うちに夢の国ができた話

「動物を好きな人に悪い人はいません」

うさぎと暮らして、もう10年弱になる。
動物と生活した経験がなかったため

「暮らしてみて、合わなかったらどうしよう」
という情けない考えが心の奥底にあった。

だけど、年月が経ってもまったく飽きる気配がない。
同じような毎日のくりかえしでも少しずつあり方は違うし、もぐもぐ食べて、うとうと眠って…という姿をみるだけで

「おだやかに生きてくれてい

もっとみる
ぜひまたいらしてくださいね♡
1

独白と懺悔

自分はカトリックではないので、神父様じゃない誰かに聞いてもらいたくて。

これから一つの懺悔をします。妻との結婚に関することです。
私も妻も今34歳です。
妻とは5年ほど前に出会い、3年前に結婚をしました。
交際も結婚も私の方から申し出たものです。

私は当時妻のことを好きなのだと思っていました。思っていました、というのは、私は昔から女性に対して依存するところがあり、距離が近くなった女性の

もっとみる

「育む」時間

なんでもすぐに結果を欲しがる社会にすんでいる。
「すぐに」「簡単に」「手間なく」「時短技」。ネットを眺めているとこうしたことばで溢れていることに気がつく。

ぼく自身も、やはりそうしたことを無意識に求めてしまっている。
だけど、そうした速さや手軽さの中に、どれほどの価値を見いだせるのだろうかと疑問にも思う。

***

娘を眺めながら、ぼくはここまで一緒に育ってきた時間を思った。
娘が産まれたとき

もっとみる
あなたのスキが何よりも励みに!
2

虐待のある家庭環境で育った。父はDVだ。

ドラマなのかと思うくらいの人生。

23年間の間に何回、子機を握りしめて警察に通報したのかわからない。
救急車を呼んだのかもわからない。

当時感じなかったものが体を侵食していくように
トラウマを生み出して、今私を苦しめている。

家族という言葉が大嫌いだ。
絆とか信頼とかそんなのはないと思っている。

人のことなんて信じてないし、いつも疑ってる。

疑うことは疲れるから愛想を振りまいてしまう。

もっとみる
読んでくれて嬉しいです!♡ありがとうございます(*´ω`*)
2

古本屋さんの想いが伝わる「納品書のウラ書き」に、おせっかいな母からの段ボール箱を思い出した。

Amazonで結構買い物をします。ここ6か月で66回使っていました。

でもよく考えるとそんなに段ボールを受け取った記憶がない。詳しく見ると多くが「本」の注文。なるほどなるほど。ポストに直接入れてくれるわけね。

また必要な本があって購入する。読むのに支障はないし、マーケットプレイスで最安になっている中古で十分。

ポチ

2・3日すると突如としてポストに本が出現する。シュレーディンガーの猫さんば

もっとみる
昨日の夜何食べた?僕はやきうどん。
7

親亡きあとに取り残されたきょうだいの不安

親が老いて死に向かうにあたり、介護、終活などのキーワードが飛び交うことが一般的な昨今。

私の場合、それ以前に「親亡き後」という言葉でまつわるいろいろな心配事があります。

そんな中、こんな記事を発見。

親が老いていくだけでなく、のこされた障害のある兄弟と私はどうすれば?というか、何が待ち受けているの?という不安がやってきます。

障害者家族のもつ、大人になってからの不安

先日もかきましたが、

もっとみる
とっても励みになります😋
4

泥棒猫

猫の言葉が分かるおばあちゃんと人間の言葉が分かる猫がいつものように縁側に座って話し始めた。

おばあちゃん 
私の家には泥棒猫がいるの。


僕も一応猫なんだけど僕のことじゃないよね?

おばあちゃん
あなたのことじゃないわ。
お嫁さんのことよ。


僕には優しくて頼りになる良いお嫁さんに見えたんだけどなぁ。
どうしてお嫁さんが泥棒猫なの?

おばあちゃん
私を軽度の認知症であることにして年金

もっとみる

クリスマスリースを作りました。テーマは「50歳を超えればわかるシックなクリスマスリース」。

実は毎年、何かしら手作りでクリスマスアイテムを作っています。2018年は「クリスマススワッグ」。2017年は「ミニクリスマスツリー」。年一回のクリスマス。お父さん仲間で集まって、普段使わない「右脳」をフル回転。加齢で集中力が途絶えてきた私にはちょいと厳しい2時間。今年もかなり集中して作りました。
意識したのは
①あまり主張しすぎず部屋に溶け込む
②さりげなく家族に想いを伝える
の2ポイントを意識し

もっとみる

近くの幸せに感謝する ❝死ぬまでにやりたい「ち」のこと❞

「死ぬまでにやりたいあいうえお」シリーズ。
習慣化が苦手な私が、noteを更新し続ける事が出来るようになる事を目的に、自分にルールを設けて始めたシリーズです。
詳しくはこちらを。

***

本日は「ち」の日

近くの幸せに感謝する

正確には死ぬまで続けたいこと、でしょうか。足元の幸せとも言います。

私の大切な人は、私に大切な存在を2人も授けてくれました。

この子たちの成長は本当に頼もしいで

もっとみる
ありがとうございます♡明日は「つ」!
4

とにかく何もやりたくない日

そんな日は、もう諦めて何もやらないことにした。

以前はそういう気だるい日でも、なんとか体を起こして気合いで乗り切っていた。だが、子供ができて時間に融通も利かず寝不足が重なるなど、独身の時とは生活スタイルが変わった今はもう無理することはやめた。

ここで変に気張っても、イライラして結果的にうまくいかない経験をたくさんした。 自分の機嫌をコントロールできないと周りに迷惑だし、なにより近くにいる家族に

もっとみる