京都市内の石造物㉜:本能寺宝塔(織田信長の墓)

名称:本能寺宝塔

伝承など:織田信長の墓

所在地:京都府京都市中京区下本能寺前町 本能寺

室町時代には足利氏の保護を受けて洛中の日蓮宗寺院の中でも隆盛を誇った本能寺は、戦国時代末期になって織田信長の京都での宿舎として使われるようになり、「本能寺の変」の舞台になった寺院としてあまりにも有名である。

元来は四条西洞院あたりにあり、現在の場所移ったのは天正十九年で豊臣秀吉の命によるものである。

もっとみる

甲信越地方の石造物㉓:華報寺宝篋印塔(大見氏の墓)

名称:華報寺宝篋印塔

伝承など:大見氏(水原氏?)の墓

所在地:新潟県阿賀野市出湯 華報寺

現在は阿賀野市になっている旧水原町の華報寺は、行基によって開かれたと伝承される古刹で、その地名の通り温泉が湧き出ていて境内に共同浴場のある珍しい寺院である。

境内の墓地には鎌倉時代後期と推定される大型の宝篋印塔があり、この地を領した水原氏、あるいはその祖である大見氏(元来は伊豆の豪族であるが、鎌倉時

もっとみる

東北地方の石造物㉑:半在家宝篋印塔(伝・佐原十郎義連の墓)

名称:半在家宝篋印塔

伝承など:佐原十郎義連の墓

所在地:福島県喜多方市熱塩加納町半在家

現在は喜多方市の一部になっている熱塩加納町(旧熱塩加納村)の半在家の集落に、覆屋で囲われた石塔群がある。

中央に建つ大型の宝篋印塔は、この地に城を築いた佐原十郎義連の墓と伝承されている(周囲の小型五輪塔は家臣の墓と言う)。

佐原義連は三浦義明の十子で、元来は相模の豪族であるが、源頼朝が奥州を平定した

もっとみる

奈良県内の石造物⑲:知足院五輪塔(成身院光宣逆修塔)

名称:知足院五輪塔

伝承など:成身院光宣逆修塔

所在地:奈良県奈良市雑司町 知足院裏の興福寺墓地

知足院は東大寺の塔頭で、正倉院を北に進んだ所にある。

この知足院の裏には一乗院など興福寺の塔頭寺院の墓地があり、その中に成身院光宣の逆修塔もあり、興福寺の墓地内にあるものの一般的には知足院五輪塔と通称される。

成身院光宣は大和の筒井氏の出身で、興福寺の僧侶となった人物で、晩年には畠山政長の被

もっとみる

室町期において「悪党」は別に悪人ではないし現代にこそ「悪党」が必要だと思う(『太平記』を読む)

中学や高校の日本史の授業にも太字で出てくる悪党という言葉のややこしさについて。

「鎌倉後期から室町前期にかけては、日本各地で悪党と呼ばれる者たちが活躍し、社会や政治に大きな影響をもたらすようになった」なんて感じで記載されるので、(私のような)せっかち学生たちは大きな誤解を持ったまま大人になりがちです。「中世の日本って悪い奴らだらけだったんだよなあ」と。

違いました。

大人になって、かつ、先日

もっとみる
Teşekkür ederim(ありがとうございます)!
6

金印について~後日談、亀井南冥のその後~

金印の鑑定によって亀井南冥はその名を上げました。

同時に彼が館長を務める西学問所甘棠館の評判も上がります。ただし、そんな南冥の評判を快く思わない人達もたくさんいました。

もともと市井の身だったのが、士分に取り立てられたのです。

江戸時代は階級社会でしたし、身分の差異を明確にする朱子学派の学者達にしてみれば亀井南冥の存在は疎ましかったようです。

学問の派閥争いを発端とした甘棠館と修猷館の確執

もっとみる
私もあなたのことが好きです。
9

首から上を動かせば(^ ^)

首から下で稼げるのは一日数ドルだが、
首から上を働かせれば無限の富を生み出せる。
T. A. エジソン

なるほど!でも頭を動かすのは”心”だからこころを”発憤”させないとね♪

かんながら ありがとうございます

たとえ中大兄皇子が何をしたか知らなかったとしても

高校の頃あんなに頑張って勉強したことが今、全く活かされていない。大学のときに学んだこともそう。

だから、学んだことももうほとんど忘れしまった。

日本史で出てくる中大兄皇子が何をしたかももう覚えていない。

高校時代、クラス内では割と勉強が出来る方だった。と言うか、暗記が好きだった。そうやってたくさんの事を覚えている自分は偉いと思い込んでいた。家族の中であっても、誰よりも自分が賢いと思い込んでい

もっとみる
今年もよろしくお願いします!
15

滋賀県内の石造物㉗:西明寺宝塔

名称:西明寺宝塔

伝承など:なし

所在地:滋賀県犬上郡甲良町池寺

湖東三山の一つ西明寺は、紅葉の名所として著名であり、また鎌倉時代の国宝の本堂と三重塔や、平安・鎌倉時代の仏像群を所蔵することでも知られる。

西明寺にはまた、石造美術として優れた価値を持つ石塔もあり、それが三重塔の裏に建つ鎌倉時代後期の宝塔である。

この宝塔は嘉元二年の銘文を持ち、また「大工平景吉」と言う造立した石工の名も刻

もっとみる