是断(かかし)

愛の爆弾。セレマ。無心無念。活気、色気。摂理。シヴァ『ム縁土俵』 ❤アシュターヴァクラ・ギーター
    • 世界のこと
      世界のこと
      • 47本

      私から見た世界の様相。記事が増えてきたので立派な論考ものだけまとめました

    • 万華鏡
      万華鏡
      • 74本

      ついやっちゃうんだ。推薦。ヒトから人へ。

    • ”真”シリーズ
      ”真”シリーズ
      • 25本

      これがわかればすべてがわかる。すべてがわからなければこれはわからない。あなたはあちらの住人か。もうおわりにしよう

    • 私(わだかまり)
      私(わだかまり)
      • 33本

      私の経験を綴ったもの。過去に重点を置いた論考。

固定された記事

万人始祖論:超言語述懐

『自由言語』の提案 ◆導入:主客分離は問題でない。自己の発生の前に、世界的な始まりがある…

通貨(=通念,通説,大道)が通貨たるためには
「否応のなさ」が必要だ。
仮に選択の余地があるならば、
それらは同一の通貨と見なされており、
ほぼ同一の機能を有する。ゆえに、
『思い悩める内は思い悩む必要はない。』

それらはほぼ全く同じなのだから。
ただ、パッケージが少々違うだけ

日本文化は恒星ではなく惑星ガラパゴス
珍妙な部族としての「持続」(ベルクソン)
銀河,恒星,惑星,彗星としての持続がある
おれは彗星、ぼくは周期彗星
新型は惑星的に新型
現代は恒星的に現代
性交は銀河的な種族的「時産み」

自由の中に自由はない
自由恋愛は不自由
自由は愚者の特権

ぼくは毒性・副作用・有害という言葉がキライ

彼らの食卓は大地のすべてなのだ
みんなのテーブルに新型 産業 廃棄物をばら撒かないで

彼らはいつ何時もフォーマルに身を飾っている
衣食を作ることも、子どもを作ることもない
あるもので満足し、作ろうとはしない
解決・創造しない「強さ」

抜き打ちテストのパラドックス
抜き打ちテストは「予測できない時に起こる事象」である。いつくるかわからないのだ。

この手の災害(制裁)は「予測しよう」とする意思によって生じる。
意思を前提とした物言いは、そこに「穴」を生み出す。
《信じないときにのみ開く穴》
不可避の仮想仮説地獄

【意思開通】理性でできること

時間跳躍 感覚放棄 感覚想起 微小満足 感覚膨縮 単語同化 単語異化 一人万人 万人一人…