子供が幸せになる努力と不幸せになる努力のニ種類が違うとわかっておく

【子供も親もみんな努力しているのは事実
なのに問題行動という努力をする理由は?】

小さい時はとても可愛くて愛おしくて
この子のためならなんでもやってあげると
頑張って子育てしてきた私達…

今は?といえば

愛する我が子が
とても大切に育てたつもりの我が子が
誰よりも可愛かった我が子が
自分の命に変えても良いくらい
愛していた我が子が

暴力
嘘つき
リストカット
引きこもり
お漏らし
ゲームば

もっとみる
興味を持っていただき嬉しいです。ありがとうございます。
1

抱え続ける母親の意志

人間以外の生物は
痛みも悲しみも何も感じないと
科学的に発表された。

西洋文化17世紀の科学では
当時の学者や医者は犬を生きたまま解剖して
動いてる内臓を観察していた。

デカルトが発表し、
科学的に証明されたことで
視界を暗くしたのかも知れない。
【生物機械論】
https://www.cscd.osaka-u.ac.jp/user/rosaldo/150810Descartes.html

もっとみる
とにかく嬉しいです
2

#5 とうもころし的な

こんにちは、えぶりです。

息子も5才になり
そろそろ言葉も達者になってきている

でもまだ言い間違いという名のいいまつがいはある、、!

言い間違い子供ってなんで逆になっちゃうんだろね

面白いし

敢えて直さない(どうせ誰かに指摘されたり気づいて治っちゃうもの)
ようにしている

間違っといてほしいなぁ
かわいーなぁ

テベリテレビがどうしても
てべり
になるん

もう親も
てべりみすぎー!

もっとみる
また見に来てくださいね。ありがとうございます、嬉しいです!
3

反復学習の正しいやり方(子供向け)

基本的には反復学習をすれば学力は伸びます。

要は、何回も繰り返し覚えることで脳みそに大切な情報なんだ!と植え付けるためです。

この反復学習において面白いエビデンスが取れています。

【正しい反復学習とは】

A:すべて覚えなおし、すべて再テストをする

B:すべて覚えなおし、間違いだけ再テストをする

C:間違いだけ覚えなおし、すべて再テストをする

D:間違いだけ覚えなおし、間違いだけ再テス

もっとみる
教育は無限!
2

《えんchan》息子が表現してくれたもの❣️

こんばんは〜えんchanです

今回のテーマは【こども🎏】

子供は無邪気で何をやっても可愛い😍と思っていた私…でも少しずつ子供たちが大きくなるに連れてだんだんそれが薄れていった…子供は憎たらしい、可愛げがないに変わっていった。
そんな思いが出てくるものだからとっても自分自身が嫌になった。

うちの子ども達…
息子くん小学生の頃ほんまにやんちゃくれ…
やったらあかんと言うことはしっかりやってく

もっとみる
ショワイッス💓
9

妻も子供の将来を憂いていた

息子は現在通信制の高校に通う高校2年生。発達障害があり親としては将来どうやって生きていけるかいつも考え、不安になっています。妻とはあまりこのことに関して話をすることも最近はありませんでした。

コロナ禍ということもあり妻も漠然と不安になっているようです本当は、息子が将来少しでも何かやれることを模索するために、アルバイト、高校卒業後の専門学校の見学など前向きにいろいろチャンレジしていけるようにしてい

もっとみる
Suki arigatogozaimasu

自分の育ててきた好きなものが人生のあらゆるものを決断させる

自分の"好き"を育む。

子供を見てると、好きなもの、興味のあるものに対する集中力は本当に凄いと思わされる。
どんどん身に付けていくし、自分のものにしていく。
逆に興味のないものに対しては、全くと言っていいほど無関心だ。

自分の好きな事に没頭して、その"好き"を自分の中で大きくしていく。
子供の頃からそうやって時間をかけて育ててきた"好きなもの"は、
人生のあらゆる場面で、自分の物差しになり、

もっとみる

最近よく聞く宇宙の法則

流行ってるのでしょうか、宇宙の法則。

いろいろあるかもしれませんが願いが叶う宇宙の法則。

たまに妻の朋佳も言っていて、その達成すべき目標を聞いてるスタッフも微笑みながら信じています。

あまり真剣に考えたこともなく、ところが最近よく耳にします。

鴨川さんのvoicyで吉岡純子さんという方を紹介されてて、それから朋佳はYouTubeを聴き出しました。

夕飯の時にはその内容をざっくり説明した後

もっとみる
ありがとうございます✨
11

靴を落として靴とぬいぐるみが増えたこと

図書館に向かう坂道でベビーカーを押しながら妻が気づいた。赤子の靴が片方しかない。靴は普段ベビーカーの手すり部分にくくりつけた靴用クリップ(そういうベビー用品が普及していることを赤子が生まれてはじめて知った)で留めてぶらぶらさせていたのだが、それが片方しかぶらついておらず、どこかで片方を落としたらしくて、頭の中でそれまでの道のりを反芻した。この日は公園で赤子を遊ばせてから図書館に寄って併設のカフェで

もっとみる

「自分のやりたいことって何」って思っていませんか?

大切に扱われる女性になれる方法:庭田真理子です。

昨日、自分を満たす一番の方法をお伝えしたときに、「自分のやりたいことを思い出す」とお伝えしました。

ところが、、、いざとなると、主婦、母、妻さらに仕事も!と毎日忙しくしていると、時自分のやりたいことがわからない!

と、思っている人もいるかもしれません。

毎日が、忙しく時間に追われる生活をしてると、「自分がどうしたいか」を考えなくなってしまい

もっとみる