マガジンのカバー画像

親子山村留学留学日記~長野の山奥で母子二人暮らし~

60
現在、夫と高2の息子を茨城県に残し、小6の娘と親子で長野県の超小規模校に山村留学に来ています。今年でまる4年!全校生徒8人の超小規模学校での暮らし、山の中でのミニマルライフをリア… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

山村留学で体験したこと③手作り食べもの色々

山村留学で体験したこと③手作り食べもの色々

山村留学に来た5年間、ここで体験したことのまとめの続きです。ここ和合には手作りの暮らしを求めて移住してきた方々が先導して、味噌、醤油をみんなで手作りする機会が得られました。和合で穫れた大豆を贅沢に使って作る保存食。日本人のソウルフードですが、なかなか手作りするのにはハードルが高い。でもみんなでやれば大変な仕事もおしゃべりの美味しいつまみになってワイワイやりながら毎年の恒例行事として楽しく行ってきま

もっとみる
夜の学校で皆既月食観察会

夜の学校で皆既月食観察会

昨日の満月は442年ぶりの皆既月食と惑星食が重なるという天体ショーということで、学校の先生方が観察会を企画してくれました。夜6時半から校庭にわらわらと子どもたちが集まってきます。小さな学校なので、こうした課外授業がやりやすいということもあり、先生方は終業後にも拘わらず、こうして子どもたちのために時間を割いてくださって頭の下がる思いです。学生時代は天文部に所属していたという先生が個人所有の立派な天体

もっとみる
山村留学で体験したこと②ジビエ三昧

山村留学で体験したこと②ジビエ三昧

さて、山村留学に来て驚いたことのひとつに”ジビエ”があります。決して町では簡単には味わえない山の恵み。山深いここ和合では人口よりも野生動物のほうが多いのではないでしょうか。鹿やイノシシは畑や田んぼを荒らす害獣のため、ここに住む多くの人は狩猟免許を持っていて罠を仕掛けています。年に何回かは罠にかかった獲物のおすそわけにありつけるのです。鹿やイノシシはかなり大きく、解体するのも一苦労。お父さんが血抜き

もっとみる
山村留学で体験したこと①田畑を耕す

山村留学で体験したこと①田畑を耕す

先日は長野県山村留学合同説明会で発表させていただきました。オンライン、現地とご参加ありがとうございました。オンラインでのプレゼンテーションをしたのですが、五分間という短い時間と、画面に向かって話すことで緊張してしまい、上手く魅力を伝えきることが出来ませんでした。やっぱり私は文章で伝えるのが得意なので、こちらで和合での山村留学の体験の総まとめをしていきたいと思います。なお、長野県合同説明会でのプレゼ

もっとみる
和合親子山村留学においなんよ!

和合親子山村留学においなんよ!

「おいなんよ!」とは南信州の方言で「いらっしゃい!」「おいでください!」という意味の言葉。私も娘も南信州に暮らし始めて5年目となり、地元の方々の言葉が移りつつあります。長く住めば住むほど愛着も湧いてきます。そんな暮らしももうあと半年で終わりを迎える予定です。子どもはどんどん大きくなり、こっちに来た当初は2年生だった娘ももう6年生。中学進学とともに、離れて暮らす父と息子の元に帰ることを決めました。離

もっとみる
東京から和合に山村留学に来てよかったこと~小学2年生のお母さんより体験談~

東京から和合に山村留学に来てよかったこと~小学2年生のお母さんより体験談~

おかげさまで毎年、和合小学校には山村留学に来てくださる親子がいます。みな口をそろえて「ここに来てよかった」と言ってくださいます。体験談が一番伝わると思いますので、今年4月に和合に山村留学に来た小学2年生の女の子のお母さんに体験談を寄せていただきました。生の声をお聞きください。

和合に来てよかったこと【学校編】子供が学校を好きになった。
東京でも普通に登校していたが、親が送り迎えをするので仕方なく

もっとみる
祭り街道あなん

祭り街道あなん

私たちが親子山村留学に来ている阿南町は祭り街道と呼ばれるメインの国道が通っていて重要文化財の祭りが点在している場所です。地元の方々の力で伝承されてきた民族芸能はユネスコの登録も期待され、毎年楽しみに訪れる方も少なくありません。近年はコロナ禍で外部の人々を訪問を制限されてきましたが、今年も対策をしたうえでいくつかのお盆のお祭りが実施されました。こうした民族芸能の灯を絶やさないためにも、コロナ禍とはい

もっとみる
アルプス一万尺

アルプス一万尺

夏休みです。小学校最後の夏休みということは、小学生時代を山村留学に来ている私たちにとっては長野で過ごす最後の夏休み。そこで最後のチャレンジにと、同級生のお父さんが北アルプス縦走登山に娘を連れて行ってくれました。車中泊1泊+山で3泊!合計5日間の大冒険。目指すは北アルプスの憧れの山、槍ヶ岳!3000m級の山を何日もかけて登るなんて私も経験がありません。準備から何から初めてのことだらけ。一か月前からお

もっとみる
子どもが元気に育つ要素はここに全部ある

子どもが元気に育つ要素はここに全部ある

私は幼いころから自然が好きで、東京で生まれ育ちましたが、街中の小さな神社の森や河原のススキ野原やお寺の裏の小さな池が遊び場で、傍らには常に自然がありました。子育てをするなら自然の中でと子どもを持ってからは思い、なるべく野外で過ごす森のようちえんに子どもたちと通い、一緒に自然の中で育ってきました。山村留学もその一環で、自然の中に身を置くことで私も娘もどんどん元気になっていくのを感じていました。田舎の

もっとみる
地域と繋がる親子山村留学

地域と繋がる親子山村留学

先日行われた長野県合同山村留学説明会にオンライン参加してきました。(プレゼンテーションは後日Youtubeにアップされるそうですので、またご案内します!)各団体それぞれに理念や特色が際立ち、どんな山村留学生活を送りたいかで、選べる環境があるのだなぁと感心しました。私の場合は、山村留学ありきで親子留学したわけではなく、友人を訪ねてこの地を訪れたのがきっかけで、いろいろな場所を検討してここにたどり着い

もっとみる
今年も親子山村留学募集しています!

今年も親子山村留学募集しています!

あっという間に5月も終わり。目まぐるしく日々は過ぎて行きます。和合小学校は新年度を迎え、新一年生が加わって全校生徒8名でのスタートとなりました。今年度は3年生がいないため、1・2年生、4・5年生、6年生の3クラスの編成となっています。4月には早々に親子山村留学の見学に来た方もいらっしゃいました。和合親子山村留学は通年随時受け入れをしています。年度途中からでも、留学可能ですので、見学・体験にぜひいら

もっとみる
炭焼きの授業

炭焼きの授業

和合小学校は他の学校にはない授業があります。ある児童からの要望で3年前から始まった「炭焼き」の授業。当時の用務員さん(地元の元大工さん)がドラム缶で手作りの炭焼き窯を作ってくれ、念願の炭焼きの授業が実現しました。和合はかつて炭焼きのメッカとして栄えた地。全国から炭焼き職人が移住して、ここ和合小学校も一時は200人を超える児童が通っていたとか。現在は全校生徒9名。ですが力を合わせて炭焼きに挑戦しまし

もっとみる
地域の中の学校~お仕事体験とやす作り~

地域の中の学校~お仕事体験とやす作り~

和合小学校は小さな学校ですが、地域の方々に先生になってもらい、学ぶ機会がたくさんあります。年間を通して行う稲作の授業はもちろんのこと、2年前から始まった”お仕事体験会”では、地域で働く方々に学校に来てもらい、様々な職業体験をすることができます。子どもたちが少人数であるあkらこそ、じっくりとそのお仕事について体験できるという利点があります。今年は介護福祉、土木、お菓子作り、ホームページ作成。落語、演

もっとみる
和合小名物一輪車

和合小名物一輪車

和合小学校は運動会での一輪車演技がひとつの伝統になっています。少人数の学校なので一人一台じっくり一輪車の練習に取り組むことが出来るので、夏休みが終わって運動会を目前にすると一輪車熱がさらに熱くなります。今年はなんと一輪車のプロの先生が来てくれることになり、直接世界レベルの演技を見せてもらう機会に恵まれ、さらに世界チャンピオンから直接指導していただけるという特別な授業が行われました。しかも運動会の前

もっとみる