子どもの頃から花が好き、という人は大勢いると思うけれど、私は全然興味がなかった。けれど、年を重ねて色々な出会いや別れを経験して、花って良いなと思うようになった。

山崎まさよしさんの「Flowers」に出会って

新しい旅立ちはちょっぴり寂しいね​
泣いたり笑ったり昨日のことのようだね
気ぜわしい街だけどしばらくお別れだね
良いことも嫌なことも今はもう懐かしい

仕事をするようになって数年すると、

もっとみる
嬉しいです😄スキを半径3メートルから拡げたい🥰
1

探し物はなんですか~第6話:探索~

夜は若く、彼も若かったが、夜の空気は甘いのに、彼の気分は苦かった。

もちろんその理由が私にはわかっていた。なかなか見つからないのだ。

鍵が・・・

丸メガネをかけた男は最初は意気揚々としていたものの、この暗闇の中ではその作業がなかなか難しいということを悟り始めていた。

月明りと携帯のライトだけではあたりを完全に照らすことはできず、様々な方向を照らしながらカギを探す作業は困難を極めていた。

もっとみる

探し物はなんですか~第5話:説明~

あまてらす太陽が沈み闇が迫る中、キョロキョロという擬態語を見事に体現するかの如く首を左右に動かしている男がそこにはいた。

私だった。

数時間前に走ったであろう場所を懸命に思い出しながら私は必死に探していた。
もしそれが落ちていたら路上でキラリと光るはずだ。自転車のライトで辺りを照らしながらゆっくりと進んでいた。

しかしいくら探してもでてこない。もしかして車が撥ねてあっち側にいってしまったので

もっとみる

低気圧ガール【コモリシゲヒロ→ふむふむ】

突然ですが、
noteマガジン「書くンジャーズ」メンバーのリレーインタビューをお届けします。
私がインタビューを行ったのは、日曜日担当のふむふむさん。

(超)簡単に彼女のプロフィールでも。
山梨育ちで、自ら「虚弱体質」を自己主張するも、低空飛行でも楽しく生きる術を会得している低気圧ガール。

ミュージシャン山崎まさよし(注1)が好き過ぎるふむふむさん。
そんな山崎まさよしとの出会いは、1996年

もっとみる
超嬉しい!
19

呑まないし書かなかった話。

土日にかけて、第2回「呑みながら書きました」企画に投稿されたかたの文章がいくつか流れてきて読ませてもらいました。こちらの企画です。

この企画、1回目のときからなんか楽しそうだなぁと思いつつも医師からアルコールを控えてくださいと言われ、もう「呑みながら書きました」企画には参加できないと思ってたら、麦茶とかでもいいと書かれていました。

そういう文章を少し前に書いたら「第2回がもうすぐあるよ」って教

もっとみる
幸せな1日になりますように♫
37

be fond of

すきです にもいろんなすきがある わたしは人生で何回すきです と伝えられるんだろう。そう思ったら、ちょっとだけ長生きしたくなった。すきって言うことは、生きていてうれしい と言うことな気がする。

最近すきと感じたものはなんですか?

日々たのしく、ゆたかに

読んでくださってありがとうございました。

今日も一日おつかれさまでした。

もっとみる
うれしすぎる!
7

届けられなかった気持ち

今はすごい大監督になっていますが、新海誠監督を語るなら、絶対「秒速5センチメートル」を外す人はいないと個人的に思っています。どうやったらこの切ない空気感が出せるのかと「桜花抄」とあわせて見ると本当にやるせない気持ちが溢れてきます。そして主題歌の山崎まさよしさんのOne more time, One more chance 残念な事に一番使われている所がカットされているのですが、本当にその風景、心情 もっとみる

10年間の取りこぼし。

ジーーーーコロコロ。
 ジーーーーコロコロコロ。
 深夜。テレビの足元で、ハードディスクがせっせと働いている。最近CSで『寺内貫太郎一家』の一挙放送をやっていて、全39話を1日2話ずつ、毎晩観ながら録画もしているのだ。最初、第1話が放送された夜はほんとうに迷った。初回から全部録画するべきか。でも私の性格からして、録画しちゃったら、それで安心して、たぶんもう、観ないのだ。これまでも、「未視聴」のマー

もっとみる

影踏み

まさやんファンの友人と2人で映画『影踏み』を観に行ってきました。ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ポスターのイメージがなんだか不気味だったもんで(ごめんなさい😆)観に行くのをすこーし戸惑ったものの、観られて良かった!!!

ミステリーは普段触れる機会がないのでそこも心配していました。でも後半になるにつれて予想していたのとは全く違った展開に驚きながらもあまり味わったことのない

もっとみる