ボーダーレス

プロフィール -note案内図-

▼文章▼

〇〇賞史上最も風変わりかもしれない作家のもとで、特にテクニックなどは吸収せず、物書きとはどう生きるのかのみを眺めさせていただいておりました。
そんなふうにつかず離れず、ふらりとたまに現れるような私を教え子と呼んでくれるセンセイ。携帯すら持っていないセンセイは、ネットなど使って文章を書くのはきっとお嫌でしょうから、後生内緒にするつもり。

ジャンル問わずでこっそり気ままにつくっていく作品

もっとみる
嬉しいです。Twitterもよろしければ…! RIKO
1

魔法使いに憧れて

どうも、
自己彩生workerのTAKESHIです☺️💫

突然ですが。

魔法使い(魔女)って憧れませんか??

ぶっちゃけ、
僕の小さい頃の夢って魔法使い
だったりするんですよ。
(※今でもなれると思っている←)

世代的に、
セーラームーンとかカードキャプターさくらとか
魔法少女系のアニメに親しんで育ってきたからっていうのもあるかもしれないんですけど…。

ある意味、
小さい頃の夢って、

もっとみる
感謝(^ε^)💋
22

国境はなぜ存在するか

僕は外国人の方と話したり、遊んだりすることが好きです。海外にもよく行きます。

僕の心の中を占めるのは、もっといろいろな人と関わりたいという気持ちと、まだ見たことないものを見てみたいという気持ちです。いうならば、ただの好奇心ですね。幼いころから親の転勤で、日本国内を転々としてきた私は、20歳になるまでに10回転勤しました。いつの間にか、引っ越しは楽しいものだという感覚が自分の中に芽生えていいること

もっとみる
あざんすであります
2

ボーダーレス社会で戦う時代

私が海外事業体支援出張に行った実体験から感じたことがある。

トルコへ現地支援出張に出向いた際、ローカルエンジニアと接していて気付いたことは、相当優秀な割に自分より給料は安いという事実である。
(もちろん物価の関係はあるが、、、)

日本語に守られている島国なので、ボーダーレスの進みが比較的緩やかだが、いつ状況が激変しても何らおかしくない時代だ。

TOEICで言えば980点レベルがゴロゴロいるし

もっとみる
一緒に成長しましょう。
3

QUSUYAMA的森林活用法について

林業従事者とは呼ばれず、しかしただものを作るだけでもない。
私が目指す『ものづくりとことづくり』のコラムです。

この写真はどこでも見かける杉の植林地に入ったときの風景です。
さて、ここでプロの林業家の方々の目線と私たち素人の目線を考えて見ましょう。

もし、この写真をプロの林業家が見たらどのような反応をするでしょうか?
・曲がってるな
・虫が入ってないかな?
・根元は腐ってる?
・樹高はどのくら

もっとみる
スキありがとうございます♪
5

ボーダーレスになろう! [Re:member] #13

2020/5/19から,僕がこれまでに,子どもたちに送った言葉を1日1つ追加しています.

(というか,熱中したいことがあるので,しばらく,このスタイルでいきます.)
(もっと,崩して言うと,これから手抜き更新をしています.)

今回は,
言葉とそれに対する考察とこれを継続している感想を毎日続けた記録です.

詳細説明は以下のリンクから!
https://note.com/nbr41/n/n091

もっとみる

最近の Neo House Tokyo/コロナ直後から現在

こんにちは。
Neo House Tokyo 運営の人です。

皆さまお元気ですか?

昨日、緊急事態宣言の解除が表明されました。
今日からまた以前と同じ日常に戻るかというと、きっとそういうわけではなく。新しい生活様式の備わった新しい with コロナの日常を、みんなで作り上げていくのかなと思います。

最近の Neo House Tokyo はというと、割と平穏な日々が続いております。
ずっとイ

もっとみる
嬉しいです!
7

自己紹介

こんにちは。Neo House Tokyo です。

note では初めての投稿になるので、自己紹介させていただきますね。

Neo House Tokyo は、「空き家を改修した多国籍対応のギャラリー付きシェアハウス」です。

詰め込んで説明すると、↑  のような文章になります。

Neo House Tokyo のコンセプトについて、お伝えしたいことがたくさんあるのですが、まずは、私たちは「シ

もっとみる
今日も良い1日を!
20

ポストコロナの世界 変容する安保環境

新型コロナウィルスという目に見えない脅威に晒された世界は、今後、どのように変容していくのでしょうか。最近、識者の間では盛んに「パラダイムシフト」が起きているといった話が飛び交っています。私たちは今、歴史的な転換点にあり、事態が終息しても元の世界に戻ることはなく、これまで私たちが思い描いてきたものとは違った未来に向かっていくというのです。仮にそうだとすれば、今後、訪れるであろう「ニューノーマル(新常

もっとみる
読んで頂いて、ありがとうございます!
6