Shogo

スポーツが大好きな社会人1年目🚶‍♂️ ゆる〜く自分の想いをnoteに投稿📝 フォローすると新しい価値観に触れられるきっかけに👌 発信が苦手だと思ったら好きでした🙋‍♂️ 「素直正直謙虚」をモットーに🔥 座右の銘は【誰でもできることを誰よりもやる】 #西野エンタメ研究所

Shogo

スポーツが大好きな社会人1年目🚶‍♂️ ゆる〜く自分の想いをnoteに投稿📝 フォローすると新しい価値観に触れられるきっかけに👌 発信が苦手だと思ったら好きでした🙋‍♂️ 「素直正直謙虚」をモットーに🔥 座右の銘は【誰でもできることを誰よりもやる】 #西野エンタメ研究所

マガジン

  • 1000pvを超える記事集

    毎日更新を続けた結果、記事の数が多くなってしまいました。時間の無い方に向けて、自分が価値のある投稿をまとめているマガジンになります。 *すべての記事は無料で公開しているものですが、時間の無い方向けにまとめさせていただいたマガジンになります。

  • 毎月の目標

    自分の自分による自分のための目標設定

  • 3分で本が読みたくなる

    本を読むのはめんどくさい。 読む時間がない。 そんなあなたはこれをフォローしておけば、後悔しません。自分がいいと思った本だけ紹介してます👍

  • 就活を始めよう

    就活についての投稿です! オンライン就活という就活カレッジへの参加の感想や自身の経験について書いています🤙 就活中の学生は必読

  • 日々の気付き💡

    自分が日々感じたことについて偉そうに語ります! たまに覗いてみてください。 良いことを言ってる気がします

最近の記事

固定された記事

さぁ、始めよう

寅年の始まり。年男。 もうやるしかないっしょ。2022年は変化の年になる。 大学生から社会人。 京都から東京。 実家から一人暮らし。 もう変化する生活は予想できている。これだけ変化が重なることが予想されると、ワクワクが止まらない。毎日、刺激を受けながら生きていくだろう。 どんな1年になるのかわからない。学生生活残り3か月を全力で楽しみながら、4月からは全力で社会人生活を楽しむ。2022年も最高の1年だったと言えるように少し遅くはなったが、今年のスローガンや目標を書いて

スキ
189
    • 「同じ体験をしても同じ感想を持つことはない」

      本を読む。映画を見る。旅行に行く。ドラマを見る。海外に行く。ご飯を食べる。お酒を飲む。きれいな景色を見る。 生きていれば、いろんな体験をする。たくさんの体験をして、自分がどんな人なのかがわかることもある。同じ体験をしようと、自分の思った感想がみんな同じ感想を持つとは限らない。 みんながおすすめしていることが自分にとっていいことなのかわからない。 価値観というものに沿って、自分たちは体験を通して感じるものがある。自分の感じたことが多数派ではないと自分はおかしいのかなと思う

      スキ
      35
      • 「過去は変えられないが、未来は変えられる」

        起こってしまったことに対して、どれだけ後悔をしても事実を変えることはできない。あの時にあんなことをしていなければよかった。生きているとそんな後悔をすることはたくさんある。 どれだけ悔やんでも過去を変えることはできない。過去に起こってしまったという事実を変えることはできない。もう、過去を生きることはできないのだから。 いつまでも過去を生きているのだろうか。後悔をすることも時には必要。ただ、私たちが生きていけるのは今しかない。 変えることができるのは今。そして、今の行動を変

        スキ
        36
        • 「どう思われたいかより自分はどう生きていきたいのか」

          タイトルに今日伝えたいことは全て詰まっている。どう思われたいかで生きている人と自分はどう生きていきたいかで生きている人の差は歴然。 簡潔にいうなら他人軸で生きるか自分軸で生きるか。 こんな言葉たくさんの人が使ってきた。自分のやっていることや今取り組んでいることがうまくいかない時ほど他人軸で生きてしまう。自分軸で生きるよりも他人軸で生きる方が圧倒的に楽だから。 他人軸で生きることには正解があり、みんなが求めていることをやればいいだけ。ただ、その生き方をずっとしていると自分

          スキ
          53
          • 「同じ体験をしても同じ感想を持つことはない」

            スキ
            35
            10日前
            • 「過去は変えられないが、未来は変えられる」

              スキ
              36
              2週間前
              • 「どう思われたいかより自分はどう生きていきたいのか」

                スキ
                53
                3週間前

              マガジン

              マガジンをすべて見る
              • 1000pvを超える記事集

                • 22本
                • ¥300

                毎日更新を続けた結果、記事の数が多くなってしまいました。時間の無い方に向けて、自分が価値のある投稿をまとめているマガジンになります。 *すべての記事は無料で公開しているものですが、時間の無い方向けにまとめさせていただいたマガジンになります。

              • 毎月の目標

                • 21本

                自分の自分による自分のための目標設定

              • 3分で本が読みたくなる

                • 49本

                本を読むのはめんどくさい。 読む時間がない。 そんなあなたはこれをフォローしておけば、後悔しません。自分がいいと思った本だけ紹介してます👍

              • 就活を始めよう

                • 23本

                就活についての投稿です! オンライン就活という就活カレッジへの参加の感想や自身の経験について書いています🤙 就活中の学生は必読

              • 日々の気付き💡

                • 96本

                自分が日々感じたことについて偉そうに語ります! たまに覗いてみてください。 良いことを言ってる気がします

              • Clubhouse

                • 2本

                次世代のSNSとして注目されているclubhouseについて

              • 1000pvを超える記事集

                • 22本
                • ¥300

                毎日更新を続けた結果、記事の数が多くなってしまいました。時間の無い方に向けて、自分が価値のある投稿をまとめているマガジンになります。 *すべての記事は無料で公開しているものですが、時間の無い方向けにまとめさせていただいたマガジンになります。

              • 毎月の目標

                • 21本

                自分の自分による自分のための目標設定

              • 3分で本が読みたくなる

                • 49本

                本を読むのはめんどくさい。 読む時間がない。 そんなあなたはこれをフォローしておけば、後悔しません。自分がいいと思った本だけ紹介してます👍

              • 就活を始めよう

                • 23本

                就活についての投稿です! オンライン就活という就活カレッジへの参加の感想や自身の経験について書いています🤙 就活中の学生は必読

              • 日々の気付き💡

                • 96本

                自分が日々感じたことについて偉そうに語ります! たまに覗いてみてください。 良いことを言ってる気がします

              • Clubhouse

                • 2本

                次世代のSNSとして注目されているclubhouseについて

              記事

              記事をすべて見る
                • 「10分で記事を書いてみた」

                  今、スマホのタイマーを開いた。10分を設定し、スタート。どんな記事が書けるかはわからない。アラームが鳴ると、この記事が終了する。いつもは15分から20分くらいで書いているが、10分となると何が書けるのだろうか。 案外、文章を書く時は短い時間で書く方がいい記事が書けることが多い。noteを始めた時は全く時間を測らずにだらだらと書いていた。いつしか30分という時間設定で書き、今では20分、15分。 どんどん書く時間が短くなってきた。書く時間が短くなったからと言って、記事のクオ

                  スキ
                  34
                  • 「誰でも発信できる時代だからこそ、みんな発信した方がいい話」

                    何を書こうかと考えずにnoteを開いた。ここ最近、目の前のことに追われて生きているが生きている感覚が無い。いつからか追うよりも追われている毎日を過ごしている。 追われている時は感覚的にしんどくなる。やっているよりもやらされている。何事もネガティブに捉えてしまう。 人は弱くて、儚い生き物。 弱いようで強い。強いようで弱い。人は感情というものでアップダウンが激しく、感情というものが自分の生活に大きな影響を与えてしまう。今日の記事は本当に書くことを決めていない。脳内に上がって

                    スキ
                    50
                    • 「とにかく量をこなせ」

                      何か新しいことを始めれば、最初はできないことの方が多いのは当たり前。知識も経験もない中で、できることはただ一つ。 とにかく量をこなすこと。これは意味があるのかないのか考えることも大切ではあるけれど、量をこなしてみないとわからない世界もある。効率と過失を求めるのはある程度の量をこなしてから。 どこに量をこなせばいいのかわからないのはただの言い訳。 そうやって、やらない理由を自分の中で探しているだけにすぎない。量をこなさないと先は見えてこない。知識量が足りないのはただの努力

                      スキ
                      27
                      • 「壁当てをしたいのか、キャッチボールをしたいのか」

                        人はだれかとコミュニケーションをしながら生きている。顔を突き合わせて対面でするコミュニケーションや文面上のテキストだけでのコミュニケーションなど、コミュニケーションは時代とともに変化しつつある。 どんなやり方でコミュニケーションをしようと変わらないものが一つある。 それはコミュニケーションとはキャッチボールであり、壁当てではないということ。どういうことかというとコミュニケーションは1人では成り立たない。 壁当てなら自分の好きなように好きかってやればいい。しかし、キャッチ

                        スキ
                        32
                        • 「何もかも振り返り言語化する」

                          新しいことを始めると思うように進まないし、できないことが多い。上手くいかないし、そんな時ほど振り返りをするなんてしんどすぎる。できなかった理由を考えすぎるのは精神的につらくなる。 けれど、そこで向き合うからこそいつか未来の自分を助けることにつながるのかもしれない。できなかったことを振り返り、言語化する。 言語化と言われれば、何か意識高い系かと思われるが、誰でも理解できるように視覚化するというくらい軽い気持ちでやればいい。 物事には原因と結果の法則がある。 結果を見て、

                          スキ
                          31
                          • 「書く気にならない時もある」

                            今日はnoteを書こうと思い、noteを開けた。さぁ、今日は何について書こうかなと考える。しかし、書くことが無い。書くことがないというよりも書きたいことをそのまま書こうか迷っている。 そんな時は大抵うまくかけない。 上手く書こうと思って書いてしまうと、上手くかけないことが多い。そもそも、上手く書くって何なのだろう。上手い文章って何なんだろう。考えれば考えるほどわからなくなってしまう。 結局、文章に上手いも下手もない。誰かに文章が上手いとか下手とか言われる筋合いなんてない

                            スキ
                            36
                            • 「人生の制限をかけているのは○○」

                              人生は自由だ。 やりたいことをやればいい。やりたくないことをやり続ける人生で果たしていいのだろうか。 「私には無理だ」 果たして本当だろうか?なんで自由な人生に制限をかけているのだろうか。制限付きの人生なんてつまらない。もっと自由にやりたいように生きていけばいい。こんなこと言うのは簡単。いざ実行に移すことは難しい。 そもそも、何が人生に制限をかけているのだろう。 それは間違いなく自分自身。制限をかけているのは周りの環境でもなく、他人の目でもなく、自分。最終的に判断して

                              スキ
                              56
                              • 「失敗も振り返れば、失敗じゃない」

                                人生、上手くいくこともあれば上手くいかないことがある。どちらかというと上手くいくことよりも上手くいかないことの方が多いのではないだろうか。 挑戦すれば、失敗することもたくさんあるだろう。最初からすべてが上手くいき、成功するものでもない。 あまりにも自分の実力を期待しすぎてしまうと、失敗した時のショックが大きくなる。成功すると思っていたことが失敗するときほどダメージが大きい。誰でもそんな時は落ち込んでしまう。 落ち込みたいならとことん落ち込めばいい。落ち込んだ後の次にどん

                                スキ
                                31
                                • 「感情にフタをするな。溢れ出せ」

                                  喜び、怒り、悲しい、楽しい、嬉しい、辛い、苦しい。 人間には様々な感情がある。他の生き物とは違い、心というものを持っているからこういった感情を持っている。 私は人よりも感情を表に出すのが苦手である。どこかクールぶって楽しいときもすかしているし、悔しいときも相手には見せない。泣きたいときは我慢する。 感情を表に出すのが恥ずかしいのだろうか。ここ最近、感情というものにフタをしながら生きている感覚がある。 最近、思いっきり笑ったのはいつだろう。最近、思いっきり泣いたのはいつだ

                                  スキ
                                  33
                                  • 「失敗することが怖くなったのは大人になったから」

                                    年齢を重ねるごとに、挑戦する事へのハードルが上がり、失敗をすることへの怖さを感じ始めるようになった。きっと、大人になったからなんだろう。 子供は失敗することを恐れない。というよりも失敗する事なんてまず考えてない。やりたいからやっているだけ。本来だれもがそうあるべきなのに、いつしかやりたいことに蓋をして、日々過ごしている。 そんな生活を続けていると自分のやりたいことがわからなくなり、急に「何がやりたいの?」と言われても答えることに戸惑う。 誰しもが小さいときはやりたいこと

                                    スキ
                                    46
                                    • 「文章力を上げるためにやるべきこと」

                                      文章を書くことが苦手。私には文才がない。どうすれば書くことが得意になるのか。どうすれば言語化する力が身につくのか。 文章力を上げたければ、文章を書き続けるしかない。 この一言に限る。文章力を上げたいのなら、とにかく書くこと。書かなければ文章力は上がらないし、最初からうまく書けるものではない。とにかく量をこなし、書き続けること。 発信が苦手とか書くことが苦手とか考える時間があるのなら何でもいいから書いてみる。 それが上手いか下手かなんてどうだっていい。 最初から自分の

                                      スキ
                                      48
                                      • 「さぁどう生きるか?」

                                        情報があり触れた現代社会。 知りたいことを検索すれば、ほとんどの情報が手に入る。情報がすぐに入ることによって、便利になった。いや、情報がありすぎて不便になったこともある。 これだけたくさんの情報があると、どの情報が果たして正しいのか。有りすぎる情報に踊らされ、何が正しいのかわからなくなってしまう。 ありすぎる情報をどう捉えるか。 自分の目に入る情報は人によってとらえ方が変わる。情報のどの部分を切り取るかで解釈も変わってしまう。誰でも発信することができるからこそ、いろんな

                                        スキ
                                        41