65.宗教改革

①巡礼をすると天国へいけるよ。

巡礼とは聖地に行ってお参りをすること。場所は上記3つ。しかし、普段の仕事をほったからして行くことは余裕がないとできない。だから教会はこういう。

教会「お布施をすれば天国へいけるかもよ?」

こうして教会は財を築き上げていった。

②銀行家の教皇

ルネサンスのイタリアフィレンツェでパトロンをしていたメディチ家。メディチ家ははじめ、薬を売っていたが、次第に銀行業に

もっとみる
励みになります!

感想?

ひろゆき。僕は正直、彼が苦手だ。彼が言い放った「それ、あなたの感想ですよね」この言葉に身の毛もよだつくらいだ。この言葉に、なぜ僕がそれほど嫌悪感を覚えるのか、歴史に学んで、少し考えてみたい。

 僕が思うに、あなたの感想ですよね、と一蹴することは議論の中で最もあってはいけない行為である気がする。なぜなら、議論とはお互いの意見をぶつけ合い、そして両者ともども納得できるような、はたまた両者の意見を超え

もっとみる

【文明の始まり】

農業の生産性が上がると、人口が増え村や町ができ、さまざまな階級や職業ができます。

そして、チグリス・ユーフラテス川流域に、メソポタミア文明が誕生。
その後、エジプト文明、インダス文明、中国文明、さらにエーゲ文明が生まれ、それぞれが各地で発展していきます。

古代文明の多くは神の権威をかりて神権政治が行われました。
誰もが同じものを所有していた時代にはなかった、お金持ちと貧乏の身分差別ができ、土地

もっとみる
うれしい!
5

『友人の本棚~1分で読める感想文~』Vol.54「並べて学べば面白すぎる世界史と日本史」

歴史について、もっと真面目に勉強しておけば良かったと後悔したことがこれまで7回くらいある。「それは中世のヨーロッパでの……」とか「元はといえば十字軍が……」とか話題になっても、正直ついていけないときに、自分の教養のなさに憂いたからだ。その都度、「やっぱり歴史を勉強しよう」と思うのだけれど、何を読んでも全く頭に入ってこなくて、諦めていた。

そんな中、8度目の「歴史を勉強した方がいい」という啓示(?

もっとみる
ありがとうございます! 僕もあなたの記事読みますね!
2

音楽の日本史と世界史

よく、なんとかってアーティストのなんとかって曲は海外の音楽のパクリ、みたいに言う人がいるけど、洋楽の売れ筋と邦楽の売れ筋は違う訳で、日本で売れるってすごい事なんじゃないかな。それに完全にオリジナルって事はないよ。みんな何かから学んでるというか、真似てるというか、よくそれ批判する人いるけど。と思うんだよね。多かれ少なかれ。

うーん、なかなか、海外のアーティストって来れないからさ、日本人が再検討した

もっとみる

64.人間らしさって何だろう。ルネサンス。

①ルネサンスの意味。

ルネサンスは再生という意味。では何の復活か。それは人間性、ヒューマニズムの復活。

②人間性が死んだ時代。

キリスト教が布教され、ヨーロッパ中にキリスト教徒があふれた時、カトリックのトップである教皇はヨハネ黙示録を引き合いにだす。

教皇「1000年後、神が降臨し、人間を天国行きか地獄行きか決める。いい行いをすれば皆天国にいける。地獄に落ちると、永遠の苦しみがお前たちを待

もっとみる
励みになります!
2

★歴史関連テレビ番組のご紹介(2020/07/06~12)★

※番組の放送日程や内容は変更される場合があります。 ご了承ください。

<Index>
1. にっぽん!歴史鑑定『新選組 池田屋事件24時』
2. BS世界のドキュメンタリー「北朝鮮“39号室”追跡 地下資本主義の錬金術」
3. BS1スペシャル「よみがえる悪夢 〜1973年 知られざる核戦争危機〜」
4. プレミアムカフェ「大江戸炎上」
5. 先人たちの底力 知恵泉「千利休~極めることの光と影~

もっとみる
「スキ」いただき、ありがとうございます! 今後も宜しくお願い致します。
3

世#001|インド(世界史ノート)

アーリア人が侵入する前に、インドに存在していたのは、インダス文明です。モエンジョ=ダロやハラッパーと云った遺跡が知られています。アーリア人よりも、2000年以上前に、西北からインドに移動して来たドラヴィダ系が、インダス文明を築いたと推定されています。同一規格の焼煉瓦(やきれんが)を使って、住宅、倉庫、沐浴場、排水溝、道路などを建設しています。沐浴状(もくよくじょう)は、浄めをする水のプールだと考え

もっとみる
65歳でも書き続けます。
3

英語は、辺境の地の言語だった

西洋哲学・情報通に聞いたのだけど

西ヨーロッパの多くの言語が
女性名詞、男性名詞があり

それぞれで動詞の変化が違うような緻密な文法を構築してるそうです

なのに

辺境の島国、イギリスの英語は
男性名詞、女性名詞がない。かなり曖昧な言語だそうだ。聞く人に解釈を委ねる言語だという。

緻密な言語で施工してきた我々とは違う文化圏という
イメージが西ヨーロッパ諸国にはあるらしい。

だから今も国際的

もっとみる