという特性を知ったとき、自分が何者かがわかったような気がしたんです。その瞬間、すごく安心できたんです」 人はもしかしたら、自分が何者なのかを探す生き物なのかもしれない。 僕も、自分の正体を知ったときはすごく安心することができた。 僕の正体は、ピエロだった。 生きづらさに名前があった心理学を勉強していたときに出会った言葉がある。 それは、アダルトチルドレン。 「生きづらさ」という言葉を最近はよく目にするようになった。

          #34 ピエロな自分を愛したい

          #33 休日、緑を浴びに行く

          休日——。 自由な時間が与えられると、僕は強欲な人間と化す。 読書したい。 note記事を書きたい。 小説も書きたい。 美味しいものを食べに行きたい。 ゴロゴロしたい。 色々なやりたいことがある中で、いつも何をしようか悩む。 贅沢な悩みだなと我ながら思う。 その中で、ここ最近やりたいことの優先順位が高くなっていることがある。 それが、緑を見に行くことだ。 近所の緑を浴びに行く僕の家がある住宅街を少し離れると自然の集まる場所がある。 ぷらっと自転車を走らせて約10分。

          #33 休日、緑を浴びに行く

          #32 どうか期待しないでください

          期待とは、 僕はこの言葉があまり好きではない。 理由は二つある。 一つは、「期待」が僕の脳を媒介すると、それが「重圧」になるから。 もう一つは、「実現するだろう」ことが実現しなかったときに想像以上に落ち込んでしまうからである。 他人から自分への期待=重圧職場や学校で、上司や先輩からこう言われることが多い。 「期待しているよ」 本人は何の気なしに使っている言葉なのだと思う。 本当に期待しているのかもしれないし、仲良くなるために伝えているのかもしれない。 しかし、僕はどう

          #32 どうか期待しないでください

          #31 note歴1か月になりました

          こんにちは、立竹落花です。 7月11日で、noteを始めてから1か月になりました。 1週間のときにも書きましたが…… 1か月続けられていて、そして明日以降も書きたいという気持ちを持つことができているのは、読者の皆様のおかげです。 本当に、本当に、ありがとうございます! 本記事では……ごめんなさい、自分語りをします。 立竹落花の1か月を振り返りつつ、記事紹介をしていただいた方々や共同運営マガジンの方々への感謝をこめたいと思います。 もしお時間がございましたら、お付き合い下

          #31 note歴1か月になりました

          #30 恋をしてもしなくても

          恋愛離れが進んでいるらしい昨今、「恋愛離れ」というワードをよく目にも耳にもする。 上記の調査を見る限りだと、恋愛をしていない人の割合は増えているのだと思う。 恋愛→結婚→出生という流れを考えると、恋愛離れというのはどちらかといえばネガティブな現象なのではないかと思う。 ただ、色々な人に怒られるかもしれないけれど、僕個人としては恋愛離れの時代に生まれて来てよかったのかもと最近思う。 なので、この記事ではあえて恋愛離れを肯定的な面を考えたい。 恋愛離れをポジティブに考える恋

          #30 恋をしてもしなくても

          #29 夢と理想と目標と現実

          「ペンションメッツァ」というドラマを見ている。 1つの客室しかない山奥のペンションに訪れる人々と、そこを切り盛りする小林聡美さん扮するテンコの物語。 事件という事件は起こらず、ゆったりとした時間が流れていく。 テンコの言葉にどこか人生を考えさせられる心地よく深い作品。 ああ、テンコのような暮らしが理想だなぁ。 と、思っていたときにふと「理想」について考えたくなった。 今の自分の、理想ってなんだろう。 夢と理想と目標「理想」について考えているときに、2つの類義語が浮かん

          #29 夢と理想と目標と現実

          おはようございます、立竹落花です。 「#9 空っぽの朝をコーヒーとともに」でコングラボードをいただきました。 本当にありがとうございます! コーヒー最高! 近日中に日頃の感謝をこめた記事を書きたいと思ってます。 今後もいい記事を送れるよう尽力します。よろしくお願いします!

          おはようございます、立竹落花です。 「#9 空っぽの朝をコーヒーとともに」でコングラボードをいただきました。 本当にありがとうございます! コーヒー最高! 近日中に日頃の感謝をこめた記事を書きたいと思ってます。 今後もいい記事を送れるよう尽力します。よろしくお願いします!

          #28 いってらっしゃい 気をつけて

          その言葉に、ほっこりしたいつものように仕事へ向かうときだった。 その日は遅番。時刻は10時10分。 玄関のドアを開けると、ちょうど食材宅配サービスの方が玄関前に注文品を積んでくれていたのだ。 その方と目が合い、彼は僕にこう言った。 「いつもありがとうございます。いってらっしゃい」 ほぅっ 胸が温かくなるような、不思議な感覚を覚えた。 その方の微笑も、春風のような気持ちよさがあった。 そのまま自転車置き場へ向かっていると、今度は掃除をしているマンションの管理人さんと目が

          #28 いってらっしゃい 気をつけて

          #27 音楽に涼を求めて

          暑い。7月に入り、尋常ではない猛暑が連日続いている。 とはいえ、夏は決して嫌いではない。 正確に言うと、嫌いではなくなった。 125キロあった巨漢時代は、夏が大嫌いだった。 日本の暑さを、己の肉布団が2倍にも3倍にもしてくれたからである。 夏が嫌いではなくなった所以は、肉布団が少なくなったからだけではない。 熱い体を冷やすときの気持ちよさが好きなのかもしれないと最近は思う。 つまり、夏に涼を求める瞬間が、僕はたまらなく好きなのだ。 暑い中帰ってきて、ぬるめのシャワーを浴

          #27 音楽に涼を求めて