【楽園の噂話】 Vol.20「簡単感動洗脳」:前編(No.0151)

感動モノやお涙頂戴モノは小馬鹿にされつつも、いつだってどの国だって人気が絶えることは有りません。

露骨に感動を売り物にしているものは少し大人になると鼻白んで相手にしなくなるものですが、そうでは無く普通の作品の中に登場する感動エピソードにはスンナリと心を動かされてしまいます。

これは映画、漫画、小説などのフィクションに限らず「本物」であるテレビやニュースなども感動は強調されますし、その売り出し方

もっとみる
利益のために 嘘をつく のは 悪いこと ですね

適切な英語表現について

外国語を学ぶ時、その国の文化に関心を持つと理解が進む、などよく聞きます。

例えば、日本語の「いただきます」という言葉。諸説あるようだが、食べ物そのもの、生産者や調理者への感謝の気持ちを表す言葉として知られている。この私達にとって身近な一言、日本語学習者にとって、日本文化への理解がないと「はて?」となる事だろう。

文化…というか時代背景…いや、適切な英語表現について。

導入に困るのだが、今回取

もっとみる
ありがたいです
5

【グッドプラン・フロム・イメージスペース】Episode.5 「今から数年後・・・」第10章 : 後編 Part.15(No.0150)

後編 Part.14のつづき

「これまでの過去の学校はわざと間違った教育を続けたのです。
考えることをさせず、考え始めたら邪魔をして成長を妨害する。

学校ではただの一度だってゆっくりと考える時間は与えられません。そして全てにおいて答えは既に用意されており、子供達の思考も発想も想いも全て悪質に誘導され踏みにじられるのです。

考える行為とはとても個人的で、しかし複数の人との交換がその個人的な力を

もっとみる
利益のために 嘘をつく のは 悪いこと ですね
5

【2つめのPOV】シリーズ 第1回 「土台」まとめ記事

『パターンB〈ラウディのサングラス〉』

[Remove sunglasses]

いつの頃からかレジ袋が環境問題の対象として目をつけられ、やれ燃やすとダイオキシンが発生するやら原料が環境に悪いやらと叩かれ続け、その都度の業者の努力も虚しく、遂に完全に有料として扱われることになってしまった。これでレジ袋が使われる量が減ることでゴミとしての量も減りゴミ問題やそれから現れる環境破壊が改善に向かうという

もっとみる
利益のために 嘘をつく のは 悪いこと ですね
2

【グッドプラン・フロム・イメージスペース】Episode.5 「今から数年後・・・」第10章 : 後編 Part.14 (No.0149)

後編 Part.13のつづき

やはり成長には真剣さと失敗が必要だったのです。

教師は翌日に休みを取り、先日の経験を考えながらまとめました。
彼はこの経験が、今後の教育方針の改善にきっと役に立つと感じました。それと同時にこれまでの教育がどれほど悪質であったかを痛感し、怒りに震えました。
学校に居たら成長が出来ないと言うことが解ったからでした。

そして明らかにその事実を学校や教育者側は知っていた

もっとみる
利益のために 嘘をつく のは 悪いこと ですね
2

自分にとっての正しさ

自分のことを、心の綺麗な人間だと思っている人はあまりいないだろう。
私自身もそうだ。

というか、そんなこと言っている人がいたら「絶対何か裏あるだろ」と言いたくなる。
不審すぎるだろ。
絶対話聞いてるうちに幸せになる壺とか用意されるわ。(偏見)

このように、あまりにも清廉潔白な部分をさらけ出しすぎると、人間不信感を抱くのだ。
当たり前だよね。

しかし悪意を出しすぎるのも良くない。
そんな人の周

もっとみる
ありがとうございます♪【乙女椿:控えめな愛】
62

7月10日

今日も昨日の仕事の延長。

復習に近かったけど、違う上司との仕事で。
久しぶりにその人だったけど、
文面と対面の印象のギャップも相変わらずだった。

仕事の内容としてはトラブル続きで。
やってあるはずのものがやってなかったり、
現場に行ってみて初めてわかる不具合だったり
その度に上司がそれに対応していて。

今考えると、
「自分ならどのような対応をするのか」
を考えながら見ているべきだったと反省。

もっとみる
ありがとうございます〜!良い1日を!
1

【2つめのPOV】シリーズ 第1回「土台」Last Part(No.0148)

パターンD〈ホロウマンのネガフィルム〉

昔から繋がってた

弟が生まれたときは包まれてよく顔が見えなかった

今も弟は繋がっている

お父さんもお母さんも、よく見ると繋がってる

でも学校に行くと繋がってない人も沢山いた

先生は全員切れていた だから暗くてどんよりしている

友達の親も切れている人が結構居た

父兄参観日は面白かった

教室の後ろに一列に並ぶ大人たちが繋がってたり切れてたり、光

もっとみる
ありがとうございます 読んでいただけたと信じています

【2つめのPOV】シリーズ 第1回「土台」Part.4 (No.0147)

パターンC〈セルゲイのMix Up〉

閑散とした会場

中央のリングでボクシングをする二人の選手

ライトに照らされたリング以外は暗く、客の数は少ない

時々出される応援や野次の声と繰り出されるパンチの当たる音

両者のセコンドが出す指示の声だけが鋭く響く

右のまぶたが切れて血が目に入る青いグローブの選手

手が出せず赤いグローブの選手に一方的に殴られる

投げ込まれる白いタオル

誰も騒がず

もっとみる
ありがとうございます 読んでいただけたと信じています

近々「正しい人は、まわりを不幸にする」という記事を書く予定です。

ありがとうございます(*^^*)