きっかけ屋

衣・食・住・医で人生をカスタマイズすることに興味があります。略歴:https://bit.ly/2VAJpYj 電子書籍:『きっかけ屋アナーキー伝』https://amzn.to/2XHX12T

第20回 三つ子の魂がじ〜っと体の奥底で潜伏していた件。

【きっかけ屋☆映画・音楽・本ときどき猫も】 (昨日のつづき) 音の何が人の心と体を癒すのかというのは永年ぼくのテーマになっている。 音と癒やしの話の前にしばらく音...

第19回 85年も前に音が癒すことを知っていたこの人は何者?

【きっかけ屋☆映画・音楽・本ときどき猫も】 (昨日のつづき) 2018年2月4日にとんでもないものと出会ってしまった。 そのきっかけをつくってくれたのが2017年大磯図書館...

第18回 話を3D映画に戻す前にもう少しワイドスクリーンの話を。

【きっかけ屋☆映画・音楽・本・ときどき猫も】 (昨日のつづき) 3本のフィルムを同時上映して立体感を強調していたたシネラマが70mmフィルム1本で上映できるスーパーシ...

第17回 キワモノから始まった我が立体映画史。

【きっかけ屋☆映画・音楽・本ときどき猫も】 (昨日のつづき) 親父が新聞記者を経てテレビ局の報道部に在籍した根っからの報道屋なので、我が家にはかなり早い時期から8m...

第16回 アングラ文化全盛の時代にキラキラした才能を見つけた。

【きっかけ屋☆映画・音楽・本ときどき猫も】 (昨日のつづき) 高校時代は昼食代を倹約して映画、レコード、古本に費やしたが、大学の映画制作同好会で映画づくりのまねご...

第15回 家元と呼ばれたあの天才落語家の思い出。

【きっかけ屋☆映画・音楽・本ときどき猫も 】 (昨日のつづき) 家元の口座は数回しか観に行っていない。 家元を観た15年前のことはこちらで。 翌年偶然家元の家を見...