石田 康平

東京大学大学院。建築デザイン。VR×建築。クマ財団2期クリエイター。トヨタドワンゴ高度人工知能人材認定。ex Takram インターン。未来の建築、都市構想が専門。思考のまとまりをnoteで。週2本月曜日に。

最高のデジタル本棚のつくりかた~ノウハウまとめ

僕は東大の博士課程の研究者で、研究のために毎月けっこうな量の本を買う。 狭い家に大量の本があふれる。書き込んだメモもばらばらに存在している。なんだか効率が下がる…

受賞論考の全文公開~Experiential Facadeという概念の提示と考察

この論考は、僕が2019年の10月ごろに1か月ほどかけてちまちまと書いたものだ。 「片岡安賞」という論考の賞に入選したので、せっかく書いたし、ひとまず全文公開してみよ…

時代性に囚われすぎたフレーズと思考に、なんともいえない寂寥を覚える

「アフターコロナ」という言葉にも、「ウィズコロナ」という言葉にも、僕はずっと違和感がある。なぜならそうした言葉自体が、時代性に囚われすぎた思考と有効期間の短い議…

設計コンペでVRシステムの作成を要求されたときの論点&問題点まとめ~丸亀市の事例より

このnoteは、丸亀市が行っている「丸亀市(仮称)みんなの劇場基本設計・実施設計業務委託」の公募型プロポーザルにおいて、設計業務の一環として求められたVRシステムの作…

これから修論や卒論を書く人へ~修士論文の製作ノウハウ&Tipsまとめ

こんにちは、石田と申します。このnoteは僕が2020年の1月に書いた修論について、その執筆、印刷、製本などにおけるノウハウをまとめたものです。 ちなみに僕の修士論文は…

コンテンツとフォーマットのずれが生む意味~『コンテクストデザイン』の感想

このnoteは『コンテクストデザイン』という本と、その一連の出版活動に対する正直な感想と考察です。 はじめに断っておくけれど、この本の著者である渡邉康太郎さんから「…