独り身レズビアンのひとりごと

最近、穏やかだよねと言われることが多い。(そんなことはない)

つまり、悪いように言うと面白みのない奴、
それが私である。

前回のnoteにも書いたが、私はレズビアンであり、いわゆるセクシャルマイノリティーに属する。そして、何よりも孤独を愛する女である。

「独りが好き」な自分を認めるのは、相当な時間を要した。"受け入れる"というよりも、"分かる"のに時間がかかった。

こんな私でも、過去何人か

もっとみる

僕は、クエスチョニングの状態が長かった⁉️ その後

 皆さん、こんにちは
ちーたんです

 今日は、クエスチョニング状態が
長く続いた後に、やっと落ち着いた話を
しようと思います(*´∀`*)

後編の出番が無くなってしまい
ましたが😅

それは、ご了承ください😅

新しい自己紹介の記事を
読んでくださった方は
もう、ご存知かもしれませんが…

Xジェンダー無性でも僕は、女性寄りの無性だと
分かりました
後は、パンセクシャルや
バイセクシャルか

もっとみる
わーい!!╰(*´︶`*)╯
2

風呂の話

トイレの次は、今度はお風呂…。

そりゃあ本当にトランスジェンダーだという人は、体が男だったとしても男湯に入るのは躊躇うでしょう。
でもそれを認めてしまったら、「体は男だけど中身女だから〜」と、良からぬ輩が女湯に入ったとしても、「お前は違う!」と証明する事が出来ない為、犯罪を防げなくなります。

風呂なんて体の性別に従えばいいじゃないですか。
私だって、目のやり場に困りながら入りますよ。
それが嫌

もっとみる

15 急転直下

一輝「え…男が好きって…。」
夢花「私もノンケってこと。あなた、今まで自分以外のノンケを見たことある?あ、テレビの人はナシで。」
一輝「いや、ないです…。」
夢花「やっぱそうよね。」

一輝「あ、あの、なんで俺がノンケって分かったんですか…?」
夢花「ノンケにはビーノンっていうお互いがノンケだって分かる能力があるの。」
一輝「そうなんですか…?ビーノン…?」

俺には実はそんな能力が…?
戸惑いな

もっとみる
とても嬉しいです。

自分を知る

突然ですが、僕の性別は女です。

……て、説明するの、本当に嫌いなんですよ。妥協して「生物学的には女」とよく言います。あるいははぐらかします。対面していればそんなこと言う必要もありませんが。

なんでそんなことをするのか。僕のことを「女」だと思われたくないんです。女だと見られたくない。女にカテゴライズされたくない。

女なのに。変ですよね。性同一性障害ってやつかなと思ったりもした。でもなんとなく違

もっとみる
スキしていただきありがとうございます!
3

XジェンダーでAロマでAセクな子かいた~🦄
レインボーコアめっちゃすき🐸

自然にLGBTsが登場するエンタメがいい!

こんにちは! プリンセススクゥエアーの笠原です。

今日は、漫画を普通に読んでいたり、映画を普通に見ていたらLGBTs当事者がさらっと出てきて嬉しくなっちゃうことが続いたので、ぜひその作品をご紹介させてください!

赤ちゃん本部長本部長が、ある日突然赤ちゃんになっちゃった! という面白い設定の漫画です。普通にギャグ漫画なのかな?と思っていたら、案外社会派。

しかも本部長と一緒に働いている部下のう

もっとみる

勝手にLGBTの代表言動をする松岡宗嗣くんと、高額セミナーや虹グッズにおける利権しか考えていないLGBT活動家およびLGBTを利用する左翼陣営諸君(日本共産党員、社民党員、立憲民主党員)への抗議文

抗議文

【要旨】
諸君らは、LGBT理解増進法の中身を吟味せず、差別禁止により理想の社会実現を目指そうとしている姿勢は誤りである。

松岡くんら、諸君は事実に基づかない内容を即刻取り消すことを強く要求する。
冷静な議論のもと、健全な国会での議論となるよう、妨害行為は断じて許さない。

【本文】
①LGBT差別禁止の理念は、一般のLGBT当事者を不幸にすると断罪する。
なぜなら、差別の定義が決まっ

もっとみる

僕が夫に出会うまで【読書感想文】

「僕が夫に出会うまで」

この本との出会いは、あるネット記事の小見出しに、自分の今まで生きていた中で考えた意見を否定されたような気がしてこれは読まなければいけないと感じたことから始まる。
その小見出しが

「愛があればいいじゃないか」はあまりにも無責任

ズシンときた。

普段から愛があれば何でも乗り越えられる、愛があれば人として優しく立派になれるという意見を持っていたからだ。(私は能天気で楽観的

もっとみる

セクシュアリティで諦めてきたこと

こんにちは🌸
「オンナノヒトからオトコノヒトになったヒト」として生活しているYOo!です。(男性、とはまたちょっと違う)

幼少期から、かなりたくさんの女の子らしい「嫌なこと」がありました。
幼稚園の制服から始まり、七五三、ランドセルの色、プールや体操服、やれ習字セットや裁縫道具もありとあらゆるものを、いわゆる「女の子向け」と称されるものから選ぶことを強要されてきました。
なので、本当〜〜に、た

もっとみる
ありがとうございます🐑シェアしていただけると嬉しいです!
3