『CURE (1997)』を初めて観た日。

ずっと観たくて仕方なかった映画。

Netflixで配信されていることを知り、
今日に日付が変わったタイミングで加入した直後に初見。

殺し方はさまざま、
ただその後胸部を"X"の形に切り裂く残忍な手口が特徴の殺人事件が連続で発生。 

「俺さ、あんたの話が聞きたい」

加害者は事件前に皆、
記憶を失った様子で街をさまよう謎の男〈演:萩原聖人〉に出会っており、
男によって殺人を犯すよう催眠をかけら

もっとみる
思いが伝わって嬉しいです。励みになります。
1

「自分と違う意見を理解するのは大変だって話」

Twitterを見ていると時折、思いもしない事柄が取り上げられることがある。11月14日、東洋水産の「マルちゃん正麺」公式アカウントが投稿した漫画をめぐってTwitter上で議論が起きた。参照記事は「ねとらぼ」から。

内容は「父親が、不在の母親の代わりにラーメンを作り、子供と食べる」というもの。最後に夫婦が昼食に使った皿を洗う夜の一場面で終わる。

この最後のコマに対してついた否定的なコメントが

もっとみる

恋なのか肉欲なのか/映画『失楽園』を観て

どうも、ろけねおです。

今回は映画『失楽園』を観た感想です。

ちょっとだけ若い時にこの映画を観ました。なにゆえこの映画を観ようと思ったのかは覚えていませんが、古谷一行さんと川島なお美さんが主役を演じたドラマ版のほうがエロくて良かったなという記憶だけがあります。

映画版とドラマ版を比べてみたかっただけなのかも知れません。面白かったと言う記憶はありませんでした。

主人公とほぼ同じ年になって

もっとみる
「スキ」を頂きましてありがとうございます。
4

豚ホホ肉のラグーソース

豚ホホ肉を赤ワインでじっくり煮込んで香味野菜と鶏のブロードで仕上げたパスタソース。

シンプルだからこそ、旨味や香りを存分に楽しめる一品。そして人目がなければ、少しくらいトマトソースを飛び散らせて食べてみるのも童心にかえるようでいいかもしれない。

存分に飛び散らかせる環境であれば、

【タンポポ】(1985)

の、あの外国人のように、ズズズズ!!!!!と思いっきり音をて立てて、ラーメンのごとく

もっとみる

黒沢清のフィルム・ノワール「カリスマ」。 役所広司、壊れる。

1999年に撮影、2000年2月26日に公開された本作に描かれたもの、それは20年後の今日にも通じる、反駁が生み出す時代の閉塞感、それに対して繊細な人間だけが抱くことのできる虚無感 であった。

監督 黒沢清
キャスト
役所広司 池内博之 大杉漣 洞口依子 松重豊 大鷹明良 目黒幸子 戸田昌宏 稲村貢一 田中要次 吉田淳 永田正明 川屋せっちん 三浦景虎 ジーコ内山 宮下周邦 大迫茂生 山崎豆造 

もっとみる
ありがとうございます!もっともっと映画のハナシを増やしていきますね!

黒沢清監督がベネチア銀獅子賞とったってよ。

世間がポスト安倍で沸いてる新聞記事の中で、

(16日の国会で首相が菅義偉氏に決まりましたね。

令和の絶望的日本を救えるのはやっぱり令和おじさんしかいません!)

"黒沢清監督ヴェネツィアで銀獅子賞を受賞"

という新聞記事が小粒程度に掲載されていた。

個人的には偉大すぎることであると思うので、もっと大々的に掲載してほしいな~と思ったりしたが、まあ日本の文化予算自体が世界から見てもワーストワン

もっとみる
相思相愛になりましょう♪
1

『ミッドウェイ』と併せて観たい!"ミッドウェイ"映画7選!!

先日、ご紹介したエメリッヒ監督の最新作『ミッドウェイ』。

しかし、そんな本作以外にも「ミッドウェイ海戦」を題材にした映画は、数多く作られてきました!

今回は、そんな作品群の中から7つの作品をご紹介!!

筆者によるオススメ度の高い順から、紹介していくので、ぜひ、『ミッドウェイ』の予習や復習として、参考にしてみてください!!

『ミッドウェイ海戦』(1942)

オススメ度 ★★★★★

出典:

もっとみる

思わずトイレで踊ってしまう!?

いきなり何の話!?

と思うかもしれませんが、

これからの

介護予防、健康増進の為の運動

などに、必要になってくる考えになってくる

と思います!

これを聴いて

『介護予防2.0ワンアクションダンス』

に興味が出たら

を聴いてくれると良くわかると思います!

もっとみる
励みになります♪毎日続けて更新出来るよう見てて下さい!
1

バベル

異文化に対する暴力的な介入は悲劇しかうまない。

主な登場人物は
1.白人の夫婦(ブラッド・ピット夫妻)
2.ブラッド・ピット夫妻の家政婦
3.モロッコ人の家族
3.日本人の父娘

モロッコ。銃を与えられた子供たちは遊び半分に観光バスを打つ。そこにブラッドピット夫妻が乗っていて、妻が被弾する。
観光バスは近くの村に移動する。そこは観光客にとって異文化だった。

ブラッド・ピット夫妻の家政婦が、ブラ

もっとみる
うれしいです。これからもよろしくお願いします。
2

映画『孤狼の血』

自分の考えを形にして人に見せる機会もなかなか無いので、気が向いたときに日記代わりのnoteを書くことにしました。続くと良いな。

写真は僕の喫煙を見守る猫。

■映画『孤狼の血』を見て感じた、「手段に拘る理由」の話

良質な映画は、僕の中の大切なものを綺麗に掘り出してわかりやすくしてくれる。
新しい映画に出会う度に、自分がどういう人間なのか理解が深まる。

▼登場人物

・ガミさん
役所広司演じる

もっとみる
ありがとうございます、時間があったらあなたの記事も見に行きますね
3