オフラインでダメな人はオンライン活用が無理?[朝活ONE]#139

実は先日、ニュースで面白い話を聞きました。
「フランス人はマスクが自由侵害の象徴になっている」
ほほう。
と同時に「なんで?」
となりました。
まぁ、仕方ないですね。

日本人ですから。

日本って、そもそも自由な国なので、自由を勝ち取るとか、自由であるべきとかって発想が根底に無いですもの。

そこから、あることに気づきました。
それが今日の「オンライン活用」と「リハビリテーション」についてです。
もっとみる

未来を考えるチャンスをありがとう!
1

理系男子が教える、ボーダーニットの本当の着こなし方。

お洒落に関心がある方も、あるいはそうでない方でもタンスに一着は眠っているであろう、「ボーダーニット」。

あなたは普段どういう着こなしをしていますか?

ボーダーって着るだけで簡単にお洒落を装えるし、清潔感出るし、比較的他のアイテムとも合わせやすいのですごく良い万能なアイテムの1つと思います。

ちなみに、ボーダー柄は元々社会から嫌われている、避けられている人々が着用しなければならない義務的な模

もっとみる

ナポレオンから学ぶ処世術列挙

ナポレオンってみなさんご存知ですか?

下級貴族ながら、フランス革命終盤、突如表舞台にその名を轟かせ一躍英雄になった男です。

ナポレオンの登場から一時期フランスはヨーロッパで大きく幅を利かせていました。

そして、ナポレオンが破れると瞬く間にフランスは勢いを失っていきました。

今回は、そんな流星のごとく現れそして消えていったナポレオンという天才の名言などから処世術を紹介していきます。

コネは

もっとみる

カバラ生命の樹から読み解くディープステートの役割

「ディープステート」という言葉を知ったのはわりと最近ですが、彼らがなんのためにいるのか、世界においてどのような役割を果たしているのかを考察すると、これまで筆者がずっと探究してきたことにつながっているということがわかりました。

その探究は、世界に対する違和感と自己認識に端を発します。これは、成長する過程で経験する”狂騒”というよりも、なにかよくわからないものにつかまれてしまったとしか言いようのない

もっとみる
おお麗しき愛の神よ♡★.:゚+。☆幸(uωu人)福★.:゚+。☆

【フランス革命を生きた死刑執行人の数奇な運命を描いた幻の一冊が、ついに本邦初訳!】バルザック版『サンソン回想録』

文=国書刊行会編集部(昂)

国書刊行会からまたしても凄い本が出ます。

一部ではすでに話題となっておりますが、『サンソン回想録  フランス革命を生きた死刑執行人の物語』(安達正勝訳)を刊行します!

作者は、『谷間の百合』『ゴリオ爺さん』などの作品群「人間喜劇(人間劇)」で知られ、伝説的な大食いと借金漬けの豪放な私生活のエピソードなどでも有名な、あの19世紀フランス文学を代表する天才的文豪オノレ

もっとみる

ハンナ・アレント  危機 を考察する

働くとは?

労働:生きるために必要なものを作ること 例:食事
仕事:すぐ消費されることのない「物」を作ること 例:本の執筆

労働は、生活に不可欠なものを生み出すこと。
仕事は、耐久性のあるものを生み出すこと。

そして活動へ
アレンとはユダヤ人で激しい迫害を受けてアメリカに亡命。20世紀に台頭した「全体主義」の怖さを目の当たりにした。ここで彼女が関心を持ったのが人々の「無関心」。ここから活動の

もっとみる
スキありがとうございます。今後とも投稿頑張ります。
3

エンペラーマネジメント

マネジメントにおいて誰もが直面する悩みの一つ「独裁」について今日は記す。

独裁者は有りか否か

個人的な経験値から判断すると、「独裁」は必要不可欠である。

私が考える独裁とは、全ての意思決定がほぼ一人によって為され、いかなる意見も独裁者が変更可能な状態を意味する。これの強みはなんといっても速さと軸の安定である。特にスタートアップや中小企業の場合、独裁は圧倒的に強く、ある程度グロースするまでは必

もっとみる

フランス革命は税金革命でした

中世ヨーロッパは「絶対王政」という言葉があるように絶対的な財力と権力をもっているイメージがありませんか?

たしかに権力はありましたが、財政的には非常に脆弱でした。なぜかというと国全体が王の領土ではなく、貴族がそれぞれの領地を持っていてその束役が王様だっただけだからです。また、貴族たちからは税金をとっていなかったため、(反対されるからとれなかった)王様に入る収入は、せいぜい王が治めている狭い領土の

もっとみる

118冊目:イノサン/坂本眞一

こんばんは、Umenogummiです。

今日はフランス革命にまつわる歴史マンガをご紹介します。

イノサン/坂本眞一 作

フランス革命下、ルイ16世・マリー=アントワネット・ロベスピエールなどの名だたる人物たちを処刑した「ムッシュー・ド・パリ」・シャルル=アンリ・サンソンの物語です。

18世紀のパリ、フランスの死刑執行人の家系・サンソン家に生まれ育ったシャルルは、その純真な心から人々から忌み

もっとみる