法政大学出版局◉別館

1948年設立の学術出版社・法政大学出版局の離れにあるらしい、公式な〈別館〉です。新刊…

法政大学出版局◉別館

1948年設立の学術出版社・法政大学出版局の離れにあるらしい、公式な〈別館〉です。新刊や重版を中心に、本の情報があつまる場所にしていきます。本館のサイトは https://www.h-up.com/ です。えこぴょんも出版局の愛読者、かもしれません。

最近の記事

ファブリツィオ・デッラ・セータ 『19世紀イタリア・フランス音楽史』(園田みどり訳) 「日本語版への序」 公開!

日本語版への序  2019年秋に『一九世紀のイタリアとフランス』の日本語版を出したいとの提案を受けたとき、私はかなり驚いた。1993年の初版刊行以来、本書はイタリアで好意的な書評に迎えられて十分な販売実績も上げてきた。シリーズ全体と同様に、大学と音楽院の音楽史の授業で用いられてきたし、今でも用いられている。だがシリーズの他の巻とは異なって、外国語に翻訳されたことはなかったので、国際的な音楽学研究には、まったくとはいわないまでも、あまり波及効果がなかったのである。このことは、

    • 権憲益・鄭炳浩『「劇場国家」北朝鮮──カリスマ権力はいかに世襲されたのか』訳者あとがき(趙慶喜)

      訳者あとがき  本書は、Heonik Kwon and Byung-Ho Chung, North Korea: Beyond Charismatic Politics (Rowman & Littlefield Publishers, 2012)の全訳である。翻訳に際しては、著者自身による本書の韓国語版、권헌익・정병호『극장국가 북한: 카리스마 권력은 어떻게 세습되는가』(창비, 2013) も合わせて参照した。  本書の韓国語版は刊行当初韓国で大きな話題となり、メ

      • 汪牧耘『中国開発学序説──非欧米社会における学知の形成と展開』より「はじめに」

        はじめに(汪牧耘)  21世紀に入って以来、中国は国内の急速な経済成長に伴い、国際開発にも力を入れている。2014年に中国から来日した筆者は、「南南協力」や「一帯一路」構想などといった中国の施策をめぐる議論が日本において熱を帯びてきたことを実感しながら、最初の数年間はそれを外野席から眺めていただけだった。世界に影響を与えている母国の国際開発とはいったい何なのか。その中身の本格的な探究に筆者を向かわせたのは、ある現場での調査経験であった。  2017年の夏、修士2年の筆者は

        • 川村湊 『架橋としての文学──日本・朝鮮文学の交叉路』 より、「序章 架橋としての文学」 全文掲載!

          1 “他者”としての朝鮮  私がはじめて“他者の文学”に出会ったのは、釜山にある東亜大学校の図書館の片隅だった。妻と、幼な子二人の家族とともに、ほとんど着の身着のまま、日本語講師として釜山に赴任した私は、日本語の活字に飢えていた(周りはハングルの森だった)。そのため図書館で「日帝時代(イルチェシデ)」(1910年から1945年の、日本が朝鮮を植民地支配していた時代。日本強占期ともいう)の古い日本語の書物を探していたのである。『文章』とか『三千里』とか『人文評論』といった、

        ファブリツィオ・デッラ・セータ 『19世紀イタリア・フランス音楽史』(園田みどり訳) 「日本語版への序」 公開!

          テオドール・レッシング『ユダヤ人の自己憎悪』訳者あとがき(田島正行)

          『ユダヤ人の自己憎悪』訳者あとがき 田島正行  本書は、Theodor Lessing: Der jüdische Selbsthaß, Jüdischer Verlag, Berlin 1930の全訳である。翻訳に当たっては、戦後復刊されたDer jüdische Selbsthaß, Matthes & Seitz, Berlin 2004および英訳Jewish Self-Hate, Translated and annotated by Peter C. Appe

          テオドール・レッシング『ユダヤ人の自己憎悪』訳者あとがき(田島正行)

          『ハントケ・コレクション1』 訳者あとがき(服部裕)

          『ハントケ・コレクション1』 訳者あとがき服部裕 ハントケの作品について  ペーター・ハントケはデビュー当時からきわめて評価の高い作家である一方で、さまざまな物議を醸してきた作家であるとも言える。それはきわめて斬新かつ挑発的な言語表現に始まり、1990年代以降のユーゴスラヴィア問題との関わりの中でピークに達した。その意味で、ハントケが2019年にノーベル文学賞を受賞したのは、訳者にとってはむしろ意外なことであった。またハントケの作品は形式的にも内容的にもかなり難解であり

          『ハントケ・コレクション1』 訳者あとがき(服部裕)

          杉田俊介 『神と革命の文芸批評』 まえがき

            まえがき  ……思えば、大学生時代に柄谷行人の初期の文芸評論集『畏怖する人間』や『意味という病』、あるいは三浦雅士の批評集——『私という現象』や『メランコリーの水脈』や『小説という植民地』などのいかにも「ポストモダン」な書名を目にしただけで時代的ノスタルジーに溺れかけてしまうのだが——などを愛読していた人間として、雑多な批評文やエッセイを寄せ集めた評論集varietybookを刊行するということは、ささやかな夢だった。  なるべくごちゃごちゃと、雑然とした評論集であ

          杉田俊介 『神と革命の文芸批評』 まえがき

          川口好美 第一批評集 『不幸と共存 魂的文芸批評』 後記

            後 記    江藤淳についてのノートを長い “あとがき” を記すような心づもりで書いたので、ここでは簡単な事実確認のみにとどめたい。  本書には、商業誌デビューから現在までに書いた文章のほとんどが、おおよそ時系列で並べられている。一読してくれた方は〈こいつは7年という短くない期間、同じようなことばかり飽きもせず考えてきたのだな〉という感想をお持ちになるだろう。まったく同感で、自分自身呆れている。  もし評論集を出すことになったら、山城むつみの『文学のプログラム』や

          川口好美 第一批評集 『不幸と共存 魂的文芸批評』 後記

          ポール・B.プレシアド 『テスト・ジャンキー』 訳者あとがき(藤本一勇)

           訳者あとがき  本書は、Paul B. Preciado, Testo Junkie : Sex, Drugs, and Biopolitics in the Pharmacopornographic Era, translated from the French by Bruce Benderson, Feminist Press at the City University of New York, 2013の全訳である。元になったスペイン語版、フランス語版はともに2

          ポール・B.プレシアド 『テスト・ジャンキー』 訳者あとがき(藤本一勇)

          ポール・B.プレシアド 『あなたがたに話す私はモンスター』 訳者あとがき(藤本一勇)

           訳者あとがき    本書はPaul B. Preciado, Je suis un monstre qui vous parle:Rapport pour une académie de psychanalystes, Éditions Grasset & Fasquelle, 2020の全訳である。プレシアドの邦訳としては『カウンターセックス宣言(Countersexual Manifesto)』(拙訳、法政大学出版局、2022年)に続いて、2冊目になる。  本書の元

          ポール・B.プレシアド 『あなたがたに話す私はモンスター』 訳者あとがき(藤本一勇)

          ポール・B.プレシアド 『カウンターセックス宣言』 訳者あとがき (藤本一勇)

          トランスワールドへようこそ!  本書はPaul B. Preciado, Countersexual Manifesto, translated by Kevinn Gerry Dunn, Columbia University Press, 2018の全訳である。ただし、著者プレシアドの指示で、「序論」の部分だけは、2020年に本書の出版20周年を記念してスペイン語版として出版されたManifiesto contrasexual, Edición del 20.º aniv

          ポール・B.プレシアド 『カウンターセックス宣言』 訳者あとがき (藤本一勇)

          突然ながら、法政大学出版局の〈別館〉を開きます!

           このたび note上に、遅まきながら、法政大学出版局の離れのスペースをつくることにしました。  公式サイトでは掲載しきれない新刊・重版書の関連情報、著訳者による「まえがき」「あとがき」などの抜粋を中心に、掲載してまいります。  ……それにしても日々、ニュースでは国内外を問わず、悲しい事件、憤りをおぼえる出来事があふれ、日本社会にはなかなか明るい兆しが見えません。  心の平静を維持することがたいへんに難しい時代ですが、そんなドン底の時期にすら、必ずや支えとなってくれるものが

          突然ながら、法政大学出版局の〈別館〉を開きます!