倉本圭造

原生林のような豊かで生命力に満ちた経済の実現を目指す、経営コンサルタント・経済思想家。…

倉本圭造

原生林のような豊かで生命力に満ちた経済の実現を目指す、経営コンサルタント・経済思想家。著書に『日本人のための議論と対話の教科書』『みんなで豊かになる社会はどうすれば実現するのか?』『日本がアメリカに勝つ方法』『21世紀の薩長同盟を結べ』。

最近の記事

月末恒例グダグダ雑談(今月読んだ本編)

ちょっとすごい大きなテーマについて書きたいんですが、大きすぎてまとめるのが大変な上に、今すごい風邪をひいていて脳に限界があるので、「今月読んだ本」を紹介しながら、色々と考えを雑多に述べていく回にしたいと思います。 今月はかなり本読んでましたね。 なんか、昨年「倉本さんならアンテナ高く色んな本やドキュメンタリーをご存知だと思うので、今年のベスト5を教えて下さい」っていう雑誌の企画をオファーされたんですが、「いや自分はそういうキャラじゃないんで」とお断りしてしまったんですが(

    • 敗戦日本の戦後統治がうまく行ったのは原爆でなく文化人類学のおかげという話

      イスラエルのパレスチナに対する戦争(というか虐殺というか)について、色んなイスラエル寄りの立場を取る欧米人が、「日本の場合」を引き合いに出してるのを時々耳にするようになりました。 特にこのリンジー・グラハム米国上院議員っていう人が有名で、議会で言った発言が問題視されて日本政府から抗議を受けたりこうやって↓メディアで掘り下げたインタビューされても何回も同じことを繰り返してるので「心の底からそう信じている」という感じですね。 彼はユダヤ人というわけじゃないみたいなんですが、ア

      • 「欧米発の”日本時代劇”ブーム」(SHOGUN、アサクリシャドウズ、ゴーストオブツシマ)について考える

        最近、「欧米発」の「日本時代劇ブーム」みたいなのが地味に進行中なんですよね。 「日本が作った時代劇が欧米でブーム」じゃなくて「欧米のスタジオが日本の時代劇を作るブーム」です。 例えば真田広之氏の主演でハリウッドが作った時代劇ドラマ「SHOGUN」が、日本にいると全然気づかないですがかなりのヒットになっていて、公開初週はあらゆるストリーミング公開作品の中で一位になったそうです。Huluとディズニー+という、Netflix以外のマイナープラットフォームで一位になるのは異例との

        • そろそろ円安については「静かに大騒ぎ」をするべき時期に入ったかもという話。

          こんにちは、経営コンサルタント兼思想家の倉本圭造です。 今月末にかけてすごいスピードで円安が進んで、色々と心配になっている人も多いと思います。 これについては、 ・「すぐできる対策」であまり焦って余計なことをしない方がいいけど、 ・「中長期的に見た対策」はそろそろめちゃ真剣にやっていく必要がある …という状況だと私は考えており、今回はそのあたりについてお話します。 (いつものように体裁として有料記事になっていますが、「有料部分」は月三回の会員向けコンテンツ的な位置づ

        月末恒例グダグダ雑談(今月読んだ本編)

        • 敗戦日本の戦後統治がうまく行ったのは原爆でなく文化人類学のおかげという話

        • 「欧米発の”日本時代劇”ブーム」(SHOGUN、アサクリシャドウズ、ゴーストオブツシマ)について考える

        • そろそろ円安については「静かに大騒ぎ」をするべき時期に入ったかもという話。

        マガジン

        • 倉本圭造のひとりごとマガジン
          ¥1,000 / 月
        • 新刊『繁栄のボーナスタイム』原稿先行公開
          6本
          ¥1,300
        • 幻の原稿を供養します「”ピシャリスキル”でウザいを解決!」
          5本
          ¥1,200
        • 倉本圭造の5年ぶり新刊先行公開note
          7本
          ¥10,000

        記事

          『シティーハンターNetflix実写版』が風穴をあける「過剰な性的潔癖主義の抑圧」

          こんにちは、経営コンサルタント兼思想家の倉本圭造です。 今回は、話題沸騰のNetflix版実写「シティハンター」の話をしたいと思っています。 僕の妻はシティーハンターの大ファンで、ずっと楽しみにしてるみたいだったのでNetflix版の実写映画が4月25日に公開されたその日に、リビングのテレビで並んで見たんですけどめっっちゃ良かったです。 僕はまあ、勿論世代だから「エンジェルダスト」とか「ユニオンテオーペ」とかの用語も、「ペガサス流星拳」とか「かめはめ波」ぐらいの感じで知

          『シティーハンターNetflix実写版』が風穴をあける「過剰な性的潔癖主義の抑圧」

          「坂本龍馬は大したことしてない」「織田信長は常識人」のような新説が生まれる意味を考える。(”司馬史観”の歪みはどこにあるのか?)

          こんにちは、経営コンサルタント兼思想家の倉本圭造です。 今回は、最近「坂本龍馬は史実では大した事をしていない」という話がちょいちょいネットの噂話で聞かれるようになってきて、実際のところどういう感じなのか興味あったので調べてみる記事を書きたいと思っています。 あと、織田信長も、「実は信長は常識人で、長篠の戦いの鉄砲三段打ちとかもなかったと言われていて」みたいな話を聞くんですが、なんかこういう「時代に応じて認識が変わっていく」のは、どういう意味があるのかを考えてみたいんですよ

          「坂本龍馬は大したことしてない」「織田信長は常識人」のような新説が生まれる意味を考える。(”司馬史観”の歪みはどこにあるのか?)

          「復活する円安傾向」に関する月末グダグダ雑談

          「日銀がマイナス金利解除したら円高になるんじゃなかったの?」って話ですが、むしろ円安方向にかなり振れはじめています。 この記事のトップ画像にしているチャートのように、年始の142円台から今や”150円の壁”を超えて151円台にまでなっています。 …って感じになってる人もいますが、まあそういう感じでなくても多少は心配になっている人も多いと思います。 ちょっと今回はこの問題について考えてみたいなと。 ・ この現象に関する単純によくある説明は… …というのが最大のものと

          「復活する円安傾向」に関する月末グダグダ雑談

          SNSで紛糾する川口市のクルド人問題を、日本における「外国人との共生」のモデルケースにするために

          私が先月末に書いた川口市のクルド人問題に関する記事が、要約版のxポストが290万ビューを超えるほどバズっていたので、川口市議とその支援者の皆さんの集まりみたいなのにお呼ばれしてお話を聞いてきたんですが…(トップ写真はその時のもの) 実際にお話した川口市民の皆さんの声として、 …といった話があったのが非常に印象的でした。 こういう「自分たちの話を聞いてもらえていない」という感覚を放置しておくのはそれ自体大変まずいことだろう、という感じがしますよね。 なぜなら、その「気持

          SNSで紛糾する川口市のクルド人問題を、日本における「外国人との共生」のモデルケースにするために

          日本人こそ見るべき映画『オッペンハイマー』に見る「21世紀の名作の条件」

          海外では既に配信やブルーレイディスクが販売されてる今になってついに日本公開された映画『オッペンハイマー』を見てきました。 すごい作品だった!というかめっちゃ考えさせられる映画で。名作と言っていいと思います。 ちょっと「アメリカ人にしかわからないだろう部分」も結構あった映画ではありましたけどね。多分日本人が「関ヶ原の戦い」とか「幕末歴史劇」を見ていて、「今作は石田三成を誰が演じるのかな?」とか「なるほど今作では一部の幕臣側の影の働きかけの影響に光を当てる展開なんですね」とか

          日本人こそ見るべき映画『オッペンハイマー』に見る「21世紀の名作の条件」

          「日経平均バブル後最高値更新」に関する月末グダグダ雑談

          ついに、という感じで、日経平均がバブル時につけた高値を超えましたね。 まあその事自体は良い事だと思います。喜ぼう。 ただ、まあ日本経済全体が、今かなり難しい時期で、インフレで実質賃金の目減りに直面しているような立場の人からすると、シラけた気分になる事もわかる。 「株高で潤うのはほんの一部の富裕層に過ぎない」というような方向で文句を言ってる人に対して、「リスク取ってないヤツがその恩恵を得られないなんて当然だろ?」みたいな事を言う人が結構いるんですが、なんか、まあそれはそれ

          「日経平均バブル後最高値更新」に関する月末グダグダ雑談

          (右翼さん以外のための)『川口市のクルド人問題』まとめ

          (お知らせ) この記事が要約版xポスト(Twitter)で290万ビューになるほど読まれて、川口市議と市民の皆さんの集まりに参加してお話を聞いてきました。その続編は以下リンクからどうぞ ・ 埼玉県蕨市と川口市周辺に集住しているクルド人と現地住民との間の軋轢はSNSでも度々話題になっていますが、先日蕨駅前の外国人排斥デモに対してクルド人群衆の一人が「日本人●ね!」と叫んだという動画(ただし諸説あり)が出回っていて、さらに相互憎悪が募る結果になっています。 「アベマプライム

          (右翼さん以外のための)『川口市のクルド人問題』まとめ

          「セクシー田中さん」問題について、ジョジョアニメの成功例から考える”わからせ”の方法論

          「セクシー田中さん」の原作者である芦原妃名子さんは私とほぼ同世代で同郷(少なくとも同じ県出身)であり、その世代の関西人が東京のメディアの中で地歩を築いていこうとしている試みの中で起きた不慮の事態として、この事件は他人ごとじゃない感じがして心が痛いです。 今回は、こういう不幸な事件が起きないようにしながら、それでも漫画原作のコンテンツが広く作られ続け、「こんな良い作品があったのか!」という良い出会いが今後も生まれ続けるにはどうしたらいいのか?について考える記事を書きます。

          「セクシー田中さん」問題について、ジョジョアニメの成功例から考える”わからせ”の方法論

          「最低な再開発」とSNSで名高い大阪梅田の住友タワマンの事例から、「日本で今後あるべき再開発」について考える

          以下記事に書いたように、 東京の明治神宮外苑再開発問題について書いた記事がめちゃバズってTBSの討論番組にも呼ばれたりしたので、日本各地の「再開発」について「アレはどう思う?」ってX(ツイッター)って知らない人に聞かれることが増えたんですよね。 なかでも、「大阪市立大阪北小学校跡地」に住友不動産が建てたタワーマンションは「最悪of最悪」の再開発だろう、という話がSNSで盛り上がっていて、興味を持ったので正月の帰省に合わせて現地を見に行ってきました。 今回記事は、この「梅

          「最低な再開発」とSNSで名高い大阪梅田の住友タワマンの事例から、「日本で今後あるべき再開発」について考える

          イーロン・マスクも熱狂した日本製ゲーム『エルデンリング』における彼の「ビルド」から、日米の思考法の違いについて考える

          2022年に発売され、全世界で2000万本以上売れた日本発の大ヒットゲーム、「エルデンリング」をご存知ですか? このゲームは、あのイーロン・マスクが大ファンで、しょっちゅうX(ツイッター)でエルデンリング元ネタのポストをしたりしてるぐらいなんですよ。 以下は「クリアした」時のツイート(Xポスト)なんですが、この人世界的企業を何社も経営しながら、クリアに60時間〜90時間とかかかるゲームをやりこんだりしてるのマジで存在が規格外すぎますね。 このnoteで何回か紹介している

          イーロン・マスクも熱狂した日本製ゲーム『エルデンリング』における彼の「ビルド」から、日米の思考法の違いについて考える

          『セクシー田中さん』原作者の自殺について思うこと。(「ほんとうの優しさ」とは何か?について)

          トップ画像は日テレ公式サイトより ちょっとあまりにもショックな事件だったので、予定を変更してこの話を書いてしまわないと他の仕事に手がつかないという感じでこのテーマで書きたいのですが。 『セクシー田中さん』というのは漫画原作の昨年の日テレのドラマで、同シーズンの視聴率一位になったそうですが、その展開について原作者と脚本家の意見対立が問題化していたドラマです。 ざっくりどういうことがあったかというと、 ・・・・とここまではまあ「時々SNSを騒がせるトラブル」みたいな感じだ

          『セクシー田中さん』原作者の自殺について思うこと。(「ほんとうの優しさ」とは何か?について)

          2023年振り返りと、年末グダグダ雑談(笑)

          来年の新しい本に向けて、色々と「今の自分の立ち位置」を別の視点から捉え直そうと思って、年末休みはかなり「文系の学問」の本を沢山読んで色々と考えたりしてました。 それが結実したのがこのクソ長い記事↑なんですが、まあ読者は選ぶ感じでしょうけど、自分の立ち位置確認とこれからの展望は思う存分やれた感じがしました。 で! 年末最後の記事は、最近ネットでよく論争になっている 地獄の安倍政権vs悪夢の民主党時代 …みたいな論争は、同じ現象を別の角度から見ているにすぎなくて、みたい

          2023年振り返りと、年末グダグダ雑談(笑)