フランチェスカ

旅の記憶を綴ること、写真、イラスト、カリグラフィー、中世装飾写本、アート、本、音楽、イ…

フランチェスカ

旅の記憶を綴ること、写真、イラスト、カリグラフィー、中世装飾写本、アート、本、音楽、イタリア、西洋史、そして精神世界。https://lit.link/photofran

マガジン

  • 日々の気づき、みえないもののこと

    日々のなかで気づいたこと、感じたこと、スピリチュアルなこと。

  • 好きなこと*アート、本、ものごと

    見に行った美術展、好きなアート、音楽、本など、好きなことを書いた記事をまとめています。

  • 私の一部はイタリアの記憶でできている

    ヨーロッパの中のふるさと、イタリアの記憶

ストア

  • 商品の画像

    レターパッド【イタリアの空の下で】

    「SOTTO IL CIELO DELL'ITALIA」(イタリアの空の下で) というタイトルで、以前メーカーから販売したレターパッド。 最後の在庫になります。 アッシジとフィレンツェの写真4柄が淡くプリントしてあります。 表紙の写真(フィレンツェのサンタ・クローチェ教会)の他は、アッシジの写真です。 A5サイズ(21cm×14.8cm) 4柄4枚づつ 計16枚 封筒はありません。 お買い上げいただいた方に、販売中のアッシジのポストカードを1枚おつけます。
    400円
    photofran
  • 商品の画像

    スマホ壁紙【ローズ】

    【ダウンロード販売】一眼レフで撮影しました薔薇の写真をスマートフォン用壁紙にしました。 2種類のピンク・ローズをセットにしています。 ピンクは人をリラックスさせ、今のありのままの自分を受け入れることを助ける色とされています。 濃いめのピンクのほうにはラテン語の言葉が入っています。 omnis habet sua dona dies. (マルティアリス「エピグラム」第八巻より) 「すべての日がそれぞれの贈り物をもっている。」 *写真がメインですので、あえて細い文字で目立たないように入れてあります。 見本の写真にはminneの文字が入っておりますが、実際のデータには入っておりません。 <以下の4点のデータをZIPファイルにまとめてあります。> シャーベットピンク(A)1920×1080 px(アスペクト比 16:9 ) ピンク      (A)1920×1080 px(アスペクト比 16:9 ) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー シャーベットピンク(B)2778×1284 px(アスペクト比 19.5:9 ) ピンク      (B)2778×1284 px(アスペクト比 19.5:9 ) お使いのスマホのアスペクト比をご確認いただき、合わせやすいほうをお使いください。 また、Androidをお使いの方も、合わせやすいアスペクト比のものを拡大・縮小するなど調整してお使いください。 (見本の写真はAndroidのアスペクト比20:9のスマホに、19.5:9の画像を入れています) *** ダウンロード販売という性質上、お買い上げ後のキャンセルができません。 zipファイルのダウンロード保存先は端末により異なりますので、ご購入前にご確認下さい。 ダウンロード販売商品ご購入の流れは、 minneの「ヘルプとガイド」の「購入」のページでご確認いただけます。
    300円
    photofran
  • 商品の画像

    レターパッド【イタリアの空の下で】

    「SOTTO IL CIELO DELL'ITALIA」(イタリアの空の下で) というタイトルで、以前メーカーから販売したレターパッド。 最後の在庫になります。 アッシジとフィレンツェの写真4柄が淡くプリントしてあります。 表紙の写真(フィレンツェのサンタ・クローチェ教会)の他は、アッシジの写真です。 A5サイズ(21cm×14.8cm) 4柄4枚づつ 計16枚 封筒はありません。 お買い上げいただいた方に、販売中のアッシジのポストカードを1枚おつけます。
    400円
    photofran
  • 商品の画像

    スマホ壁紙【ローズ】

    【ダウンロード販売】一眼レフで撮影しました薔薇の写真をスマートフォン用壁紙にしました。 2種類のピンク・ローズをセットにしています。 ピンクは人をリラックスさせ、今のありのままの自分を受け入れることを助ける色とされています。 濃いめのピンクのほうにはラテン語の言葉が入っています。 omnis habet sua dona dies. (マルティアリス「エピグラム」第八巻より) 「すべての日がそれぞれの贈り物をもっている。」 *写真がメインですので、あえて細い文字で目立たないように入れてあります。 見本の写真にはminneの文字が入っておりますが、実際のデータには入っておりません。 <以下の4点のデータをZIPファイルにまとめてあります。> シャーベットピンク(A)1920×1080 px(アスペクト比 16:9 ) ピンク      (A)1920×1080 px(アスペクト比 16:9 ) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー シャーベットピンク(B)2778×1284 px(アスペクト比 19.5:9 ) ピンク      (B)2778×1284 px(アスペクト比 19.5:9 ) お使いのスマホのアスペクト比をご確認いただき、合わせやすいほうをお使いください。 また、Androidをお使いの方も、合わせやすいアスペクト比のものを拡大・縮小するなど調整してお使いください。 (見本の写真はAndroidのアスペクト比20:9のスマホに、19.5:9の画像を入れています) *** ダウンロード販売という性質上、お買い上げ後のキャンセルができません。 zipファイルのダウンロード保存先は端末により異なりますので、ご購入前にご確認下さい。 ダウンロード販売商品ご購入の流れは、 minneの「ヘルプとガイド」の「購入」のページでご確認いただけます。
    300円
    photofran
  • 商品の画像

    art photo ジュリア【A】(額入り)

    art photo*ジュリア【A】(額入り) *送料無料 フィルムで撮影した薔薇(ジュリア)の写真を、 写真展レベルの高精細プリントでお願いしています。 写真は、被写体のエネルギーをとじこめ、 飾られた場所でそのエネルギーをまた放つそうです。 日々多くの写真をwebの画面を通して目にする今、 アート紙に焼きつけられた光や、質感を楽しんでいただけましたら幸いです。 *ご注文いただいてからの発注、額装となりますので、少しお時間をいただきます。 プリントサイズ:2L(127mm×178mm 用紙のサイズです) 額のサイズ:インチ額(外周 約30.3cm×25cm)  額の材質:木製・アクリル板 光沢のない落ち着いた風合いの「PXプレミアム・マット紙」になります。 小さめの壁にも飾れるような、こじんまりとしたサイズです。 落ち着いたホワイトの木製額に入れています。(スタンドはついていません。紐でかけるタイプです) *ジュリアの写真は2種類ございます。
    11,000円
    photofran
  • もっとみる

最近の記事

  • 固定された記事

あらためまして、フランチェスカです。(2023年8月更新)

あらためまして、フランチェスカです。 この名前を名乗り始めたのは1994年から(なんと来年で30年?!) イタリアブームが来る前、まだイタリア語を勉強することがマニアックで情報が乏しく、イタリア好きな人たちと交流したり情報交換したいと思って、友人たちとサークルを作り、会報を作るスタッフとして、それぞれイタリア名を名乗ることに。 イタリアの守護聖人・聖フランチェスコと彼の生地アッシジが好きだった私は、フランチェスカと名乗ることにしました。 それ以来、オフの場でも「フランちゃん」

    • 休日の気分転換

      今日はとても気持ちのいい気候でした。 いいお天気で気温も高かったけど、暑すぎることもなく 心地いい。 今週は、変な神経を使う仕事に加え ちょっと面倒な病院の検査もあり なんだかとても疲れていて、お昼前にまた寝てしまいました。 あまりにお日様が気持ちよさそうだったので 軽くお昼を食べてから、バスで駅前へ。 MUJIで、買いたかったものを買ったり 春物の服を眺めたり ミニ・バームクーヘンのはちみつ味とコーヒー味と 黒豆茶も購入。 それから書店に行って 実際に手にとってから

      • 1年ぶりに時短スケッチのオンデマンド講座。今年は「旅」。が、数日前から泥のように眠くて体が動かない。ちょっとだけ・・と思ったら今日は1時間半も寝てしまった。糖質のとりすぎ?はたまた明日の強力新月のせい?先日の版画展の記事も頭が働かず中途。水星のせいで連絡事項もスッキリしない。

        • 春ですね~

          今日は暖かったですね。 久しぶりに一眼レフを持って、近所をパトロール。 以前はしょっちゅう家の周りも撮って歩いていたので せっせと花を撮っていた自分を思い出して なんだか懐かしいような気持ちにもなりました。 桜の咲き始めをファインダーで覗くと、 花がぴちぴち、キャッキャッとはしゃいでいて可愛いのですが 咲いて数日後もキレイですね。 この時期はハナニラもたくさん。 桜と同様、春だなあと感じます。 なぜかシダも昔から好きで。 いま、ぐんぐん立ち上がって来ています。 チュ

        • 固定された記事

        あらためまして、フランチェスカです。(2023年8月更新)

        • 休日の気分転換

        • 1年ぶりに時短スケッチのオンデマンド講座。今年は「旅」。が、数日前から泥のように眠くて体が動かない。ちょっとだけ・・と思ったら今日は1時間半も寝てしまった。糖質のとりすぎ?はたまた明日の強力新月のせい?先日の版画展の記事も頭が働かず中途。水星のせいで連絡事項もスッキリしない。

        マガジン

        • 日々の気づき、みえないもののこと
          96本
        • 好きなこと*アート、本、ものごと
          118本
        • 私の一部はイタリアの記憶でできている
          59本
        • イラストなど
          101本
        • 私の一部は旅の記憶でできている
          27本
        • カリグラフィーと中世写本と文房具
          35本

        記事

          ぷらっと八王子

          朝から用事を済ませまして どこか美術館でも行きたい・・でも今ひとつピンとくるのがない・・ と思って探していたところ、 絶対行こうと思っていた川瀬巴水展が今日初日ではないですか! ということで、行先は八王子夢美術館に決定。 美術展については、あらためて記事にしたいと思いますが、 とてもいい展示でした。 めずらしく図録を買ってしまいました。 絵を見るのってけっこう集中力と体力(?)使うので ちょっと疲れて、その後お茶したくなります。 駅のほうに戻って・・・ と思いつつ、道路

          ぷらっと八王子

          この3日間2か所の学校に行き仕事をし、気を張り続けての今日の帰り、蛆、じゃない!宇治抹茶ラテ。最近カフェイン控えていたので、ひさしぶりのドトールで18時半すぎまで放心している幸せ。1日1日その日だけなのになぜこんないい出会いがあるのだろう、と思う今週でした。明日はお休み。

          この3日間2か所の学校に行き仕事をし、気を張り続けての今日の帰り、蛆、じゃない!宇治抹茶ラテ。最近カフェイン控えていたので、ひさしぶりのドトールで18時半すぎまで放心している幸せ。1日1日その日だけなのになぜこんないい出会いがあるのだろう、と思う今週でした。明日はお休み。

          復活祭おめでとう

          といっても、大多数の日本人は関係ないでしょうけれど。 (私も関係はないのですが) きのうが誕生日だったもので、イタリアからもメッセージが飛んできました。 なので、こちらからはBuona Pasqua !と返します。 手作りだというナポリの典型的な復活祭のお菓子の写真が送られてきて、素朴だけど、美味しそう。 明日は「天使の月曜日」といって、ピクニックなどする日ですが 北イタリアの元ペンフレンドからは、「すっごく寒い」と言ってきました。 きのうの朝もまたオラクルカードを何枚か

          復活祭おめでとう

          月星座の衝撃・・・わたし、頭が悪かったのか。

          今日の午前中はものすごい雨と風で外に出られないような感じでしたが、 いまは一転、いいお天気で、暑いくらい。 初夏のような空気感で、ちょっと気分も明るくなります。 きのうから私はずっと、これまでの自分を振り返っていました。 なぜかというと、思っていた自分というものが ちょっとズレていたのかも? もしくは、ズレを薄々わかっていて、 本来の自分としてもちゃんと生きれていたのかも? そんなことを、あれやこれやと考察しています。 きっかけは、ユハコさんの記事。 月星座と、ご自分の

          月星座の衝撃・・・わたし、頭が悪かったのか。

          ベランダのミニ水仙が2輪開きました。もう10年以上前に植えてほったらかしてるのに毎年ちゃんと咲く。ふつうのじゃなくて、あえてラッパみたいな形のを。花瓶の百合の蕾も開いたので、昨日の写真を差し替えました。今日は花粉は多いけど、いいお天気。東京はやっと開花宣言出たみたいです。

          ベランダのミニ水仙が2輪開きました。もう10年以上前に植えてほったらかしてるのに毎年ちゃんと咲く。ふつうのじゃなくて、あえてラッパみたいな形のを。花瓶の百合の蕾も開いたので、昨日の写真を差し替えました。今日は花粉は多いけど、いいお天気。東京はやっと開花宣言出たみたいです。

          いい気分で居続けなければいけない、わけじゃない。

          この1,2カ月というもの、微妙に体調が悪く(まあいつもそんな感じではあるけど)、 さすがにちょっと医者に診てもらうかと、行ってきました。 ふと看板が目に付いた新しめのクリニックが良さそうで 空いてそうな時に行ったのだけど 実際空いていたのに、新患のせいなのか、はたまた予約があったのか 後回しにされ だいぶ待つことになりました。 診察自体は、予想通り感じのいい先生で そこでできる検査はしてくれ、 できない検査はすぐ近くの病院で受けるよう手配もしてもらい、 結局そちらも行ったの

          いい気分で居続けなければいけない、わけじゃない。

          皆さんがAI画像生成で、自分の中の人?を作って遊んでらっしゃるので、私もやってみました。フランチェスカの中身はイケイケラテン男らしい。ちょっとサタデーナイト・ヒーバーのジョン・トラボルタみたい?(古っ)。土曜なだけにね。もうこのくらい遊んでもいい気がしてきた、残りの人生。

          皆さんがAI画像生成で、自分の中の人?を作って遊んでらっしゃるので、私もやってみました。フランチェスカの中身はイケイケラテン男らしい。ちょっとサタデーナイト・ヒーバーのジョン・トラボルタみたい?(古っ)。土曜なだけにね。もうこのくらい遊んでもいい気がしてきた、残りの人生。

          年を重ねて見える景色 ~「茶の湯の冒険」を読んで~

          森下典子さんの『茶の湯の冒険 「日日是好日」から広がるしあわせ』を、先日読み終わりました。 厚い本ではないのに、読み応えがありました。 森下さんの文章は、難しい言葉はないのに中身がぎゅうっと詰まっている感じで、数行読むと、ふーっ・・と天を仰いでしまうことがあります。 口に入れたご飯を、箸をいったん置いてよく噛むように、 言葉に込められていることが、胸の奥のほうまで到達して それを噛みしめるのに時間がいる時がある・・・そんな感じ。 森下さんの文章は、他の人とどう違うのかと思

          年を重ねて見える景色 ~「茶の湯の冒険」を読んで~

          ~春分点通過~ 思考のベースにあるものは

          お昼過ぎに春分点を通過しましたね。 午前中けっこう晴れたのですが、昼すぎに雨が降り いったん晴れて、また雷が。 今は夕日が落ちつつ、強い風が吹いています。 春分(20日)と母の命日(21日)ばかり気を取られて 17日にお彼岸に入っていたのをすっかり忘れてました。 仏壇が無いおうちだと、あまり関係ないのかもしれませんが うちにはあるので、あわててお花やお菓子を供えました。 命日に供えればいいか、と思ってて・・・。 こういったことに、だんだんいい加減になってきています。 本

          ~春分点通過~ 思考のベースにあるものは

          自分で自分をリスペクトしてる?

          自分がリスペクトされる、 互いをリスペクトできるような場所にいると決めた、と以前書きました。 が、ふと思ったのですね、今日。 私は私のことをちゃんとリスペクトしているか? もしかして、自分が一番していないのではないのか? と。 セルフ・リスペクトが大事と思ってはいるけど しようと意識するときはあるけれど 常にではないのでは? そう思ったのは、 「いつも自分は何を考えているのか?」 というところに意識を向けたから。 思考が現実を創るという理屈は知っている。 でも、自分の

          自分で自分をリスペクトしてる?

          主に90年代後半お世話になった写真家の先生が先月お亡くなりになっていたと今朝知りました。もう20年近くお会いしてなかったので、ショックというのではないけど、まだ十分お若かったのに。魂の選択なんだなと思います。取材を兼ねてアッシジを一緒に歩いた時のことを思い出したりしています。

          主に90年代後半お世話になった写真家の先生が先月お亡くなりになっていたと今朝知りました。もう20年近くお会いしてなかったので、ショックというのではないけど、まだ十分お若かったのに。魂の選択なんだなと思います。取材を兼ねてアッシジを一緒に歩いた時のことを思い出したりしています。

          聖フィーナの物語(2) フィーナの死と奇跡

          聖フィーナの物語(1)から続きます。 サン・ジミニャーノという町に住むフィーナという10歳の少女が 身体が麻痺する病気にかかり、樫の裸木の上で闘病しながら5年間、祈りと苦行の日々を送ったお話を、ドメニコ・ギルランダイオの絵画とともに紹介しています。 その後のフィーナについては、 サン・ジミニャーノの参事会教会のサンタ・フィーナ礼拝堂にあるドメニコ・ギルランダイオの壁画に描かれています。 1253年3月2日、フィーナのもとに大聖グレゴリウスが現われ、 自分の命日である3月

          聖フィーナの物語(2) フィーナの死と奇跡